農家の直売所 朝採り市場

京都八幡市にある近隣の生産農家200人が参加する生産農家の直売所、新鮮で安心、安価な採れたて野菜を、毎日提供中。

吉田農家のごぼう掘りに密着

2012年01月30日 | Weblog
石清水八幡宮は、京都府八幡市の男山山頂に鎮座する神社
京都の鬼門(北東)にある延暦寺と対峙して京都の裏鬼門(南西)を守護する神社である

その石清水八幡宮の東側にある街道筋には、今も鄙びた旧家が軒を連ね街道脇には、古墳を記した多数の道標があります

この街道筋の東側に広がる農地、そこに吉田農家の畑があります

大根や白菜、人参など作っている畑で、今日はごぼう掘りの現場を見せて頂きました



今回のごぼうは昨年の5月頃に植えたそうで、7ヶ月から8ヶ月たっての収穫

畦の幅1mぐらいで、高さは40cmぐらいか?
途中雨で少し流されたみたいだ



ここの畑は土と粘土質が少し混じっているが、まだ掘るのは簡単なようだ

もう一つ別の所にある畑は粘土質で、人間の力では重労働で機械を使わないと無理だと言う



鍬でごぼうの際を掘り、あとは一本一本手で掘っていく
長さは、畦の高さぐらいで30cm前後か

太いのもあれば細いのもある
別に同じ品種のごぼうを植えているのだが、成長に誤差があるようだ



吉田さんの性格は几帳面で誠実

その性格が野菜にも反映されてか、吉田農家の野菜は引っ張りだこ



消費者は吉田農家を知る由もないが、野菜を見る目は確か
白菜などレジから一番遠い場所に置いてあっても、真っ先に売れてゆく



この日も寒くて雪がチラついていたし、孤独で根気がいるのが農業
誰にでも出来るものではないと感じた

体を労わって、永く農業ができるよう祈っています

頑張れ!

朝採り市場



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬でも朝採り市場は元気です | トップ | 猪親子が街中現れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL