井財野は今

昔、ベルギーにウジェーヌ・イザイというヴァイオリニスト作曲家がいました。(英語読みでユージン・イザイ)それが語源です。

ドヴォルザークのユモレスク

2017-05-17 10:40:17 | ヴァイオリン

ドヴォルザークのユモレスク、ヴァイオリン曲として有名だが、本来はピアノ曲である。まず、この事実が知られていない。
そして、知られているのは「第7番」である。これも知られていない。

私はドヴォルザークの作品が割と好きな方だ。しかし、この曲はあまり好きになれない。なぜならば、ユモレスクの語源である「ユーモア」を感じるのが非常に困難だからだ。

なぜこれがユモレスクなのかと思い、20代の頃、原曲のピアノ曲をあたったことがある。

するとわかった。

まず、この8曲あるユモレスク集は、言ってみればスラヴ舞曲の小型版のような雰囲気で、第1曲目などはかなりダイナミックな曲想である。

そういったスラヴ風味がずっと続き、最後の方に黒鍵主体で弾けるお茶目な曲を配置し、かわいらしく終わる、というのが作曲家の意図、と読めた。

そうだ!エルマンのようにネットリやるからユーモアを感じないのであって、オリジナルの指定通り!にかなり速く演奏すればユモレスクになる!

と、勇んで快速テンポでやったことがある。

ところが、舞台袖で聞いていた後輩共に大不評。
曰く「せっかくの美音があれでは台無し」云々。
口うるさい後輩に恵まれたものである。

だって、作曲家の意図はこうでああで、というアカデミックな説明は後輩共には全く通用しなかった。

世間の好みを変えるのは、ことほどさように難しいことを思い知った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村の田園交響楽 | トップ | ユモレスク / クライスラー編 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ユーモアのあるユーモレスク (Lisarosa)
2017-05-17 16:07:24
初めまして。
いつも楽しく読ませていただいています。
娘がバイオリンを習っているのですが、以前ユーモレスクを習った時に、先生が「この曲はユーモアたっぷりに、もっと楽しそうに、テンポも少しあげてひこう」と言って、私の耳には馴染みのないユーモレスクを弾いていました。
私は?だったけど、今納得しました。曲の背景は大切ですよね。
Re:ユーモアのあるユーモレスク (belloni117)
2017-05-19 18:58:53
コメントありがとうございました。考えると不思議な曲ですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL