ben's camera note

写真日記

105

2016-09-30 | 写真

NIKON 35Ti NIKKOR 35mm f2 prest

中区千田公園

 

 

 

 

僕は友達の写真展に行って写真を購入することがよくある

巨匠と言われるような有名な写真家の写真よりも身近な人の写真がいい

まあ、巨匠の写真は高価で買えないのが本当の理由だと思うけど

僕の中ではその身近な友達は巨匠なのです

そして家にきちんと飾っている写真は自分の撮った写真より購入した写真の方が多い

どういうわけか自分の写真はどれを飾っていいかわからない

というより何故だかすすんで飾る気にならない

自分の写真が嫌いというわけでは決してない

むしろ大好きなんだけど

 

理由を考えたらたぶん

その写真を撮った身近な人がいつ、なぜこの場所で、何を思って、どう撮ったのか

その写真を見るたびにそういうことを「想像する」ということが愉しいから

一方、自分の写真は自分が撮ったのだからそんなことはすべてわかっていて

思い出すということはあっても想像なんてことはそもそもできない

 

まあ、そういうことでしょう、と写真展を観に来てくれた人に話すと

へ~、そういうもんなんですね~

と不思議な顔をされたけど

実は未だに僕も不思議に思っている

 

この写真ももうじき他人の家に飾られることになるけど

そんな風に思われるのかどうかは僕にはわからない

 

 

 

 

 

 

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 104 | トップ | 106 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事