フワリーマンの暇つ節 !

2015.1.14~ 3年目突入っ!
マイブームはウォーキング・ランニング、肝臓に関わる数値と体重。

通信教育を頑張っているなぁ~、と思ったら。。。

2017年07月16日 17時25分24秒 | 仕事、教育
6月末?に中間テストが終わったら、急に子どもが通信教育を頑張っているなぁと思っていたのである。
余程、テストの感触がよろしくなかったと思ったのだろう、そうやって気付いて、反省して、姿勢を改めるのならテストの点が悪いこともイイでしょう、、、などと好意的にみていたのである。


昨日、郵便物が通信教育の会社から届いたのである。
子ども宛の宛名に「んっ?」と思ったのである。
添削問題なども、保護者名と本人名が併記された姉名で届くのに・・・?、疑問を感じたのである。


封書の中味は、図書券「5000円分」だったのである。
添削問題などを提出するとポイントが付与され、貯めたポイントはカタログ商品と交換することが出来るようなのである。
カタログの中から図書カードを選択し、それをゲットしたということだったのである。


子どもが通信教育を頑張っていたのは・・・、つまり図書カードが欲しかったからということのようなのである。
勉強を頑張るモチベーションとしては、非常に不純な感じがして、そういった教育システムはいかがなものかと思ったのである。
まぁ、成績を上げてもらうには手段は選ばず、といったところなのだろうが。


通信教育の費用は、そういった商品分も込みの値段のようなのである。
ということは、、、あの図書券は保護者に返還されるべきではないのだろうか?、と思ったのである。
子どもの頑張りにまで触手をのばそうとするセコさは、、、やはり反省すべきなのは私のほうなのかもしれないと思い、子どもとの交渉は見送ることにしたのである。

でも、なんか納得いかないシステムなのである。
「頑張りポイントは希望の商品と交換っ!」なんて、ぜんぜん好感できない頑張り方だと思ったのである。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマトの収穫4、など | トップ | おしゃれポロシャツ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL