フワリーマンの暇つ節 !

2015.1.14~ 3年目突入っ!
マイブームはウォーキング・ランニング、肝臓に関わる数値と体重。

Looking for keys under the streetlight

2016年10月29日 09時51分42秒 | 仕事、教育
昨日の幹部さんの講話、聞いて良かったのである。
いろいろ宿題がたまっているのに講話なんて・・・と思っていたが、分かりやすく、面白く、勇気付けられる講話だったのである。


その中で、いくつか印象に残った話があったので、ここでは1つ目をメモとして残すのである。

『looking for keys under the streetlight』、アメリカのジョークらしい。

夜、キーホルダーを無くした人がカギを探しているのである。
通りすがりの人が「何をしているの?」と尋ねると、『カギを探しているのです!』と答えるのである。
でも、暗いから外灯の明かりの下しか探さないのである。
カギはどこで落としたかわからないのに探すのは自分の視野の届くところだけ、、、それではカギは見つからないかもしれないのである。

仕事を一生懸命やっても、自分の出来るところしかやらないんだったら、成果には結び付かないかもしれないのである。
成果に到達するには、見えていない課題を照らすことや探しかたを考え直して、それから探すべきなのである。
と言うことを例えたジョークらしい。


自分も出来ることしかやれないから、出来ることしかやらないのである。
すべきことを考えて、出来ない課題は誰かにやってもらうか、教えてもらって自分でやろうとすることに頑張るべきなのである。
答えがあると思われる土俵で頑張らねばいつまでもゴールには至らないのである。


今日は休日なのに仕事をせねばならない。
家でダラダラよりは集中できる事務所に行くことが効率を高める第一歩なのである。
まぁ、頑張りますかぁ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忘年会の予約は大変だぁ! | トップ | 連続的な終わりを作れるように »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事、教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL