ben's camera note

写真日記

9 8の続き(日記)

2017-04-23 | キャンプ

 

高い確率でポールや張縄をけつって倒してしまう自分に落ち込んでいてもしょうがないので

すぐに新しいポールになる木を探して

そろそろ昼ごはんの準備に取り掛かることにした

ポール替わりの木は前のよりいいもを見つけたので

結果オーライ

 

 

 

昼もファイヤーボックスの予定だったけど

そこらへんにある直火の痕跡を見て

直火にすることにした

 

 

 

折角なので楓がどんな風に燃えるのか

さっき出た破片を使うことにした

火口は朝と同じシュロ皮

今度も一発着火

でも、楓は予想以上に火付きが悪い

けど火付きが悪いというのはどういうわけか愉しい

 

 

 

家で最近普通にフライパンとして使っているパエリアパン

 ステーキはアメリカ産

キャンプ動画で見るステーキは決まってサイズがバカでかいやつで

それをすごく美味そうだと日頃思っていて

是非それをやろうと

でも、スーパーに行くと望みの大きさのステーキはとてもお高い国産しかなかった

でもどうしても大きいステーキがいいので店員さんにアメリカ産ないですか?と尋ねると

肩ロースなら切ればありますよ、と

じゃあとお願いすると

でもそんなに小さくは切れませんよ、と鼻で笑う

笑顔は一切ない

じゃあ、一番小さく切ってください

何枚ですか?

一枚です

一枚?

そうです。

そんなやりとりを経て手に入れたステーキ

しかし、あそこの従業員はなってないな

前にも似たような態度を見た

まあ、フロアの店員ではないので仕方ないけどね

 

 

 

でも想定外に美味かった!

 

 

 

ついでにソーセージも焼いたった

 

 

 

ノンアルにはもう慣れた

 

 

 

昼を済ませたらまた散歩

 

 

 

さっき見た倒木

小さい枝を折ってみると間違いなく松だった

ので

 

 

 

採取

治りかけていたバネ指がまた悪化した

 

 

 

昼に帰る予定だったけど

思ったより楽しいところで

というか美しいところで

結局15時ころまで遊んで帰った

今度は泊ってもいいかもね

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8 7の続き(日記)

2017-04-21 | キャンプ

なかなか良いところ

メインのキャンプ場からちょっと離れているので

静かでいい

10時くらいになるとメインのキャンプ場には結構人が来ていた

 

 

 

このポール、持って帰りたい感じ

高さもちょうどいい

 

 

 

川に沿って少し上るといい光が

久しぶりに写真モードになった

 

 

 

 

倒木の枝が美しい、、、

これ松じゃないか?

いやいや、もう肥松は増やさない約束でしょ

 

 

 

 あちこちに倒木が

 

 

 

 苔の緑が美しい

 

 

 

 今度歩き回ってみよう

 

 

 

 

 

 

 

こうやってみると外国みたい

 

 

 

 

この前拾って帰った楓の木を薪にしようと

斧で割っていたら柄が折れてしまった

楓がすごく硬い

というか100年近く前の斧の柄が限界だったのだろう

 

 

 

なので鋸で切ってみると

すごく奇麗でコースターができた

これはたぶんみさきが喜ぶのでお土産にしよう

でも、これ何かにそっくり

そう、はじめ人間ギャートルズに出てくるマンモーの肉

そっくり

 

 

 

お約束のタープ崩壊

ポールをけつってしまいボキ!と真っ二つ

老化現象

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7(日記)

2017-04-20 | キャンプ

 

週末の天気予報は雨だったのでおとなしくしている予定だったけど

その週末が近づくにつれ予報は変わって晴れそうになったので

久しぶりに一泊しに行こうと準備して

土曜日、車に必要なものを詰め込んで昼頃に大竹方面に向けて出発

行きがけに食料の買い出しをしたところでなんとなく風向きが変わって冷たい風が吹き始め

あれ?と思いヤフー天気予報を確認すると予報は曇り時々晴れでも降水確率40%

それだけならいいけど雷注意報が出ていて突然の大雨、突風、雷、落雷に注意と

普通の雨なら行こうかなと思っていたけどどうやら大気の状態が不安定というやつらしい

以前とっても大変な思いをしたことがあるのでここは勇気をもって退こうと泊りは中止することにして

買い出しだけ済ませて引き返した

日曜の天気予報はどんどん好転してきたのでデイキャンプに変更決定

場所も大竹方面から近場の40分くらいで行ける安佐北区に

泊りを諦めてのデイなのでいつもより早めの朝6時過ぎには出発した

 

 

行く手には霧が出ていていい雰囲気

7時過ぎには到着しそう

でも今度もっと早くちょっと暗いうちから出発してみたいと思った

 

 

 

到着したらまずタープのペグづくりから

今日の刃物はジャパニーズ刃物の剣鉈をメインに

この剣鉈この日が事実上の初仕事

結構重さがありこのくらいの自重があると切りやすい気がする

切れ味は素晴らしい

 

 

 

ここにはポールにいい木が結構あった

この曲がり具合が作業スペースを確保するのにもちょうどよさそう

持参したポールも使わなくて済んだ

 

 

 

前回の予告通りブルーシートを使ってみる

緑色なのにブルーシート

455円也のブルーシート

2.7×1.8をこうやって使ってみた

不格好だけど物置場所もできてなかなか良い

広さも一人の日よけにはちょうど

 

 

 

地面は柔らかくて刺しやすかった

少しでも現地調達ができたら荷物も減るし楽しい

でもそれにはいろいろ探したり考えたりしなくてはならなので時間がかかる

これには少しイライラしたりバタバタしたりするけど

このイライラは今の日常生活の時間の流れに慣れた頭と身体がそう感じさせるのだと思う

ただ、何回かやっているとだんだんそう思わなくなる

一生物としての本来の時間の過ごし方に回帰してくれているみたいな気がする

何だか頭と身体が浄化されていくような不思議な心地よい感覚

今回は少しそれを感じた気がする

 

 

 

朝ご飯はファイヤーボックスで

この火をつける作業も準備に時間がかかる

時間がかかることにイライラしてまあこのくらいでといい加減な準備で始めると

ほぼ失敗する、か、苦労する

マッチやライターを使わないでやると特にそう

実際何回も失敗してそれがよくわかった

日常では料理をする火をつけるのはガスレンジやIH機器のスイッチで一瞬の出来事だから

この焚き火の準備にかかる時間は楽しんでやってるつもりでも

どこか時間を無駄に使ってしまっている感覚になってしているのだろう

準備のための時間は必要なものでそれを含めての焚き火

自然の中で過ごす時間の流れというものに身体が慣れて

そこに本当の愉しみがある

そうなるのが楽しみだ

何だかとっても大げさな話になってきた、、、

 

 

 

この前拾ってきたシュロ皮を火口にいつもやっている肥松削りのカスを振りかけて

松ぼっくりととどめのファットウッドスティック

という順番でファイヤースティックで着火

 

 

 

 

シュロはすごくいい!

 

 

 

ファットウッドは火を起こすには本当に良くて

こんなに楽をしていいのだろうかと思うくらい

肥松はアメリカ先住民には「怠け者」というような意味で呼ばれていたと聞くけど

まさに、簡単イージーに着火できてしまうのでわかる気がする

 

 

 

ソーセージを焼いて

 

 

 

食パンに挟んで食す

超簡単な朝ご飯

ここは景色がいいので今日は昼頃までちょっと歩き回ってみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6

2017-04-11 | キャンプ

ある朝指に異変を感じた

右手の指を開こうとすると薬指だけ引っかかって

すんなり開けない

これは脳に何か異常かと少し思ったけど

たぶん違う症状

職場でそのことを話すと

「そりゃバネ指よ」と言われた

ネットで調べるとなるほど間違いない

原因もわかっている

肥松の削りすぎ

木を削るという普段しないことを集中的にやって

慣れない作業にいらない力も入って

まあだいたいこんなもん

何かやり始めるとかなりの確率で怪我や失敗をしてしまう

そんな中で週末またまた海田へ行ってきた

 

