べに丸日記

二胡とテニスに明け暮れる、熟年主婦の明るい毎日

ワイングラス

2017年07月16日 | 家族

ガチャン、パリンという音に続いて、夫の声。

   「あっ!! やっちゃった」

夕食後の食卓を片付け中の夫が、脚の長いワイングラスに陶器の
食器を引っかけてしまったらしい。軽くて薄いクリスタルのグラスは
宙を飛び床に激突、粉々になった。

その瞬間の私の心のうちは

   ぅわ~、やってくれた。そのグラス私の気に入りだったのに~
   もぉーー。注意力なさ過ぎっ!

だが、声に出すのはぐっとこらえる。代わりに

   わかった。いま掃除機を持っていくから。

予想を超えて広範囲に飛び散っていたガラス片を一緒に集めながら、
少しずつ冷静になる。たかが、ワイングラスのひとつ壊したからって
相手を責めるのは余りにも心の狭いことだ。

形あるものは壊れる定めとも言うしね

とはいえ 「大丈夫? ケガしなかった?」という定番のセリフがとっさに
出てこなかった。まだまだ私の未熟なところではあります。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 孫との距離 | トップ | 時を超えて »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL