フワリーマンの暇つ節 !

2015.1.14~ 3年目突入っ!
マイブームはウォーキング・ランニング、肝臓に関わる数値と体重。

正確過ぎる家計簿の弊害

2017年10月05日 06時29分58秒 | 徒然なるままに
昨晩は実家だったのである。
夜遅くに着いたにも関わらず、両親は起きていてくれたのである。
ちょっと顔を会わせるだけでも嬉しいものなのである。


オヤジが寝て、オカンと少し話をしたのである。
お盆に帰省したときに、私からオヤジに「現金がギリギリしかないのはオカンも不安やと思う。かといって、オヤジもどれくらいを生活費として郵便局に入れておけばイイかわからないなら、まずは生活費を把握してみたら?」という話をしたのである。
オヤジに納得感があったのか、その後、きっちり家計簿をつけるようになったらしいのである。


オヤジの性格?、性質?で、その家計簿をつけるということがオカンにはプレッシャーらしいのである。
正確に、事細かに、やり過ぎらしいのである。
カード払いは2ヶ月くらい遅れて明細がくるのだが、それまではその月の家計簿が締められないというのである。
カードを使ったときの利用明細をとっておけばそれでも家計簿くらいはつけられるハズなのだが、いちいち明細なんかおいていないらしいのである。


大雑把な生活費を把握すれば・・・くらいのつもりで話したつもりなのだが。。。
1ヶ月の生活費の誤差が5%あっても、1割あっても、『だいたい』がわかっていればイイのに、くらいのつもりだったのに、やり過ぎは本人は満足しても周りは息苦しいのである。
カード払いは2ヶ月遅れの月の支出にしても(8月の支出は8月の現金支出と6月のカード請求書の合計みたいにする。)、1年のだいたいの家計簿収支として把握するのであれば問題ないのである。
生活をしていく上では、正確さを追及するよりもストレスのない快適さにつながるアバウトな感覚が大切だと思うのである。

まぁ、オヤジにはキッチリやったぁ!という達成感の方がイイのだろうが、、、オカンと楽しくやっていこうというセンスも大事にしてもらいたいのである。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新幹線の中に響き渡るゲーム音 | トップ | 店員さんはみんな外国人? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実家&年金&暇 (鈴木(佐貫卓球ルーム))
2017-10-05 06:55:10
はじめまして
ランダムからたどり着きました
ブログを拝見しています
世の中生活するのも厳しくなりました
私は自宅で腰の手術後の静養とリハビリ中です
昼は暇なのでエアコンの効いた部屋でパソコンで時間をつぶしております
年金生活に入りましたが厳しく辛い生活しか出来ない支給額の世です
趣味は現役の時はゴルフでしたが金がかかるのでビーチコーミングをしています
貝、貝殻でストラップ・ペンダント・動物などを製作しています
部材は100金で求め完成すると妻の会社の同僚にプレゼントしています
金も掛からず歩くので健康に良いです
それに海で知り合った新たな海友が出来ます
復帰は来年でしょうか?
長々とコメントすいません~~~
又訪問したいので読者登録させてください
帰りにポチっと応援していきます
Re:実家&年金&暇 (bellflower17)
2017-10-05 20:19:53
コメント、ありがとうございます!

私も登録させていただきました。

引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

徒然なるままに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL