フワリーマンの暇つ節 !

2015.1.14~ 3年目突入っ!
マイブームはウォーキング・ランニング、肝臓に関わる数値と体重。

通夜、葬式会場に若い人がいないと・・・

2017年05月17日 20時44分45秒 | 徒然なるままに
先日の身内の通夜、葬儀では、両親が色々な手伝いをしてくれて、従兄弟の兄貴から「本当に助かった、一人では不安で・・・。」と感謝されたのである。
余命を宣告されていたので、それなりの準備・心づもりはしていたと思っていたらしいが、、、やっぱり実際にその時を迎えるととても落ち着かなかったらしいのである。


母に兄貴からの言葉を伝えたのである。
両親にももちろんお礼の言葉があったらしいのである。
また、両親の体調を気遣う連絡もあったとのこと、兄貴も落ち込む中、義理堅くすべきことはやっているなぁと思ったのである。


母に通夜・葬儀の様子を尋ねたら、、、奥様方の身内に比べうちの方の身内が少なく、とても気を遣ったとのこと、また、集まれた人の年齢層が高くとても重苦しくなって気疲れしたとのこと。
特に、子どもや若い人がいなかったことが、会場の空気感をいっそう重くするんだなぁと思ったとのことだったのである。
兄貴夫婦にお子さんがいたら、、、誰か若い人が参列していてくれたら、、、と思ったらしいのである。


気遣いが似たようにできる大人ばかりよりも、感覚の違う若い人がいると空気に動きがでる気がしたらしいのである。
まだまだ無限の将来がある人がいると、日頃のことなんかの話題でも年輩の人には明るい話に聞こえるらしいのである。
「クラブはやってるの?、学校楽しい?、どんな仕事をしたい?」、若い人の世界は年輩の人にも希望を感じられるらしいのである。

歳を重ねることで備わる知恵、知識、経験など、大人には大人の価値があるが、『若さ』、それはそれだけで価値があるんだなぁと思ったのである。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暖かい時期、家の中でもソッ... | トップ | デオドラントスプレーの使い方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL