ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

【討論!特別版】世界の今、そしてこれから-西部邁氏を囲んで

2017年03月20日 | 政治

【討論!特別版】世界の今、そしてこれから-西部邁氏を囲んで[桜H29/3/18]

2017/03/18 に公開
◆世界の今、そしてこれから-西部邁氏を囲んで
パネリスト:
 小浜逸郎(評論家)
 佐藤健志(評論家)
 西部邁(評論家)
司会:水島総


★ 時間的に今のところ「走り書き」ができません。
「ニヒリズム」「人間ロボット化」・・・左右なく「おカネで動く」等、この討論は面白いのでぜひお聴きください。
今回は西部先生を中心に、佐藤健志先生、小浜逸郎氏、そして水島氏の司会による「討論」です。



ブログのティールーム



チャイコフスキー交響曲第4番第4楽章、指揮はカラヤン。

この中で繰り返されるロシア民謡の主旋律「白樺は野にたてり」が繰り返し流れます。
チャイコフスキーが愛した民謡なのでしょう。
当時蔓延する「ニヒリズム」を押し返そうとチャイコフスキーは土着の「民謡」を自作のシンフォニーに取り入れたのでしょうか。

作詞作曲 ロシア民謡
訳詩者  不詳

1、野原に白樺の木 白樺野原にひとつ
  リューリ リューリひとつ リューリ リューリひとつ 

2、一番いい枝ひとつ 真っ直ぐな枝をひとつ
  リューリ リューリおくれ リューリ リューリおくれ

3、それから笛を作り 白樺の笛を作り
  リューリ リューリ吹くよ リューリ リューリ吹くよ


チャイコフスキー 交響曲第4番ヘ短調作品36 第4楽章 カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー

チャイコフスキーは「この世は暗黒だけではなく、この楽章で示されているように多くの素朴な人間の喜びがある。
その喜びの存在を認め、悲しみを克服するために生き続けることができる」と知人への手紙に書いている。




★ この曲を聴くと「覇権の終焉とアジアの黎明」のお話が思い浮かんでくる。
政治家がこのような話をするのをはじめて聴いた。

「覇権の終焉とアジアの黎明」三宅博前衆議院議員の東京における講演から
http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/5914d91997ada71ffa9869cb79549b7b

日本の保守も人それぞれで難しい。過去の世界は覇権によって抑え込まれてきたが、現在は終焉を迎え動乱の状況になっている。
この混乱を収束しうる大きなものは新たな価値観でやっていくしかないし、至難の業である。

こうしたものを包含し統一するのは「愛」、日本で言えば「徳」これが世界を包み込むようにならないと難しい。
「愛」「徳」は犠牲の心、見返りのない心である。
これを考えると深い憂慮に堪えない。(抜粋)


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「司馬さんに嫌われた乃木・... | トップ | 「北朝鮮の脅威」に対し「防... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。