パソコン修理 ベントム ブログ 千葉県鴨川市

シーワールドで有名な千葉県鴨川市のパソコン修理屋ベントムです。

* ホームページ リンク

*かもがわナビ・掲載ページ *パソコン修理ベントム・HP

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外部配信ツール OBS Studio コンパクト化

2017-11-20 09:06:42 | パソコン拡張

今回は 外部配信ツール OBS Studio のコンパクト化です。
OBS Studio を使用中、表示されているウィンドウが非常に大きくデスクトップのかなりの場所を占めています。初期設定のままでは縦方向にはシーン(この画像では写真部分)部分を縮める事は可能なのですが横方向には小さくすることが出来ません。
そこで OBS Studio の設定部分をモジュール化し(通常表示状態の機能を損なわずに)再配置を行う事で通常表示サイズの約2分の1程度にコンパクト化してみました。最近のバージョンではコンパクト化が可能です。
具体的には上のメニューから表示→ドックへと進み UIをロックのチェックを外します。これで各設定部分が分離する事が可能になります。分離後、参考写真のように配置する事で横のサイズもコンパクト化が可能になります。
いろいろ試してみる事をお薦めします。因みに途中で判らなくなった場合は同じく上のメニューから表示→ドック→UIをリセットを選択すれば元の初期設定表示に戻す事が可能です。

標準表示サイズ

元の大きさの、この部分位のサイズになります。

コンパクト化した状態。各設定は画面下のタブで切り替えて行います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デスクトップ パソコン 起動不可

2017-11-01 10:02:36 | パソコン修理

今回はデル製デスクトップ・パソコン起動不可の修理です。起動出来ない事が度々起こり、そして全く起動出来なくなったそうです。内部を色々検証してみましたがマザーボード上のコンデンサーにも液漏れ等の症状は見受けられません。
これは電源ユニットが怪しいようです。電源テスターで状態を調べ当方のテスト用電源ユニットを繋ぎ通電したところ、やはり想像通り普通に起動してきました。
電源ユニット内部を点検すると3個のコンデンサーの頭部が膨張に因りドームのように丸く変形し液漏れに因る汚れも確認出来ました。
通常の修理では電源ユニットを交換するのですが今回は電源ユニットの入手が難しいので部品交換の修理となりました。

分解して取り外した壊れたコンデンサーと電源ユニット。

液漏れし頭部が膨らんだコンデンサー。

左が壊れたコンデンサー、右が新品コンデンサー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows 10 Fall Creators Update

2017-10-20 08:50:46 | パソコン拡張

Windows 10 Fall Creators Update が始まりました。マイクロソフトでは春と秋の2回大きなアップデートを行うと発表しています。バージョン 1703 が春に行われたバージョンです。今回のバージョンは 1709 となります。
当方は仕事用のデスクトップ・パソコン3台とノート・パソコン1台に Windows 10 Fall Creators Update を施しました。最初の2台のアップデート自体は順調に推移したのですが後の2台はアップデートの失敗が数回発生し、けっこうな時間を要しました。
以前から大きなアップデート後には少なからず弊害も発生する場合もあり。その症状に依って対応が必要になります。デスクトップ・パソコン1台とノート・パソコン1台は毎回オーディオ・ドライバー(SoundMAX)の再インストールが必要になります。今回も同様に再インストールが必要でした。(正確には汎用のオーディオ・ドライバーがインストールされ通常使用は出来る場合が多いとは思いますが正確には機能に制限が発生します。具体的にはステレオミキサーが足りない等です。)Realtek 社のオーディオ・ドライバーは自動的にインストールされるようです。
また春の Windows 10 Creators Update も含め過去の大きなアップデートで発生しなかった問題も当方の2台で発生しています。
「sbavmon.dll を開始中にエラーが発生しました。 指定されたモジュールが見つかりません。」と表示された小窓がパソコン起動後に毎回表示されるようになりました。一台は表示されるだけなので取り合えず OK ボタンまたは X で消して使用出来るのですが、もう一台は、その小窓が永遠に何枚も何枚も表示され続けるのです。Xで消す。OKボタンで消す。しかし次から次へと表示され続けます。これには困りました。
sbavmon.dll はクリエィティブ社のソフトウエアで使用されている dll(ダイナミック・リンク・ライブラリー)なので、そのパソコンで使用しているクリエィティブ社のソフトウエア(殆どの場合が Sound Blaster 付属のソフトウエアです。)のインストールで解決出来ます。

Windows 10 Fall Creators Update 実行中画面です。

これが当方で発生した問題の小窓です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン用 外部スピーカー その2

2017-10-09 09:12:30 | パソコン拡張

今回ご紹介する外部スピーカー(ロジクール製 Multimedia Speakers Z50PK)は前回ご紹介した外部スピーカーと異なりモノラル出力となりますがスタイリッシュでコンパクトなのが特徴です。当方のお気に入りの一つとなっています。
電源供給方法は一般的なACダプターを使用しています。但し本体に電源スイッチは無く電源のオン、オフにはスイッチ付電源タップ等を使用した方が便利です。
当方はパソコン本体の電源のオン、オフと連動して働く電源タップを使用しています。(この連動タップにはディスプレー、プリンター、外付けHDD等も接続して電源のオン、オフも可能なので非常に便利です。)入力端子は通常のミニプラグとなっています。

ロジクール製 Multimedia Speakers Z50PK

サンワ・サプライ製 パソコン連動タップ TAP-RE4MN

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一体型 デスクトップ・パソコン CMOSバックアップ電池 交換

2017-08-24 07:06:24 | パソコン修理

今回は一体型デスクトップ・パソコンの CMOSバックアップ電池 交換作業です。以前は通常のデスクトップ・パソコンと同様に大きなボタン電池(CR2032)が使われている事が多かったのですが最近の一体型デスクトップ・パソコンにはノート・パソコン同様の小型の物がコネクターを介して接続されている場合が多いように感じます。
この場合専用のコネクター付き CMOSバックアップ電池を用意せずにパソコンを分解してしまうと部品の手配等で作業の中断という結果になります。
作業を始める前に入手して置くことが理想です。また CMOSバックアップ電池が取り付けられている場所(マザーボード上)もドータカードの裏になっていたりで分解も結構な作業となる場合もあります。
メモリーも含めて一体型デスクトップ・パソコンはノート・パソコンの仕様に近いと思います。

左が通常のデスクトップ・パソコンに使用されている CR2032ボタン電池、右が今回交換したコネクター付きバックアップ電池です。

この機種ではマザーボード上のTVチューナーの裏に隠れていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加