井財野は今

昔、ベルギーにウジェーヌ・イザイというヴァイオリニスト作曲家がいました。(英語読みでユージン・イザイ)それが語源です。

ユモレスク / クライスラー編

2017-05-19 08:09:25 | ヴァイオリン

気にそまないユモレスクを何回も弾かされると、そのうち、いつもの第7番ではなく第1番あたりを弾いてみたい衝動にかられる。第1番もそう悪くない曲なんだけどな・・・。

ところで最近、ピアニストから「これを弾いてほしい」と渡されたのがクライスラーが編曲した第7番であった。

ギョッとしたのは、まず原曲の変ト長調であること。つまりフラット6つ。反射的に「こういうことはやめてほしいなぁ」と思ってしまう。ハイフェッツが編曲したサン=サーンスの白鳥も変ト長調だったな、などという事を思い出しながら恐る恐る弾いてみた。

あれ?意外と弾きやすい。

それに、スラーの関係で、例の「ねっとり」ゆっくり演奏は不可能で、私の望む快速テンポでしか弾き得ない。

さすが、クライスラー!

「クライスラー ヴァイオリン名曲集 3」として日本ショットからも出版されているので、皆さんにお勧めしたいところである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドヴォルザークのユモレスク | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL