井財野は今

昔、ベルギーにウジェーヌ・イザイというヴァイオリニスト作曲家がいました。(英語読みでユージン・イザイ)それが語源です。

「理論的に」作るか「感じて」作るか③

2016-10-13 07:17:00 | 音楽
ところで「理論的に」作ると言えば「バロック音楽」である。
楽譜があまりに簡単に書かれているから、理論的裏付けが無いと演奏できない世界だから、と言って良いだろう。

かつては、その簡単な楽譜を「自由に」解釈して演奏されていた。カラヤンしかり、フルトヴェングラーしかりである。

これを猛然と批判するかのごとく「古楽派」の演奏家達が台頭してきた。
最大の急先鋒はアーノンクールだろう。何だか知らないけれど、古楽派の皆さんは誰もかれもが理論武装して演奏されるので、世間もそれが「正しいもの」と受けとるようになってしまった。

逆に言えば、それ以外は「間違い」という評価、に近い状態になり、一般的なシンフォニー・オーケストラはバロック音楽を演奏できなくなってしまったのである。
それはそれで窮屈な話ではないだろうか…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「理論的に」作るか「感じて... | トップ | 「理論的に」作るか「感じて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL