パソコン修理 ベントム ブログ 房総 千葉 鴨川 館山 勝浦 全国

シーワールドで有名な千葉県鴨川市のパソコン修理屋ベントムです。 日本全国からのパソコン修理を行っています。

* ホームページ リンク

*   かもがわナビ パソコン修理 ベントム・掲載ページ   * * パソコン修理ベントム・ホームページ *

HP Compaq 8200 Elite SF 起動不良

2016-06-28 18:18:03 | パソコン修理

今回は HP Compaq 8200 Elite SF(CPUは Core i5-3.1Ghzと高性能仕様)デスクトップ・パソコンの修理です。タイトルの通り起動時に問題が発生し原因の究明に手こずりました。
普通に起動出来、通常使用出来る場合もあるのですが数時間でモニター表示が乱れ全く使用出来る状態ではなくなります。殆どの場合は起動時からモニター表示が乱れ、使用できるどころかシャットダウンもする事が出来ません。
このような修理の場合、強制終了しか選択の余地が無いので当方では古い使わなくなった HDDを使用して検証しています。このような症状の場合、以前はグラフィックを担当しているノースブリッジ周りを重点的に点検するのですが最近のマザーボードでは(CPUがCoreiシリーズが登場した頃から)CPUがグラフィックを担当しています。
グラフィック・デバイスの問題=CPU周りの問題となります。以前と問題の切り分け方に違いが生まれました。何度か起動しながら症状を考えたのですがどうも CPUが正常に働いて無いようです。CPUも取り外して他のCPUと交換してみましたが症状に変化はありません。
数日間悩んだ末に過去の経験からクリスタル(水晶発振子)の不良では?と思い立ちクリスタルの足を熱してクリスタルの機能回復を試みました。この方法は何十年も前から(無線機等の修理で)発振しないクリスタルを一時的にでも回復させる方法として行っていました。
具体的には半田ごてを使用して基盤の裏から足の部分を温めます。今回の場合もクリスタルの機能回復が出来、正常に起動そして正常にモニターも表示出来るようになりました。クリスタルが原因の故障はパソコンでは初めてだったので原因究明に手間取りました。
しかし恒久的な修理方法では無いので同じ症状に陥る場合も考えられます。クリスタルの交換もしくはマザーボードの交換が理想的です。

*再発も考えられるのですが自分で修理して自分で使う場合は安上がりな方法だとは思います。

マザーボード上のクリスタル(水晶発振子)。

クリスタル(水晶発振子)参考写真。

HP Compaq 8200 Elite SF

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dell Studio Slim D540S デスクトップ Windows10 アップグレード

2016-06-06 07:48:40 | パソコン拡張

今回はデル製デスクトップ・コンピューター(Studio Slim D540S)VISTA機への Windows10 アップグレードです。Windows7以降のOSならWindows10へ無料アップグレードが可能なのですが VISTA以前の機種の場合 Windows10のインストール・ディスクが必要となります。
今回は割安で入手可能な Windows7をインストールし Windows10へと無料アップグレードしました。デル製の Windows7のインストールディスクを用意してインストールを行ったのですがライセンス認証は自動的に行われプロダクトキーの入力は不要でした。VISTA機として販売されている機種でも Windows7に対応している場合も在るんですね。
今回はご希望によりパソコン内部清掃も行いましたが CPUファン&ヒートシンクに埃が凄く良いタイミングでのメンテナンスとなりました。
今回のWindows10アップグレードには23時間掛かりました。以前にも10~12時間掛かった事があるのでインストール終了まで気長に待ちましたがWindows10アップグレードに慣れない方は途中で強制終了して何度もWindows10アップグレードを実行してしまうと思います。
気長に待つことを、お薦めします。因みにアップグレードした Windows10は64ビットです。翌日Windows10 32ビット版をアップグレードする機会があったのですが数時間で終了しました。64ビット版の方が時間が掛かるようです。

殆どこの状態で23時間待ちました。(途中何回か次へ等の選択をする必要があります。)

外した CPUファンとヒートシンクを並べて撮影してます。

清掃後のケースファン、CPUファン、ビデオカード(ファン付き)です。

清掃後のヒートシンク。

清掃後の内部です。

Dell Studio Slim D540S

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エプソン(ENDEVOR MR3000)ウィンドウズ10 インストール

2016-05-15 11:12:41 | パソコン拡張

エプソン デスクトップ・パソコン ENDEVOR MR3000へウィンドウズ10のインストールを行いました。CPUがPentium D-3GHzと初期型のデユアルコアです。製造は約10年前でウィンドウズ10のインストールにデバイスの対応で不安がありましたが問題無くインストールが行えました。ウィンドウズ10の無料アップグレードは7月29日迄なので今後駆け込み需要が想像されます。
ウィンドウズ7をインストール後ウィンドウズ10へアップグレードですが時間的にはウィンドウズ7のアップデートを全て行うよりは早く完了しました。古いOSはアップデートが大変です。VISTAのアップデートは驚くほどの時間が掛かります。ウィンドウズ10インストール後のエプソンENDEVOR MR3000ですが動きも快調で10年前のパソコンでもデユアルコアのCPUが搭載されていれば実用可能だと再認識しました。シングルコアでは厳しいと思いますが。
ウィンドウズ10は新しいOSだけあってアップデートも少なくお薦めのOSです。

エプソン(ENDEVOR MR3000)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

USB 3.0 ポート 増設

2016-04-19 07:39:51 | パソコン拡張

今回は古いデスクトップ・パソコンへ USB3.0ポートの増設です。最近のパソコンには USB3.0ポートが標準装備されていますが数年前のパソコンだと USB2.0ポートしか装備されていません。
理論上の最大転送速度が USB2.0(480Mbps)に対し USB3.0(5000Mbps)と異なり10倍の速度でデータ転送を行う事が可能です。しかし理論上は10倍の転送速度ですが現実には2倍~3倍程度の転送速度となります。
USB2.0と USB3.0の外観上の見分け方ですが USBポート内部が青いのが USB3.0となります。
今回用意したパーツは USB3.0ポート(拡張ボード)、延長電源ケーブル(バスパワー供給用)、USB3.0フロントパネル(パソコン前部に USB3.0ポート追加用)の3点です。
取り付け後 USB3.0ポートへ USB3.1規格の USBメモリーを使用してテストを行いましたが2倍強の転送速度を確認出来ました。
最近はビデオデータ等、大きなデータが増え外付けハードディスク等への転送時間にストレスを感じる事があります。何時間も掛かっていた転送時間が1/2になるのは嬉しいですね。

今回用意した部品です。

パッケージを開けた状態。

USB3.0フロントパネル。

USB3.0ポート(拡張ボード)ポート内部が青です。

延長電源ケーブル(バスパワー供給用)

マザーボード上の拡張用スロットです。

一番下のスロットへ取り付け延長電源ケーブルも接続しました。

パソコン後部のポート状態です。このままでは使用時に不便なのでフロントへポートを増設します。

フロントカバーを外してUSB3.0フロントパネルを取り付け中です。

フロントカバー取り付けました。

USB3.0フロントパネルのケーブルをUSB3.0ポート(拡張ボード)のヘッダーへ挿し込んで完了です。

テストに使用した USB3.1規格の USBメモリー。

ノート・パソコン用の USB3.0ポート増設カード(ExpressCardタイプのインターフェイスカード)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HP dx7400 起動 障害

2016-03-21 06:53:29 | パソコン修理

今回はHP製デスクトップ・パソコン dx7400の修理です。起動後正常(起動時異音、自動でメモリーチェックが行われた。等)な動作が出来ないとの事で持ち込んで頂きました。仕事で、お使いのパソコンなので至急の対応が求められます。
当方で起動してみたのですが、お話(起動時の異音、動作不良等)のような症状を確認する事は出来ませんでした。CPUファンからグリス切れの音は聞こえてるのですが常時聞こえるので起動時の異音とは異なると判断しました。
パソコン・ケースのカバーを開けてみると綺麗な状態で埃も在りません。ところがフロントカバーを取り外してみると凄い埃が茶色(タバコのヤニ等)に変色して固着しています。どうやら簡単に清掃できる場所だけ清掃したようです。
CPUファンも同様でファン・ブレードの表面は綺麗なのですが裏側は茶色に固着した汚れが、かなりの厚みで確認出来ました。(汚れが固着したまま使用しているとファンのバランスが崩れ異音の原因になります。)
この状態だと汚れに因る冷却不足、部品の接触不良が原因と考えられます。ブラシを併用し強力なブロアーを使って埃(汚れ)を取り除きました。CPUファンも交換したいのですが部品調達に1週間程日数が掛かるので今回はブレードの清掃を施し異音は我慢して貰いました。(風量は確保出来ています。)
当然メモリーも取り外して接点を清掃し、ハードディスクも使用時間が2万時間を超えていたので程度の良い中古品にクローンを作成して交換しました。(元のハードディスクを保管して置くと安心です。)

外したフロントカバー裏側とシャーシー前面。

これでは冷えません。

清掃後。

HP dx7400 SFF

コメント
この記事をはてなブックマークに追加