弁護女子。~熊谷の女性弁護士の日々~

埼玉県熊谷市の 弁護士 & 中央大学法科大学院実務講師 & 夫婦カウンセラー 生井澤葵の日々を綴ります。

目立つには気合も必要。

2017-03-22 | 日記。
小学校の卒業式に、

卒業する児童がで参加することについての是非がネットを騒がせていました


・・・この袴問題で思い出したのが、

まさに自分のことです

法科大学院の卒業式に、私は数人の友人と誘い合って袴・和装をしました


当時の法科大学院の卒業式は、

学生の受け止め方も様々で、

出席しない

出席するけどラフな服装

という意見の学生が多かったです

その気持もよくわかります

法科大学院の卒業はあまりメデタイという感じでなく、

司法試験の受験資格を得るための通過儀礼で、

その約2ヶ月後に待っている司法試験の結果こそが一番大切だったからです

卒業なのに、素直に喜べない複雑な雰囲気・・・

それでも

やっぱり3年で卒業できたことは嬉しいし

ここの大学院でよかったと思っていましたし

先生方にも「まずは卒業できました」って言いたいし

・・・とにかく、

卒業式も、あまり冷めた感じに捉えるのではなく、喜ぼう

そのポーズとして、

正装(?)しようと袴(私の袴は母の代からの家紋付き)を引っ張り出し、

受験直前でボロボロの肌にメイクをして、

髪も結って、全力で出席をしたのです


卒業式をバカバカしく喜んでいるという陰口もあったようです

・・・目立つことには、気合が必要な時があります

その気合は、「自分の示したいポーズ」から湧いてきます



こばと法律事務所
弁護士  生井澤 葵(なまいざわ あおい)

         【プロフィール】
       弁護士・中央大学法科大学院実務講師・JADP認定夫婦カウンセラー
       女性の弁護士ということで、夫婦の問題や、男女の問題についての相談が集まり、
       その分野の問題を多く取り扱っています(その他、借金の問題等も取り扱っております)。
       ホスピタリティのある法律相談ができるように、カウンセラーの資格も取得しました。
       ある日、普通の方が、ふとぶつかってしまうような法律の問題を、
       分かりやすい言葉で、丁寧に説明することが得意で、
       法律事務所・弁護士に相談することのハードルを下げるために、情報を発信しています。
       法律相談・講演依頼等、お仕事のご依頼は、こばと法律事務所にご連絡ください。


            埼玉県熊谷市筑波2丁目56番3 渡辺総合ビル3階
            こばと法律事務所
            電話: 048-501-1777 (ブログを見たとお伝えいただくとスムーズです)
            HP : http://www.kobato-law-office.com/
            男性弁護士・女性弁護士のいる事務所です

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 離婚と生活の質。 | トップ | 武器は研がないと・・・。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。