べに丸日記

二胡とテニスに明け暮れる、熟年主婦の明るい毎日

1回目の校正が届く

2016年12月06日 | 音訳・点訳ボランティア

待ちわびていた、というのは真っ赤なウソ。実はすっかり忘れ果てて
いた点訳
原稿の1回目の校正ファイルが戻ってきた。訂正箇所は、
目を覆いたくなるほどの
膨大な数である。

校正者に最敬礼をしたい気分。不慣れな新人の点訳を校正するのって、
一歩あるくたびにつまずく…に等しい苦行だったにちがいない。

さあ、これから直すぞ~! 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 贈答の憂鬱 | トップ | よく当たる占い »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なにくそ (わすれ草)
2016-12-06 20:59:31
始まりは誰もそんなものです。
めげないことです。
って、私ずいぶんめげましたけど。
なにくそって続けているうちに、あははは、って笑えるようになりました。
(下品なタイトルでごめんなさい)

それが出来なくて点訳鬱になった人がいました (ーー;)
密かに負けず嫌い (べに丸)
2016-12-07 09:19:34
わすれ草さん、

はじめは、そんなものでしょうか。私がひときわダメみたいに
思われて、かなり落ち込みました。でも、他の誰かと較べたって
仕方のないこと。私は私の力をつけていくしかありませんね。

点訳鬱ですかぁ…真面目で完璧主義な人ほど陥りやすい罠かも。
そして、点訳をやろうという人には、そういう人材が多いような
気もします。「なにくそ!」の精神が大事ですね。

コメントを投稿