べんきちの運行日誌^^;

ただ何の目的も無く、自分の近況を書きたいと思う
ずらずらと日記のようなものを書き連ねている要するに自己満足の為のブログ

RC46-2 初期型車のステーターコイル

2017年08月13日 09時00分58秒 | バイクのおはなし
ヤフー知恵袋で見つけたこの質問・・・

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10138844810


2年前だし、このオーナーさんもう解決しちゃったかな??

VFR800 初期型のRC-46の2型のACジェネレーター(ステーターコイル)はもう10年ほど前に廃盤&後継部品なしになっています。
しかも、今でも部品のある高年式モデルのステーターコイルはサイズが大きいのでフライホイールに当たってしまい、そのままでは取り付けできません。


対策としては、コイルと対になるフライホイールは高年式モデルのものが使えます。なので、まずこちらを換装します。

フライホイールとステーターコイルを一度セットで高年式モデルのものに交換してしまえば、その後は現行品のステーターコイルを使用することができます!!




この時、レギュレーター/レクチファイヤも一緒に交換するとなおGoodです。(こちらも対策品になっています)
コネクタ焼けが発生していても、コイル&レギュレター交換で新品になります。





このバイク、発電機とレギュレーターは定期交換部品ですw(約35,000kmで焼けます)
高年式モデルについている対策品でも同じのようですw
『メンテナンス』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道へキャンプツーリング... | TOP | 北を目指して出発します!! »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | バイクのおはなし

Trackback

Trackback  Ping-URL