道草、より道、まち歩き。

思いつくまま 気の向くまま、街をぶらぶら歩いています。
ブログの内容もゆるくて、道草、より道ばかり。

なんもなし?

2018年02月20日 23時22分36秒 | なんもなし

ないかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スターター

2018年02月19日 23時37分13秒 | スポーツ

遅いよ! ピストル壊れてるんじゃないの?

どうもスピードスケートのピストルが遅いような気がしていたけれど、ネットでも結構話題になっているようで、二つのレースの画面を並べて比べてみている記事もあったりする。

しかし、調べてみると厳密には「レディー」の声がかかって、選手の動作がピタッと止まってから約1.5秒後にピストルを鳴らすことになっているようだが、それでもやっぱりタイミングが違うような気がしてならない。

レースのスタートを見ていると、スタートラインの横でスターターがピストルを鳴らすのが映っていて、男子500mのレースではオランダの方がスターターを務めており、ピストルの引き金にかけている人差し指が何度かピクッと動いていたりして、大丈夫か? この人って気がした。

もしかしてピストルが壊れてるんじゃないの? とまで感じられた。ピストルにはOMEGAのロゴ。コードが付いていて計測器と繋がっているんだろうなあ。機械化されているけれどそれでも先端が光るのが面白い。

しかしスタートを知らせるという点ではもうピストル形状じゃなくてもいいんじゃないだろうか? ボタン状のものを押してどこかで閃光を見られる様にするだけでも用は足りるような気がする。

選手を見るスターターの目視でピストルを鳴らすのだろうけれど、どうも不公平感があるような気もして、これってロボットにさせたほうがいいんじゃない? とまで考えてしまう。フライングだけ人の目で確認したりして。

アイスホッケーではゴールの判定にビデオを導入していたりして、結構種目によって判定は様々だったりして。スピードスケートの関係はタイムで競うので、比較的公平かとも思っていたけれど、スタートがバラバラだと大きなミスに繋がったりするかもしれない。

スケートもショートトラックはレース的には面白いけれど、接触が常でこれまでもゴール後に失格になる選手がいたりして、オリンピックには向かない競技じゃないのかなぁと私は感じる。

ノルディックは紳士のスポーツだとかテレビで紹介していたけれど、前を走っていると風をモロに受けてしまうので、トップグループの選手は交互に先頭を交代するという。しかしたまに後ろばっかり付けている選手がいると、前を引っ張る選手に怒られたりするという。怒るって…それって紳士的じゃないような…気も。

その点パシュートはスターターの問題を除けば一番公平な競技じゃないかと思う。

そのパシュートで日本は2位で準決勝へ。

目指せ金メダル。

…結構オリンピック見てます。特にスケートは。ホントは滑降が一番見たかったけれど、日本人がいないせいか全然放送しない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピカチュウ完成!

2018年02月18日 23時22分01秒 | アート・文化

今年はポケモンのピカチュウを。

11日から削り出しを始めて、平日はほぼ手を付けられなかったので、12日と、昨日、今日でどうにか完成!

まだほっぺたの膨らみと◯が片方大きいのと、腕が下がっちゃって、足も長くなったのが気になるのだけれど、顔が可愛らしくできたのでこれで完成とします。後で良い質の雪が降ったら足を直しても良いかな。あと尻尾をもう少し大きくしようかなと思います。

ファミリーLINEに画像を送ったら、千葉に住む次男から「足長め!」との書き込み。

ポケモン世代とはいえ、私も気にしていたところを簡単に指摘しやがって(--; ホント良く気が付いたな。

今日は時折雪が激しく降る中、気温は氷点下。心配していた耳を作るのもサラサラの雪では全く大きくならず、仕方なく雪に水を含ませて作る事に。水に浸すのではなく、握った雪に軽く水を掛ける事でつきやすくなったのでバケツ1杯分の水で足りました。

完成とほぼ同時にそれまで真っ白い雲で覆われていた空に青空が見えてきて、夕日に当たった雲が赤く染まりだし、雪像もほんのりピンク色になったので、暗くなる前に慌てて写真を撮りました。

明日、明るくなったらまた撮ろうと思います。

が、11時30分現在、外は雪がまた激しく降り出し、ピカチュウは雪に覆われていることでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防災講演会

2018年02月17日 23時29分37秒 | まち歩き

八軒まちづくり協議会と八軒連合町内会の主催で防災講演会が開催されました。

講師は高校生の時、奥尻島に在住していて北海道南西沖地震で地震と津波の被害を体験し、高校卒業後は奥尻町の消防士となり、平成28年から防災の語り部活動をしている三浦さん。

テーマは「命の大切さを語りつなぐ」。

これはお隣、八軒の行事なのですが、このチラシを作らせていただいた事で、講師が奥尻島に在住していた三浦さんという事で、私の小学校の同級生が地震の際に奥尻島で教師をしていた事を思い出し、同級生に連絡をすると直接教えた訳ではないけれど三浦さんの事は良く知っていると聞き、この講演会を誘ってみました。

来てくれるかな? との思いから私も足を運んで会場を見渡すとその同級生が来てくれていて、聞くと三浦さんと公演前に少し話ができたということで、ちょっとお節介かなあと思っていましたが喜んでくれたので良かったでしょうか。

北海道南西沖地震では230人が犠牲になりました。25年経った今では記憶の片隅にありましたが、当時私は札幌で4階建てのアパートでお風呂に入っている22時過ぎに地震があり、浴槽の湯が溢れるくらいに揺れたのが今でも鮮明に覚えています。

三浦さんは地震があった時は勉強中だったそうですが、直後停電となり階下で就寝していた祖父がタンスの下敷きになっていたのを助け、暗闇の中、祖父を背負い、祖母の手を取り背後から津波が迫る中、灯台のある高台を目指し坂道を駆け上ったそうです。

それがわずか3分の出来事だったといます。その10年前から祖父母には地震があった時は直ぐに高台に逃げるように教わっていた事で、自分と祖父母の命を救うことができたということです。

災害直後の写真も見せていただきましたが、青苗地区は建っている建物はほぼなくなり、津波が襲って来た地区は島のあちこちにあり、広範囲に被害にあったという事がわかりました。

被災者の中にはもう思い出したくないから、このような話をすることも反対する人がいるそうですが、こういう災害はやはりずっと語り継がなければまた同じような被害が繰り返されるという事が、東日本大震災でも実感したように絶対必要な事であると思います。

しかしながらその地域地域で災害の種類は様々である事から、その土地に適した防災活動・研修活動を考えなければいけないのではと感じました。

その昔は発寒もあばれ川と呼ばれた琴似発寒川がすぐ近くを流れていますが、現在は河川改修でその心配はかなり少なくなっています。

でも、地震に関しては震度7の可能性もあることから、色んな想定は考えなければならないのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はらいせ?

2018年02月16日 23時43分15秒 | うんちく・小ネタ

交通安全啓発の朝。

いつもの様に?交差点に立っていると、道路を隔てた向こうにいつもの様に児童の登校する姿が。

目の前の信号が赤だったので、右後方の横断歩道を渡っている児童を見ておりました。

横断歩道の中央に差し掛かった時、児童がいきなりドタッ!と滑って転んでしまい、体を横にして倒れてしまいました。

ちょうど車が左折するところで、児童が渡り始めていた事もあり、歩道手前で停止していたので危険な事はありませんでしたが、その児童は転んだままで時間にすると1〜2秒だったのでしょうが、道路を渡って駆け寄る事もできず、何だかとても長く感じました。

その後スクっと立ち上がった児童、何事もなかったかの様に歩道を渡りきりました。

ところで歩道を渡った先にある保育園の前に、商店街で作った鉄腕アトムの雪像が置いてあります。

その転んだ児童、アトムの前に来たところ突然立ち止まりました。

次の瞬間軽くアトムを蹴ってまた歩きだしました。

やっぱり転んだのが悔しかったんだろうな〜とアトムには可哀想だけれど、ちょっと笑ってしまいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北方地域社会研究所 特別講演会『地方史をつむぐ』

2018年02月15日 23時28分49秒 | まち歩き(発寒)

北海道科学大学へ北方地域社会研究所による特別講演。「地方史をつむぐ〜聞き取り取材から出版まで〜」のテーマに、主に南後志の著作がある山本竜也氏(地方研究者)を講師にお話を聞きました。

これまでの地方史研究の活動を事例として、「どのように取材対象者に出会っているのか、話をどう聞いて、どのように資料を調べて、文章をどうやって仕上げているのか」取材・編集・出版に至る一連の過程について実体験をもとにお話をされました。

発寒歴史漫歩倶楽部も今後の発寒の歴史を調べる上で参考になるのではと、代表と3人で聞きにいきました。

実際使った手書きの取材メモのコピーなども見せていただき、取材の際における話を聞くコツなどや、古い写真なども見せていただきとてもためになりました。

寿都には何度か行ったりしているので、その歴史やちょっとした裏話も聞けて楽しい講演会でありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日から頑張る!

2018年02月14日 23時57分06秒 | なんもなし

飲みながらオリンピック観戦〜のあとはカラオケ。

これじゃあなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピック中継

2018年02月13日 23時49分44秒 | スポーツ

いやあ、スゴイな〜。高木美帆銀メダル、高梨沙羅銅メダル!

もう実力から言ったら世界トップレベルの二人。

去年はWorld Cupで連勝した沙羅ちゃん、今季1500mで4連勝の美帆ちゃん。

も〜なんだかたかが五輪、たかがオリンピックって気がしてきた。4年に1回、それも一発勝負(ジャンプは2度)で全てが決定してしまうなんて、本当の世界1じゃないんじゃないか? って。

スノーボードは強風の影響で転倒者続出って、なんでそんな所に競技場を作ったんだ? って話もあるようで、今回のオリンピックは無理矢理感がありありと感じられる。

それでもトップになる選手は実力のある人ではあるんだろうが。

しかしモーグルなんてあれだけのコブを猛スピードで滑り下りるなんて常人のできることじゃないけれど、結局ジャンプの判定があったりして本当に公平なのかな? って思う。

フリースタイルの成り立ちって分からないけれど、ジャンプなしでコブだらけの競技場をタイムだけで競うのもあっていいんじゃないだろうか。

判定というとフィギュア団体の宮原知子選手の判定には海外からも不審感があったそうで、考えるに判定競技ってオリンピックに相応しくないんじゃないか? とも思える。

人間がする判定だから完璧じゃない事もあるけれど、実際の所どうなんだろう。

それから昨日のスピードスケート1500mと女子ノーマルヒルは11時過ぎの競技開始。なんなんだ、その時間帯は。韓国とはほとんど時差がないから向こうもかなり遅い時間の開始だ。

オリンピックの放映権料はアメリカのNBCが最も多く支払っているということで、アメリカの都合に合わせた時間設定にしているという。

もうロサンゼルスオリンピック当たりから金金金にまみれたオリンピックになって来て、開会式がショー化されたのもその辺からだろうか。

加えて今回は北朝鮮が突如参加をゴリ押しして、ホントに美女なのか? 応援団のバカ騒ぎを日本のマスコミも時間を割いて放映し、韓国大統領はオリンピックそっちのけで独裁者の妹にニコニコする体たらくっぷり。

北朝鮮はあんなにミサイルばかすか打って、お金も無くなってきたから擦り寄ってるだけじゃないか? おめでたい国だ。

選手はオリンピックを目指して、オリンピックがあるから頑張っているのかもしれないけれど、こんな現状のオリンピックでメダルを取れなくたって悔しがる事はないし、選手の実力を認めてあげたいものです。

いや、私は認めてるよ、高木、高梨、二人とも世界で一番!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クレイモデル

2018年02月12日 23時33分20秒 | アート・文化

今年の我が家の雪像は雪まつりでは全く見なかったものにしようかなと…。

ポケモンGOが流行ったのもいつの日か? という感じで移り変わりが早い。ジバニャンはちょっと見かけたけれどあまり馴染みがなくて。

そういやドラえもんもなかったし、んも〜ミニオンズばっかり。色々あるから市民雪像は楽しいのに、ミニオンズはディズニーではないようだけれど、これにはちょっとばかり残念な気持ち。

国際雪像コンクールは今年も芸術性の高いものばかりで、見ていた老人夫婦は「意味が分からない」と話していたが、なぜ意味を求めるのか? 良く出来てるな〜とか感覚的に素晴らしいと思えないのかな。

雪まつりで用意されているような雪の塊を用意されて、雪像を作れたらやっぱり面白いだろうな。なにせこちらは家の周りの雪を積み上げて、踏み固めて雪山を作る所からなので硬さが均一ではないし、雪質は色々だしと作り始める前の苦労が多い。

水分の多い雪なら造作が楽だけれど、今年の雪はサラサラで固まりにくい。

こんな風に出来たらいいのだけれど、問題は耳ですな、耳。支柱を入れるとしても結構長くて大きい。

上手くいくだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KAMORI WONDER LIGHTS ー大地ー

2018年02月11日 22時53分03秒 | まち歩き

今年の冬はイベント盛り沢山。

道庁赤れんが庁舎では北海道150年事業スペシャルイベントのプロジェクションマッピングが行われています。

ライトアップも。

午後6時30分から8時30分まで12分の映像を放映しています。会記は25日まで。

赤れんがテラスでも。

氷のグラスのカクテルも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾加油

2018年02月10日 23時23分33秒 | 日記・エッセイ・コラム

台湾頑張れ!

6日に起きた台湾東部の地震、マグニチュード6.0。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第69回さっぽろ雪まつり開催中

2018年02月09日 23時50分10秒 | まち歩き

4丁目・ファイナルファンタジーXIV「白銀の決戦」

5丁目・毎日新聞氷の広場

7丁目・HBCスウェーデン広場

8丁目・雪のHTB広場(プロジェクションマッピング)

10丁目・UHBファミリーランド「手塚治虫生誕90周年記念オールスターズ」

若い頃はほとんど興味のなかった雪まつり。最近は毎年行っております。

歳と共に楽しさが分かるようになったのかな。また、近頃はプロジェクションマッピングというものも一般的になって、冬の楽しさも変わってきたのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪合戦審判講習会

2018年02月08日 23時57分41秒 | スポーツ

今月25日(日曜日)に行われる、西区民雪合戦大会に備えて審判の講習を行いました。

国際雪合戦のルールに習い、ルールのおさらいと反則、審判の動作などの説明を受けたあと、2試合ほど試合を行いながら、どのような位置でどこに気をつけて審判をするのかなどを学びました。

スポーツは好きなのですが、スポーツ推進委員になる前は審判なんてほとんど経験がないので、本番は2年目ですが上手くできるよう復習をしなければ。

最近は3学期に入ってから毎朝笛を吹いているのでそれだけは慣れているけれど、試合の混沌とした状況で球が当たったか、反則をしていないか見極める事は経験を積まなければできないので、こういった実践形式の講習が一番かと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恵方巻きというゴリ押し

2018年02月07日 23時41分45秒 | 食べ物♪

今年も大量廃棄された恵方巻き。いい加減にしませんかねえ。

モーニングショーで取り上げられていたけれど、今年も変わらず恵方巻きの大量廃棄があったそうで。 

それも製品化さたものばかりでなく、材料のご飯や卵、海苔などの具材の段階での廃棄もあったという。

恵方巻きそのものが既に飽きられているというか、以前からそうしていた地域以外では節分に太巻き(海苔巻き)を食べる食べる習慣なんてないのに、コンビニや代理店が無理やり全国に広めようとしたのも潮時だったということか。

千葉県で海苔を養殖している所では近年海苔の収穫が減っているというのに、食卓に上る前に捨てられてしまっては、苦労して収穫している漁師や海苔の製造業者も泣いているのではないだろうか。

今年は2月3日が土曜日で、おまけに前日は首都圏で大雪だったため、恵方巻きを購入する消費者が急激に減った事も原因だったらしい。

材料の廃棄というのは多めに作るためには節分の前に仕入れておかねばならないのだが、様々な理由で期待していた予約の量にならず、日保ちもしないものなので作る前に廃棄せざるを得ないのだとか。

また、3日を過ぎてからでも安く売ってはどうかと製造業者が小売店・コンビニなどに提言すると、じゃあ来年からその下げた値段で! と言われてしまうそうで、大企業が下請けに対する圧力としてはこの上ない酷い話だ。

得意先の大企業の注文は聞かざるを得ないだろうし、取引を停止されては大損害にもなるだろうから本当に辛いだろう。

恵方巻きに限らずお弁当の類はこうして日々廃棄されている。海苔でも海鮮でもこうした廃棄をなくせば海洋資源も無駄にしなくて良いだろうし、生産者の収入アップに繋がらないだろうかと思う。

小売店でもコンビニでも消費者にとって便利な事は認めるが、目先の金ばかり見ていないでもう少し広い目を持って欲しいもの。それは消費者にも言える事で、いちいち広告やCMに踊らされるなと言いたい。

そんな中、兵庫県のスーパー・ヤマダストアーが「もうやめにしよう」という広告を出して、売れ行きに応じて数を増やすことはしません。と打ち出した。

読むと海産資源の枯渇の事も書かれており、小売店がこの様な考えを持ってくれれば、この先少しはましな未来になるだろうかと胸をなでおろすものであります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちえりあ映像フェスタ

2018年02月06日 23時28分31秒 | 映画

今年第6回目の「ちえりあ映像フェスタ」の案内が、フツウの市民のディレクターである私の元に届きました。

3月3日。今年は夕張映画祭とかぶらなくて良かった♬

頑張って撮影したサケの映像が上映されます。お暇な方はちえりあへお越しください♬

他には豊平館の映像も出品されるようで楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加