 

朝8時過ぎに家を出て8時半頃に到着

晴れてはいたけど昨日までの雨で結構地面は濡れていた

それにしても一週間で草がこんなに成長するとは

 

 

 

今日は購入したオールウェザーブランケットが

タープとして使えるかどうかを試すのが目的

あと、自在金具を使わずに張ること

 

 

 

現地にいい木があればポール替わりに使いたかったけど

なかったので持参したポールを使用

ただ二本120㎝ではちょっと低いし

三本180cmでは高すぎるので石で底上げ

 

 

 

今日の火はユニフレームのネイチャーストーブ

着火はこの前拾っていたシュロ皮を火口に松の葉と肥松削りで出た削りかす

 

 

 

ファイヤースチールで一発着火成功

ネイチャーストーブは本当に楽ちん

 

 

 

燃焼効率がいいので拾った生木も加えてガンガン燃やして熾火状態にして

 

 

 

パンを焼く

 

 

 

今回はシーチキンマヨ

 

 

 

珈琲

 

 

 

一息ついて花見

そうそう、タープの大きさは一人でデイキャンプでちょっと日よけにするならなかなかいいサイズ

150×210くらい

ただグロメット部分の強度がなさ過ぎてすでに一か所破れが

ブルーシートよりは高価だし素材も良いのでグロメット部分の補強をして何とか使ってやりたい

 

 

 

折角なので少し持ってきていた肥松削りを少し

 

 

 

〆はおかゆとしては最高の焚き具合のごはんでお茶漬け海苔

 

 

 

いい桜

これは想定外の喜び

 

 

 

 最後は桜を一緒に楽しんでくれた虫を地面にへばりつきながら撮影して昼過ぎに終了撤収

オールウェザーシートのグロメット補強の方法を考えつつ

次回は1.8×2.7のブルーシートを使ってみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5

2017-04-04 | キャンプ

先週の日曜日

天気予報は雨だったのでのんびりしていたら

朝から晴れてなかなか予報通り雲行きが怪しくなる気配がないので

急遽海田のキャンプ場へチキンラーメンをカバンに入れて肥松削りに出かけた

今回を合わせてあと二回行けば全部削り終えるので早く済ませてしまいたい

出来れば昼過ぎくらいまでの一時間半くらいで持っていく原木を全部削って帰るのが今回の仕事

 

 

ごらんのとおりいい天気

これを削ったらチキンラーメン食って帰るべ

 

 

 

ここまで削ったころ遠くの空が怪しくなり始めて

風も変わってきたので降り出す前にやめて帰ることに

タープを持っていないので仕方ない

 

 

 

でもまあギリギリまで粘ろうとすぐ帰れる準備をして

削っていたら全部削れた

削り終えてチキンラーメン食べれるか悩んでいると雨がポツポツ来たので

撤収して車に戻った

 

 

 

帰ろうとしてらなんとなく明るくなってきたので様子を伺っていると

どうやらしばらくは大丈夫そうな感じ

直火の後があったのでここで焚き火してラーメン食べようと

小さな焚き火をする

久しぶりの直火

石と生木でかまどを作っていつもとちょっと状況が違うだけで

難しいのが愉しい

 

 

 

少し降った雨の影響もありそこらへんに落ちている木は湿り気味で

慎重に火起こし

この手間と苦労も必要な大きさの火が育てばもう喜びに変わる

 

 

 

湯が沸騰し始める

雨のせいで昼飯抜きかと思っていたけど

ここまで来ればチキンラーメンにありつけると安心

あとは石と薪の不安定な五徳がひっくり返らないように注意

 

 

 

チキンラーメンは結構好きです

これで今日の目的はすべて達成

満足な日曜日だった

また原木が増えなければという条件付きではあるけど

肥松削りもあと一回

鉈を握る右手は豆ができている

でも黙々と木を削る作業、嫌いじゃない

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加