ほぼ週刊べんちゃんのブログ

思いつくままの日記やコラム、創作、写真などをアップしています。

真夏の通り雨

2016-12-24 23:19:17 | 音楽

宇多田ヒカルの8年半ぶりのアルバム『Fantôme(ファントーム)』が9月28日にリリースされた。収録曲の『真夏の通り雨』が頭から離れない。何度も繰り返し聴いている。
夢の中でしか会うことのできない恋人を今も忘れずに思い続けている気持ちを歌った歌だ。
大好きで大好きで仕方がなかった彼との時間が突然終わってしまう。

歌詞の中に

自由になる自由がある
立ち尽くす 見送りびとの影

とある。
彼は自ら命を絶ち、突然彼女の前から消えてしまった。
彼女は今一人じゃないし、それなりに幸せだけど悲しみが途絶えることはない。
楽しかった思い出は深い悲しみと共に蘇る。
歌詞では乱暴に掴んで離さないと表現している。
サヨナラの仕方も忘れることもできない。
外は土砂降りの雨
だけど心の渇きは癒えることはない。

以上が出典主義的な僕なりの解釈であるが『ニュースゼロ』のインタビューではあなたのことは母であると本人は明かしている。
おそらく母を恋人に設定を置き換えたのだと思う。 

歌詞全文

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまで鮮明だった世界 もう幻

汗ばんだ私をそっと抱き寄せて
たくさんの初めてを深く刻んだ

揺れる若葉に手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
いつになったら悲しくなくなる
教えてほしい

今日私は一人じゃないし
それなりに幸せで
これでいいんだと言い聞かせてるけど

勝てぬ戦に息切らし
あなたに身を焦がした日々
忘れちゃったら私じゃなくなる
教えて 正しいサヨナラの仕方を

誰かに手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
今あなたに聞きたいことがいっぱい
溢れて 溢れて

木々が芽吹く 月日巡る
変わらない気持ちを伝えたい
自由になる自由がある
立ち尽くす 見送りびとの影

想い出たちがふいに私を
乱暴に掴んで離さない
愛してます 尚も深く
降り止まぬ 真夏の通り雨

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまであなたがいた未来
たずねて 明日へ

ずっと止まない止まない雨に
ずっと癒えない癒えない渇き

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大ラジカセ展 | トップ | 自分自身の今年一字の漢字 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL