紅君のお部屋

 
紅君の生活や政治家?としての活動を掲載しています♪
  

その時イノシシは・・・リアルな報告!

2017年05月18日 | Weblog

「イノシシの被害拡大は議会が先頭に立って、請願とか要望書を県に出して予算とか対策方法を要請したらどうだ!!」

そんな声が向いの委員から上がりましたが、残念なお答えをしました。

「以前一般質問で、イノシシの問題は取り下げられた議会にそれを要望するのですか」とお答えしました。

今日は平成29年度の第一回「長南町鳥獣被害防止対策協議会総会」がありました。

 最初はポツリでしたが、熱を帯びてくると多くの方が意見を言っていました。

「役場の職員が狩猟免許を持たなくて指導ができるのか?昨年取らせると言ったがどうなっているのか」

「電気防護柵の補助金予定が20から9つに減ったが、優先順位はどうなっているのか」

「被害届の多少による順位はあるのか」

「ここには猟友会の方はいるがくくり罠とか箱罠とか狩猟者や『実施隊(駆除チーム)』を呼んでいないが来てもらった方が良いのではないか?」

「オオカミを放すとかいう話はあるが究極(効率的な)の狩猟方法はないのか」

「ジビエの利用はどうなっているのか?」

「シカの被害も出始めたが、対策は出来ているのか?」

※「共済金の支給は立っている稲は除きます」

 「大多喜や勝浦など先に対策を実施しているところは被害申請が少ないです」

ー「睦沢はないが」・・・「あそこは町全体で取り組んでみんな囲って(電柵)あるよ」

※「今日は水路に落ちたウリ坊が5匹取れました」と話がありました。

 ちなみに5匹取れた情報は私の携帯に間違い電話で、捕獲状況が届いていたので、事務局に誘導質問をして報告してもらいました。

※今朝方、草取りをしている私の携帯に知人の狩猟家からTELがあり、電話に出でも応答がなく、電話の向こうで

 『おい、そっちに廻ってくれ、ああ違う、逃げたぞ・・・こっちこっち・・・』とずっとやっていました。

 昨日、telした方なので、向こうからの誤作動で捕獲時にたまたま私に電話が掛ったようです。

  それにしても、リアルな捕獲状況の報告でした。・・・神様のプレゼント?(^-^)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引退の時期 | トップ | 乱入?ノコギリ男 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。