井財野は今

昔、ベルギーにウジェーヌ・イザイというヴァイオリニスト作曲家がいました。(英語読みでユージン・イザイ)それが語源です。

クラシック音楽としてのラプソディー・イン・ブルー

2017-09-22 07:16:00 | 音楽
クラシック音楽を演奏する場合、どういうことをまず考えるか。

それは「様式」だろう。

現代の考え方の主流は「作曲家がどう考えたか」をまず演奏に反映させる、というやり方である。

ガーシュインのラプソディー・イン・ブルーの場合、死後半世紀近く経ってから、本人が演奏したSP盤やピアノロール(自動演奏装置の一種)が公開され始めた。

それが衝撃的だったのは、テンポが異様に速かったこと。
その頃の一般的な演奏はカットして20分くらいだったのだが、ガーシュインのピアノロールはカットしないで15分を切っていた。

もちろん、ピアノロールに記録できる時間の長さの関係もあるだろう。
しかしSP盤も16分くらいだったと記憶している。

これが、ガーシュインの想定していた音楽だ。

だから、このくらい速いテンポで演奏すべきだ、というと、それはそれで早計だと思う。

もっと味わい深い音楽のはずだ、とレナード・バーンスタインは考えたに違いない。特にホ長調の部分(5番目のテーマとでも言えるだろうか)、冒頭の2小節をガーシュインの想定より倍ほどゆっくり演奏して録音している。
これが高い評価を得て、1960年代以降は絶対的なスタンダードになってしまった。ほとんどの人は、楽譜を見ると驚く。なぜここからテンポが倍速くなるのだろうと。

ただし「テンポを倍速く(あるいはゆっくり)したのはバーンスタイン」これは推測である。バーンスタイン以前で、自作自演以外の録音を聞いたことがないので。

私が言いたいのは、そのくらい研究して演奏に臨んでほしいということである。これが即ち、クラシック音楽に接する態度であり、それを要求するこの曲はクラシック音楽であるという論拠の一つにもなっている。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ラプソディー・イン・ブルーはクラシック音楽②

2017-09-18 19:17:00 | 音楽
ジャズとして演奏されたこの曲、演奏は素晴らしいのだが、同時に違和感も感じた。

かつてバーンスタインは「テーマが終わると、リストやチャイコフスキーや彼らの友人達が堂々と入ってくる」と自著の中で表現していた(音楽のよろこび)。

確かに、テーマは十二分にアメリカ的でジャズとクラシックが融合しているのだが、つなぎになると途端にクラシック音楽でしかない。

だから、そこをジャズにしたオゾネ氏の演奏は、その意味において理想を実現したのかもしれない。

しかし、ここで感じた違和感は何か。

それは、ジャズの中でのスタイルの違いである。

今考えてみると、ガーシュインの時代はジャズが生まれてせいぜい数十年というところ、ジャズとしてはかなり初期のスタイルと言えるだろう。
一方、オゾネ氏のソロは、その後のジャズ音楽の発展を反映させた21世紀のスタイルと言っても良いかもしれない。

クラシック音楽で言えば、その昔クレーメルが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のシュニトケ版カデンツァみたいなものだろうか。

ベートーヴェンが古くさいと思われる向きにはシュニトケが新鮮で面白く感じ、ベートーヴェンを中核で考えればシュニトケは違和感の塊になるだろう。

私はガーシュインが好きで、後世のジャズのビバップとかモダンジャズとかはさほどでもない。むしろリストやチャイコフスキーやその友人達の方が好きなのだろう。
バーンスタインは批判的だったけど、私はその友人達の部分も含めて好きなのだということを再認識した。

オゾネ氏には申し訳ないが、やはりガーシュインはクラシック音楽として演奏してほしいというのが正直なところだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラプソディ・イン・ブルーはクラシック音楽①

2017-09-16 17:05:39 | 音楽
②をアップしようとした途端、どういう訳か①が消えてしまいました。
なので、多少簡略化して再度書きます。

私はこの曲が大好き。

先日スラットキン指揮デトロイト交響楽団の演奏が放送された。アメリカンサウンドが素晴らしい演奏だった。

スラットキンとピアノソリストのオゾネ氏の対談が挿入されたのだが、スラットキンの
「ラプソディー・イン・ブルーはクラシック音楽だと思うか」という問いに対してオゾネ氏は
「今はクラシック音楽だと思う」と答えていた。

実際の演奏は、ソロ部分が見事にジャズ音楽化されており、さすがオゾネ氏という感じだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新・一番搾り

2017-09-11 18:25:48 | グルメ
今の時季、キリンビールは「秋味」の季節だが、定番の一番搾りもリニューアルしており、「新・一番搾り」として出回り始めた。

これは「おいしい」

ビールよりはワインと日本酒の方が好きなのだが、これはおいしい。

ビールは新鮮さが命である。
銘柄よりも新しい方が確実においしい。

私は米の入ったビールは、基本的に好きではない。
なので、国産で言うと、10年前まではヱビスビールかモルツしかなかった。

しかし、ヱビスビールは少し高い。おまけに売れ行きが芳しくない店は古いものを置いているので、それよりは新しいアサヒスーパードライの方がおいしいから、そちらを買うことも多かった。

その頃、キリン一番搾りは「米料理が多い日本の食卓には米のビールが合う」とか何とかおっしゃっていた。

その理屈の解釈は、今となってはどうでもよくなった。
キリン一番搾りが、米使用をやめて麦芽100%になったのだ。

しかも値段は他のビールと同じ。

ところで、通常ビールの原料には麦汁の一番搾りと二番搾りの両方を混ぜて使う。
しかしキリン一番搾りは、一番搾り麦汁しか使わないので、原料コストは単純に考えると倍違うはずだ。

キリンの社員に聞いたのだが、当初はプレミアム価格で販売の案も出たそうだが、普及促進のため薄利多売路線をとったと言う。

これができるのは、やはりキリンビールの体力の強さだろう。ちなみに一番搾り製法は特許を取った訳ではないので、他社でもやろうと思えばやれるのだそうだ。

しかし、誰も追随しない。キリンビールのドヤ顔が透いて見える構図である。

私がビールに求めているのは、麦のほのかな甘味なのである。麦の甘味とは、あのポン菓子のような麦のお菓子でわかる、あれだ。

麦芽のビールにはそれがある。

決してキリンビールの回し者ではないのだが、買って飲むなら一番搾りしか買えなくなってしまった。

ビール好きな方、新・一番搾りも試してみて下さい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

チャイコンのイントロはハートマーク!?

2017-08-30 17:56:00 | ヴァイオリン
クラシック音楽の入門書のようなガイドブックがコンビニで売られていた。
まあ、大抵知っていることだろうけど、どのような切り口で語られるのかなあ、程度の興味で立ち読みしたら、…びっくり。己の浅学非才を知ることになる。

ショスタコーヴィチの交響曲第5番には、ある歌曲の伴奏だけが引用され、そのことにより、プーシキンの詩が浮かび上がってくる……。

まいったね、まだ謎解きが残っていたか、このショスタコーヴィチの5番。

そして、何よりの「びっくり」は、チャイコフスキー作曲ヴァイオリン協奏曲第1楽章の謎解き。

この曲はヴァイオリニスト、コテークの協力により完成されたことは知られている。その際、当時大流行のラロのスペイン交響曲が参考にされたことも。

しかし、それが直接引用されていたのは気づかなかった。
ラロの第5楽章の中間部の主題とチャイコフスキーの第1楽章第2主題は、共にA-Gis-H-A(ラソ#シラ)でできている。

おまけに冒頭部分のFis-E-D-A-D-E-Fis(ファ#ミレラレミファ#)は音符を線で結ぶと「ハートマーク」、これはコテークに対するチャイコフスキーの愛を表している、というのだ。

以前から、この序奏が本編とどう関わっているのか、ずっとわからずにいたので、この説はストンと腑に落ちてしまった。

チャイコフスキーは意外なほどに、と言っては失礼だが、バロック音楽でよく使われた「フィグーラ(音型象徴)」を勉強した形跡がある。バッハが楽譜に十字架を書き込んだが如く、チャイコフスキーも楽譜にハートマークを書き込んだ、という説だ。

こんなことを初心者向けのガイドブックに書く人も書く人だが、その著者は「なぜこれに今まで気づかなかったのだろう」とのたまわっていた。

誰が気づくかいな!
それともこれは遠まわしな自慢ですか!
(ちなみにその著者は私と同い年で、30年以上会ったことはないが、学生時代の知人である。)

個人的な感情はともかく、一旦その説が頭に入ってしまうと、もう「ハートマーク」にしか聞こえない序奏となってしまうのであった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加