フワリーマンの暇つ節 !

2015.1.14~ 3年目突入っ!
マイブームはウォーキング・ランニング、肝臓に関わる数値と体重。

連続的な終わりを作れるように

2016年10月29日 12時49分29秒 | 仕事、教育
幹部さんの話では、「the end of thedinosaurs, the beginning of the birds」と言う例えだったのである。

時代はいつか終わるのである。
それを単に待つだけではダメで、終わりに続く次のモノを用意しておくべきなのである。
恐竜は滅びても、恐竜から派生した鳥類が次の時代を生きていくのである。


仕事のターゲットも時代とともに変化するのである。
調子がイイ仕事だからその惰性に甘んじているのではなく、成果が今現在見えてこないからすぐに諦めるでなく、次の時代を見通して地道な歩みは止めるべきでないのである。
自分の仕事の立ち位置と将来のハッピーパターンを想い描いて、自信をもって頑張らねばならないのである。


終わりを撤退と同じ意味にすることも、終わりを変化とすることも、我々の仕事のやり方に依存するのである。
辞めてしまうことは簡単、それなら変化にチャレンジしましょう!というような前向きな話しだったのである。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Looking for keys under the ... | トップ | サラリーマンの「桃太郎」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事、教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL