フワリーマンの暇つ節 !

2015.1.14~ 3年目突入っ!
マイブームはウォーキング・ランニング、肝臓に関わる数値と体重。

「負けました。」から始める

2017年12月15日 05時55分12秒 | 自分時間のお楽しみ
将棋界で今年ブレークした1人である「ひふみん」こと加藤一二三さんのコラムを読んだのである。
最近の将棋ブームで、将棋を始める小さなお子様連れの父子が多いらしいのである。
そんな将棋教室では、父子が将棋盤を挟んで対し「負けました。」という練習から始めるらしいのである。


父子ともに全くの初心者である場合、将棋教室で習い始めて、、、父子で対戦するとお父さんがお子さんに負けてしまうことも当たり前のようにあるらしいのである。
で、そういったときにお父さんが将棋教室を辞めてしまう、、、そうならないように「負けました。」という練習をすることで免疫を作っておく狙いがあるらしいのである。
面白いなぁ~と思ったのである。


勝負を競うものなので、もちろんどんなハプニングがあるかわからないのである。
実力差がめちゃめちゃあっても、強い方が二歩で負ける可能性もないわけではないのである。
世の中、絶対ってモノなんてほとんどないっ!ってことが頭でわかっているつもりでも、プライドの高いお父さんにはお子さんに負けるということは受け入れられないことなのかもしれないのである。


もう決まってしまった結果に抗って事実を受け入れる「器」をなくしてしまうのではなく、素直で冷静な判断と相手を敬う気持ちを持つ姿勢を育成するための手法として、将棋においては自ら「負けました。」と宣言するようなことになっているらしいのである。
『将棋道』とでも言うのだろうか、そんな雰囲気を感じたのである。




低い低いと思っていて高いのが「尿酸値」と「プライド」やもんね!、、、博多華丸先生の格言を思い出したのである。。。








コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

マラソンでヨイタイムを出すためには・・・

2017年12月11日 12時59分19秒 | 自分時間のお楽しみ
昨日は久しぶりに長距離ランニングをしたのである。
思ったよりもブランクを感じずにいいペースで走ったなぁ~なんて上機嫌で記録をつけたのだが、計算してみると普段よりもやっぱりペースが悪かったようで、、、マラソン換算では3時間57分だったのである。


昨日は15キロのランニング、、、で3時間57分なのだが、もし本当に42.195キロを走ったと想像するとガクンとペースは落ちるだろうし、20キロを超えると急に足が痛くなって走れなくなることがほとんどなので・・・リタイアするだろうと思われるのである。
どうすれば20キロ以上の距離を痛みを感じずに走れるのだろう?、どんな条件ならマラソンで頑張れるのだろう?、などと考えてみたのである。


マラソン中継などを観ていると給水所があるのである。
例えば、10キロ地点よりも20キロ地点、20キロ地点よりも30キロ地点、とゴールに近付くにしたがって給水所に置いてある飲み物のグレードが上がっていくと走るモチベーションが落ちないのではないだろうか?と思ったのである。
特に、私のようなセコイランナーには効果が期待できるのではないだろうか?、とわりと真剣に思うのである。
スタート直後は水道水、ちょいと疲れ始めた10キロ地点は栄養補給も兼ねてポカリスエット、、、ゴール手前はローヤルゼリー入りのスペシャルドリンク、、、ゴールの先にはドンペリ!!!、、、妄想は楽しいのである。


そんな話を嫁さんにしたら、「リタイアする人もいるだろうから、いいんじゃぁないの?。ドンペリは時間制限を設けておけば、あなたなら世界記録よ!!!」だって。
50歳が近付く私には怖い話である、、、棄権するよりもチャレンジすることのほうが危険に思えたのである。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温かい麦茶にハマる

2017年12月10日 18時31分43秒 | 自分時間のお楽しみ
バトミントン部の子ども、夏場はクーラーを入れない蒸し風呂のような体育館で練習のため、顧問の先生から「脱水にならないように飲み物を多く持たせてください。ただし、利尿作用のある茶葉で出すお茶・紅茶とコーヒーはNGです。」と言われていたのである。
で、夏場、、、子どもには麦茶(麦茶は利尿作用があまりないらしい?)を持たせていたのだが、寒くなった今でも麦茶を持って行っているのである。


寒くなってきて飲み物の飲む量が少なくなり、大きな水筒から小さなタイプにサイズダウンしたので、麦茶が余るようになってきたのである。
その余った麦茶を片付けるつもりで温かい麦茶を飲んでいたら、、、最近それにハマッている自分がいたのである。
「温かい麦茶、うまいっ!」、そう思うのである。


食後、口の中をリフレッシュしたいときには緑茶がヨイのである、、、アルコールの後にも私は緑茶が飲みたくなるのである。
おやつと一緒になら、紅茶やコーヒーがヨイのである。
・・・
温かい麦茶は、お茶だけを飲もうっ!ってときにハマッている感じなのである。


朝ごはんやお昼ごはんが終わってお茶も終わって、、、子どもは出掛け、嫁さんが家の用事をしているときに1人で飲むなら温かい麦茶なのである。

実際のところは・・・、「お茶入れてっ!」って誰かに頼みにくいときに余っている麦茶ならレンジでチンっで済む、、、そういうことなのかもしれないのである。。。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

レモン鍋って、、、

2017年12月10日 12時39分01秒 | 自分時間のお楽しみ
今晩は『レモン鍋っ!』なのである。
親戚のおじさんから送ってもらったみかんの箱にレモンも入れてくれていたから、それを使って鍋が出来ないかと嫁さんがクックパッドを調べ、メニューが決まったのである。


レシピによると・・・、普通に鍋に入れる具材でOK、煮込んだところでレモンを入れるだけなのである。
まぁ、いくつもレシピがあるから、豚ばら肉にすべき!というものやチーズを入れるようなもの、白味噌ベースにするようなレモン鍋など、バリエーションが多く、普通の鍋にレモンを入れるだけというのもあるというだけなのだが。


が、「普通の鍋にレモンを入れるだけ」というのは、面白くなさそうだなぁと思い直したのである。
鍋具材をポン酢で食べるとすると、ポン酢のレモンが煮あがった具材にしみているだけのようにも思われるのである。
我が家はカボスポン酢が基本なので、それがレモンに置き換わる、もしくはレモンがプラスされる、、、違いがわからないかもしれないなぁと思ったのである。


なんだかんだ言っても、、、鍋の具材を買ってきて、今さらメニュー変更ということも面倒なので、今晩は「レモン鍋」に挑戦なのである。
『っ!!!』ってくらい、予想を裏切る美味しさが発見できることを期待するのである。

「念ずれば通ず」、『念』とは今の心、、、今の気持ちや今強く思うことによってモノゴトはそのようになっていくんだ!というようなことを高校の古典の今朝人先生は仰っていたのを思い出したのである。
レモン鍋は、きっと素晴らしい!!!、そう強く思い込むのである。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカン、イタリアン

2017年12月07日 06時14分40秒 | 自分時間のお楽しみ
実験が一部うまくいって、今日はお客様幹部の方と急遽飲み会だったのである。
接待します!と誘われたのだが、実際はしっかり結果出せよっ!って脅しのような感じだったのである。


お客様現場の方と、全体懇親会のあと、ラーメンを食べに行ったのである。
と、面白いメニューがあったので、記念に写真をとったのである。





台湾ラーメンの店だったのである。
台湾ラーメンとは、激辛ラーメンの店だったのである。
辛さ控えめがアメリカン、辛さ倍増はイタリアン、、、なかなか面白い表現だと思ったのである。


コーヒー豆の焙煎の浅いのをアメリカン、焙煎の深いのをイタリアン、、、それを辛さのレベルに応じて表現したと思われるのである。
分かりにくいような、分かりやすいような。。。
そこが面白いなぁと思ったのである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋ヴィアインホテル

2017年12月06日 12時35分16秒 | 自分時間のお楽しみ
昨晩は名古屋から歩いて10分はかからないヴィアインというビジネスホテルに泊まったのである。
JR西日本?系列のホテルのようで、何で名古屋に西日本のホテルなのかと思ったのである。


キレイな部屋でちょっと大きめのベッドはよかったが、まぁ特別なところはなかったのである。
朝御飯がサービスとしてついていて、ミニクロワッサン、ハムチーズフランス?、メープルデニッシュなどパンの種類は多かったのである。


今朝は冷え込んだからなのか、明け方は寒く感じてエアコンを入れたのである。
が、エアコンは温度を抑えたつもりだったのに効きが良すぎて暑かったり、エアコン切ると寒かったり、、、結局早くから起きることになったのである。
気密はイイのに熱が逃げやすいということなのだろうか?、角部屋だったのが敗因だなぁと思ったのである。


出張予定は今日で一段落(のハズ)、明日から事務作業を片付けていかねばならないのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピレシュさん、引退?

2017年12月06日 06時24分16秒 | 自分時間のお楽しみ
世界的なピアニストのピレシュさんが引退するらしいのである。
来年のN響との共演を知って嫁さんが聴きに行きたいなぁ~と迷っていたのだが、引退の噂を聞いて「行こうっ!」と決意したようなのである。


ピレシュさんはピアノを習っていた嫁さんの好きなピアニストの1人なのである。
日韓ワールドカップのためにスカパー契約したときに嫁さんも賛同したのは、、、クラシカジャパンという音楽番組を視ることが出来たことがあったようで、その番組でピレシュさんが出ていたものをいくつか録画していまだに楽しんでいるのである。


ピアノなんてさっぱりわからない私だが、私もピレシュさんの演奏は聴きやすいのである。
力強い演奏が好きな私だが、優しい響きもキライではないのである。


中村弘子さんが亡くなり、ピレシュさんも引退、、、なんか寂しいなぁと思うのである。
引退前の貴重な公演だから私も行こうかなぁ~。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋の味噌カツ

2017年12月05日 22時58分20秒 | 自分時間のお楽しみ
今日は名古屋でお泊まりなのである。
実験はいつものように調整で苦労して、明日は何とか実験が出来そうなところまできて、今日は解放されたのである。


名古屋駅近くに宿をとったので、駅地下の『矢場とん』という店で晩御飯、わらじトンカツ(味噌カツ)定食を食べたのである。




味噌ベースのソースと、ソースベースに味噌を加えたような濃い味噌ソースの2色トンカツだったのである。
熱々のカツというだけで美味しく、二種の味噌カツもアクセントになって、ボリューミーさで大満足だったのである。


1600円っ!、ご飯はおかわり自由、カツが半分で半額にしてくれてもイイかなぁという感じ、、、でも、1度は食べてもイイかなぁと思ったのである。
『名古屋ぁ~』って感じだったのである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永世7冠っ!羽生さんスゴイ!!!

2017年12月05日 19時05分22秒 | 自分時間のお楽しみ
竜王戦5局目も羽生さんが渡辺竜王に勝って、永世竜王の資格を獲得したらしいのである。
今期は4勝1敗、3連勝のあと1敗は喫したが圧倒して勝ちきったって感じなのである。


昨日の封じ手までの局面だとどっちが優勢なのかは個人的にはわからなかったのである。
解説者のコメントを今更ながら見てみると、昨日の段階で羽生さんがやや優勢と見ている人が多かったので、、、永世竜王誕生を取材しようとする報道関係者がさぞや多く集まっているのだろうなぁと思ったのである。
(将棋は私なんかにはわからない難しいもんだなぁ~と、私なんかが横から口出しするのは恥ずかしいなぁ~と、思ったのだが、永世7冠っ!という偉業に心が震えたことは残しておこうと思ったのである。)


中学生プロ棋士の藤井さんや現名人の佐藤天彦さんなど羽生さん世代よりも若い世代がどんどん活躍しているのを見ていて、『羽生さん世代から交代が進んでいるなぁ~』と思っていたが、まだまだ羽生さんの時代なんだなぁと思ったのである。
アラフィフも頑張れるという、我々には嬉しい活躍なのである。


永世7冠獲得をもって、次回以降は渡辺さんファンの私としては渡辺さんの応援に戻りたいと思ったのである。
浮わついたにわか羽生さん応援は、やっぱり複雑な気持ちだったのである。。。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永世竜王位の獲得なるか???

2017年12月05日 12時09分11秒 | 自分時間のお楽しみ
渡辺竜王に羽生さんが挑む竜王戦・第5局がいよいよ今日決着なのである。
竜王と言えば渡辺さん、渡辺さんといえばダントツの永世竜王、なのである。
羽生さんの永世竜王獲得をこれまで阻んでいたのも渡辺さんと言って過言でないと思われるのである。


今期第4戦までの結果は羽生さんの3勝1敗、ビッグチャンスなのである。
昨日の第5戦・前半戦、、、どうなんでしょう?、私には渡辺さんが攻められているように見えるが、羽生さんに攻めさせているのかなぁ???、よくわからないのである。


渡辺さんファンの私としてはとても複雑なのだが、今回は羽生さんの永世位獲得を見たいなぁと思っているのである。
渡辺さんに「負けてくれぇ~」とは言えないので、是非是非、羽生さんにはその壁を越えてもらいたいのである。


どんどん若手も出てきている将棋界だが、まだまだ40台の羽生さんにも頑張ってもらいたいのである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人を幸せにする食べ物とは?

2017年11月27日 22時20分25秒 | 自分時間のお楽しみ
週末に行ったラーメン屋の話を職場でしたのである。
多くのメンバーにはお馴染みの店らしく、「やっと行ったか!」と言われたのである。


で、その会話の中で「ラーメンは人を幸せにするよなぁ~」というコメントがあったので、また話が膨らんだのである。
『人を最も幸せにするメニューとは?』という話題だったのである。


ラーメン、焼肉、寿司、色々出たが、、、焼き肉が最も賛同を集めたのである。
バーベキューならなおよし、食事に楽しみに、さらに心地好い雰囲気もセットなのである。


結論は、、、幸せは牛(ぎゅう)に詰まっているということでめでたくまとまったのである。
やはり、うちのメンバーはお粗末な面々なのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地元有名ラーメン店でランチ

2017年11月26日 13時01分57秒 | 自分時間のお楽しみ
地元で有名なラーメン屋でお昼ご飯だったのである。
子どもは友達と図書館でテスト勉強、お昼も友達と食べるらしく。
嫁さんをラーメン屋に誘ったが、ラーメンという気分でないらしく。。。


11:30過ぎに着いたら既に行列があったのである。
ご夫婦で、ご家族で、、、という方が多く、行列のわりにあまり長い時間は待たなかったのである。


基本っぽい、醤油ラーメンにしたのである。
博多ラーメンのようなストレートの細麺、魚介系でだし?がベースの醤油スープは「ちと濃い目」だが美味しかったのである。
味付け卵、チャーシュー、のり、メンマ、が薬味のネギとともにトッピング、麺やスープより出過ぎずって感じだったのである。





次は家族3人でっ!と思ったのである。
嫁さんに「ボーナスで行こう!」と提案したら、『ボーナスじゃなきゃ行けないくらい高いの?』と突っ込まれたのである。
「イヤイヤ、842円、一般的な価格だよ。」と答えたら、、、『えぇ~、それくらいなら出してよぉ。セコいっ!』と返されたのである。。。

『セコいっ!』、、、んン、自覚しているだけにズシンときたのである。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スッゴい行列っ!

2017年11月25日 13時50分03秒 | 自分時間のお楽しみ
市のお祭り?で大根の無料配布があるというので、お散歩ついでに卑しい根性で行ってきたのである。
12時と14時、それぞれ200本の配布ということで、14時の配布にあわせて13:30に着くように出勤したのである。


到着すると・・・、既にスッゴい行列だったのである。
会場である公園をぐるっと1/4周、『最後尾』の看板を持った案内係の人が「これから並ばれる方は大根が足りないことをご了承ください!」と叫んでいたのである。


小さなお子さんが行列に並んだ人を数えて来て、「80人よりもっと多いぃ!」とだけお母さんに報告していたのである。
せっかく数えに行ってくれたのに、、、斥候としては半人前の報告に後ろで聞いていた私もがっかりだったのである。


あと10分、せっかく来たから待ってみるのである。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスツリーの準備

2017年11月25日 11時59分48秒 | 自分時間のお楽しみ
予防接種に出掛けたら、毎年大きな木にクリスマスのイルミネーションをしている企業さんのところで、その準備をしていたのである。
12月に入ったら夜間はイルミネーションが点って、とてもキレイなのである。


もみの木ではないが、形の整った(?、整えた?)大きな木にクレーンを使って様々なイルミネーションを飾り付けて、周囲のフェンスにもベルや星のデコレーションをして・・・、その準備を黙々とされていたのである。
陽が沈みかけたら実際に光らせてみてチェックするようで、発電機も傍らにあったのである。


昨日も、その前の日のお昼も作業をやっていたのである。
日曜までの作業予定のようで、看板にそのように書いていたのである。
天気が良さそうで良かったのである。


その会社が年末年始のお休みに入るまでは、イルミネーションが暗い道に浮かび上がってとてもキレイなのである。
もう年末なのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬芽の人 : 大沢在昌 著

2017年11月23日 12時19分25秒 | 自分時間のお楽しみ
出張に向かう電車の中でイヤなことを考えないように、抜歯前後のイヤな緊張をしないように、本を読んだのである。
そういう狙いだから、ストーリーに入っていける好きな作家の作品を選んだのである。
大沢さんの作品はこういうときには、私にとって間違いのないモノなのである。


ハードボイルドとはかなり違う感じだったのである。
主人公の女性(元刑事)の自分に厳しい姿勢、彼女と元上司の息子の恋愛感情、そして複雑な事件の真相に迫る思考や分析の展開、、、やっぱり面白かったのである。


犯人の頭の良さとごく限られた仲間の幸せだけにその能力を生かそうとしたところは、生きていく中で陥りそうなことだなぁと思ったのである。
豊富な知識があっても視ている視野の狭さがあると怖いなぁと思ったのである。
インターネット技術に引きずり込まれた人が増えていくと・・・なんて考えると、便利な社会になっても反って人々の視野が狭くなって危ないのかなぁ???、と思ったのである。


今年はあまり本を読んでいないから、次も大沢さんの作品を読んでペースを維持しようかなぁと思っているのである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加