アドラムの洞窟 Adullam to a cave Ihave loved them (Jehovah)

30年以上エホバの証人の世界にいて、今一歩離れた所からゆったりと見つめている。

the path 息子のホークとの対話

2016-10-12 05:28:54 | 日記
エディの息子のホークは


学校の未信者の女性アーシュリーを愛してしまい


自分の宗教がふたりの愛の阻害になることをしり


マヤリズムを脱会を決意する


マヤリズムの指導者のカルは


ホークの恋人に会いホークと別れるよう説得する。


ホークはこの恋愛と同時に家族


父母そして妹の親しい交流を失う決定をしてしまうのだと


恋人はホークを思う気持ちからホークと別れることを伝えた。


その後 ホークがうちにかえり父親のエディに


打ち明ける場面だ。



















































父親のエディは、ホークを組織のために


深く傷つけてしまったことをさとる



二世の子にとり


選択の余地なく宗教の基準で生きていかされる。


この組織が自分の一部になっている表現に


注目



証人のなかでも


組織が自分のアイデンティティになっているため


容易に壊すことがかなり難しい


それは自分の人格の一部を否定することになるからだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« the path 義理の信者の両親と | トップ | the path カルとエディの対決 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL