ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

佐藤健志先生「政権を擁護するつもりの倒閣運動」・日本政府はなぜ日本を護らなかったのか

2017年07月26日 | 政治

佐藤健志先生の指摘

「日本国民には主体的な判断力もないらしい、または政権を擁護するつもりの倒閣運動」

http://kenjisato1966.com/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%9b%bd%e6%b0%91%e3%81%ab%e3%81%af%e4%b8%bb%e4%bd%93%e7%9a%84%e3%81%aa%e5%88%a4%e6%96%ad%e5%8a%9b%e3%82%82%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84-%e3%82%9c%e2%97%87%e3%82%9c/ (クリック)



佐藤先生、鋭いご指摘です。
ところで私、チャンネル桜の三輪さんのお話は毎回情けなくて最後まで聴けないでいます。
またどうしたことか「安倍さんについては生暖かく危機を訴える評論家」(あの素晴らしい馬淵氏も含む)にも。

今、日本は乱世前夜そのものです。
チャイナや北朝鮮は日本の漁場を奪う暴挙にでています。

あの小笠原の海にチャイナ船が大量に侵入して長らく居直り、サンゴを盗掘、住民を恐怖のどん底に陥れた時に、全く何も動かなかった政府やマスゾエ前都知事。あの無策な姿勢が世界に「日本には何をしてもいい」と思わせた・・・。
これを見逃し、今さらなにを撃退できるのか。
鍵もかけないで出掛けるほどの小笠原の人々は不安と恐怖に震え上がった。
こんな時、「憲法9条」をかくれみのに何もしようとしなかった政府の「遺憾」表明。

いくら海外で羽振りのよいところを見せても軽蔑されるのだ。
女性の扇千景氏でも北朝鮮の不審船を撃沈させ、世界の理解を得た。

「憲法改正」など本気でするはずがない。仮にしたとしても安倍氏の「憲法改正」は今より悪くなる。
悲しいけれど、私はそう思った。

ここでの無策は将来をより危険にさらすことになった。
今や日本の海周辺をチャイナやロシアが不法に侵攻を重ね、貴重な漁業を脅かし、総理は「支持率が高い」ことを
国会で高慢に威嚇し・・・それが今はどうだろう。

周囲に守られて「ぼくちゃん偉いんだからね」と・・・夫人の泥酔も「居酒屋経営」も、名誉職を何十と受けるのもやりたい放題にさせ、まるで「現代の日野富子」ではないか。それをもちあげてきたマスコミ。

本当の忠言をした議員を片隅に追いやり、党内の議論より「有識者会議」「諮問会議」「民間議員」を優先させ、
全体主義を彷彿とさせ、また安倍信者?は異なった意見には高圧的に「説教」してきた。

ところで韓国で「軍艦島」というデタラメな映画が放映されるというが、なぜ「軍艦島」の世界遺産が決まった時に
韓国がいうデタラメな歴史を本気で追及し抗議しなかったのか。こんなことばっかりだ。


「安倍政権」を追い込んだのは「共産党」と「小沢一郎」の暗躍ともいわれている。
小沢に近い森裕子議員の荒れた声など聴くに耐えない。またレンホーのヒステリーも「正義」とは程遠いところにある。


(上記の写真はあるツイッターの写真より転載、民主党から自民党に入って安倍さんに夢中の議員さんもいます)

かつて小沢は民主党の議員を連れて北京に行き、こともあろうに胡錦濤との握手と各議員と胡錦濤のツーショットの「写真撮影」をさせ、(その中には今自民党にいて保守と称しているずうずうしいのもいて安倍氏の腰巾着となり果てている)元旦には自宅で派手な「新年会」を開き、当時の民主党議員はわれがちに馳せ参じた。
こうした品位のかけらもない政治家が日本を潰そうとしている。


「日本」を大切に思う政治家よ、今こそ勇気をもって出てほしい、しかし命がけの覚悟が必要だ。
パフォーマンスはいらない。そして日本国民が長らく知らされていなかったことも伝えよ。


 うれしい、といっても当たり前のことだが・・・よいニュースです!!

中国サンゴ船を拿捕、船長を逮捕 長崎・五島沖で採取疑い
 水産庁九州漁業調整事務所(福岡市)は26日、長崎県五島市の女島灯台沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で許可なくサンゴを採ったとして、漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで中国のサンゴ採取船を拿捕し、自称船長の呉子軍容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は、25日に許可なくサンゴを採取した疑い。同日午前8時ごろ、水産庁の取締船が船を発見して立ち入り検査し、サンゴや漁具を見つけた。他に6人の船員が乗っていた。(産経)
http://www.sankei.com/west/news/170726/wst1707260063-n1.html




ブログのティールーム



ボロディン作曲のオペラ「イーゴリ公」~歌うのはバリトンのホロストフスキー、彼ほどこの役にふさわしい歌手はいない。(ホロストフスキーの病気回復を祈ります)


・・・名歌手ホロストフスキーの歌唱は12分30秒から約5分あまりです。(日本語訳の字幕あり)

ところでこの和訳、重要な間違いがある。この曲のロシア語の歌詞は「ロシア」とは書いていない。
なぜそれを「ロシア」とわざわざ和訳したのか。

「ロシア」はイーゴリ公の時代はまだなかった。

イーゴリは「ルーシー」という地方の英雄であり当時はウクライナ地方の「都市国家」であり「ロシア」ではない。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日北朝鮮のミサイルICBM発... | トップ | 「明日のことも見通せない不... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
佐藤氏と三橋氏 (onecat01)
2017-07-27 18:44:52
ベッラさん。

 これからは、このお二人のご意見に、もっと謙虚に耳を傾けたいと思います。グローバリストとしての安倍氏について、保守政治家というメガネを外してみる必要が強まってきたと、そんな気が致します。

少なくとも、安倍信者からの卒業は心がけています。大切なのは、安倍総理でなく、自分の国です。

 先ほどまで、蓮舫氏の辞任の記者会見を見ていました。どうしても好きになれませんが、針の筵のような記者会見を政治家としてこなし、メソメソしなかった氏に対し、「ご苦労さんでした。」と心の中で言いました。

 反日をやめ、安全保障に取り組まない限り、民進党の未来は開けません。安倍総理も、グローバリストの政策を、議員抜きの審議会方式で進める奢りを止めなければ、やはり明日はないと思えてまいりました。

 貴方のブログに感謝します。
お詫び (onecat01)
2017-07-28 22:12:48
ベッラさん。

「種子法廃止法は日本を滅ぼすか。」というチャンネル桜の動画を、貴方のブログで拝見したと思い違いをし、佐藤氏のブログと合わせてコメントしてしまいました。

 しかも、保守の誰もが嫌悪してやまない蓮舫氏に、「ご苦労さん」といえば、貴方を怒らせてしまったのだと、お詫びいたします。種子法につきましては、三橋氏で、総理の愚策への批判でした。

 大切なスペースを、思い違いのコメントで、使いましたこと、ご容赦ください。お詫びが遅くなりました。
とんでもない、実は・・・ (onecat01さまへ)
2017-07-28 22:44:31
実はコメントを頂きながら多忙でお返事もできず、ブログの更新もできなかったのです。
頂いたコメントには感謝していまして、どのようにお返事したらよいのか考えていてそのままになり、いまさっきパソコンをあけると二度目のコメントを頂いていて、大変申し訳なく思いました。

昨日はドイツ語の勉強で5~6時間の予習をし、個人授業に行っていたのです。大学の名誉教授をなさっている方でとても厳しく、生徒は私一人です。
昔ドイツ語はイタリア語に次いで勉強をしていたのですが、ヴァーグナーがナチスに利用されたと知り、ドイツの特にヴァーグナー(ワーグナー)を歌うことを長らく避けていました。
でもどうしてもヴァーグナーの音楽は好きでずっと悩んでいたのです。
思い切ってドイツ語の勉強の再開をはじめたばかりです。
そういうことで、どうぞお許しください。
毎日、予習復習は学生時代のように規則正しくできればよいのですが、雑用が多く、さらに「先のばし」「棚上げ」状態で、大反省。
そしてonecat01さまにご迷惑をおかけしてしまいました。
レンホーに「ご苦労さん」というのは日本人の伝統的な考えであり、レンホーを個人的に憎むのではなく、
彼女なりの苦悩に対してのことと私は思っております。
レンホーのタレント時代のこと (onecat01さまへ)
2017-07-28 23:02:41
レンホーといえば、昔は口の達者なタレントだったと思います。私は「三国志」ファンでして、長江が「三峡ダム」でその歴史的な姿を変える時に、ぜひ「長江」を見たいと思っていたら、テレビ番組で何日も続いて「長江の旅」の番組がありました。
レンホーが通訳を兼ねて、漢詩の権威の石川氏(ラジオの漢詩の講師)や料理の先生の小林カツ代さんなどが長江の船旅に参加されていました。

中国料理の権威のシェフ(中国人)の包丁が素晴らしく、小林カツ代さんはホレボレと眺めていると、レンホーがそれを忖度?して「命より大事な包丁ですね」って言って小林カツ代さんに厳しく叱られたことをおもいだします。

「命よりも大事な包丁なんてありませんよ、いいかげんなことをいわないでよ!」って。
レンホーはピシャリと言われて鼻っ柱を折られていたのを痛快に思い出しました。

小林カツ代さんは名人が大事にしている包丁を誉めていたのですがレンホーのバカな発言に怒りを抑えませんでした。
「命をはぐくむために料理をする、そのための包丁でしょ!!」って。
その通りですから、レンホーって軽い人だなあ、って思ったものです。

日本人は嫌な人に対しても「ごくろうさん」って言うだけの常識と余裕があります。
小林カツ代さんも番組終了後には「お疲れさまでしたね」ってきっとレンホーに声をかけていたでしょう。

これからブログ更新しょうかな、と思います。
稲田さんにも「お疲れさま」と、そして自衛隊の方々も複雑な気持ちがあったとは思いますが、せめて「お疲れさま」と心の中で思います。
稲田さんは集団の中でというよりも弁護士としてひとりで仕事をしてきた、「舞台が違う」のも一因でしょうね。
また自衛隊の命をかけた男の方々のプライドも、おしはからなくてはなりませんね。

長くなりましたが、以前ご紹介した「近衛秀麿」氏のことを描いた番組が明日土曜日にNHKBSであります。

NHKBS103で7月29日(土)20時から22時まで
スーパープレミアム「玉木宏 音楽サスペンス紀行~亡命オーケストラの謎」
舞台は欧州、ユダヤ人を救った指揮者近衛秀麿・亡命オーケストラの謎がはじめて明かされる。
ナイスドイツの嵐が吹き荒れる欧州で活躍した音楽家、近衛秀麿。
世界最高峰のベルリンフィルで初めて指揮をした日本人。
彼は自身のオーケストラを隠れ蓑にユダヤ人の国外脱出を手助けしていたという。
マエストロ・ヒデマロはいかにしてその大胆な試みをくわだて、実行していったのか。

同じ29日(土)NHKBS103   23時45分から0時35分まで
「死の都」に響いた【未完成交響曲】~戦火のワルシャワ公演を再現する。
戦火のワルシャワ、ナチス主催の公演で演奏した楽員は、弾圧にあえぐポーランド人だった。
音楽史に残る日本人指揮者、近衛秀麿の公演を、60名のポーランド人一流の演奏家で編成されたオーケストラが演奏。
≪出演≫作曲家・千住明、作家・須賀しのぶ、指揮者・ウイーン大学名誉教授・前田昭雄、語り・光岡勇太郎

以上、お知らせまで。
知らないことばかりです。 (onecat01)
2017-07-29 07:22:50
ベッラさん。
 知らないことを教えて頂けるのは、常に嬉しいものです。蓮舫氏のことは別としまして、近衛秀麿氏は、そのような素晴らしい日本人だったのですね。しかも、ユダヤ人の救助を同時にやられていたなど、命がけの大事です。
 音楽に疎いので、ワグナーの作品をよく知りませんが、ヒトラーには気に入られたと聞いております。ワグナーの作品の荘重さや、格調のある雄々しさが、独裁者の心を捉えたのでしょうか。ワグナーは、果たしてそれを喜んでのか。私は知りませんが・・・・。
 NHKは、こんな番組を作るのに、一部に反日の人間がいて、政治宣伝のツールにしているのですから、なんとかゴミ掃除をしたいものです。

 稲田氏につきましては、それこそ「ご苦労様でした。」と言わねばなりません。防衛大臣にさえならなければ、ここまで叩かれなかったのかもしれません。稲田氏もまた、安倍総理に気に入られて、はたして幸せだったのかどうか・・・・、それも知りません。

 沢山のことを教えていただき、感謝します。暑さに負けず、これからも頑張られますように。
ありがとうございます。 (onecat01さまへ)
2017-07-29 09:03:06
レンホーも稲田さんもスッキリした感じでした。
実際に苦しかったのでしょう。
昨夜、北朝鮮がミサイルを撃ち、やはり日本側に向いていました。
日本にでなくチャイナには向けられないのでしょうね。
小笠原の海のチャイナ船を見て見ぬふりをしてきた安倍さんが北朝鮮が日本海に撃ちこんで来たことに本気で向き合うことができるはずはありません。
優柔不断な彼は「三国志」の袁紹そのものです。
おぼっちゃまでいざという時に判断ができない、
そして乱世の英雄である「曹操」が離れて行きます。
北朝鮮のことだけでなく、移民も実質的にしているし、
欧州では大変な事件が相次いでいるのに、もしそうなったら手を打てるような人物ではありません。
あの昭恵夫人を野放しにしていたのですから。

スーパーや電車の中で騒ぐ子供を「見ているだけ」で注意できない親を連想します。
また部下のえこひいきも・・・同じ大臣なのにすぐに更迭し、また今回の防衛大臣のように本人が切り出すまでかばい続ける、これは理由はともかく第3者は納得しないでしょう。

また北朝鮮がミサイルを撃ちあげることがわかっていながら、防衛大臣を岸田氏が兼任とは。
今の状況では、防衛省に張り付いていられる「防衛大臣経験者」に頼むべきでしょう。
読みが甘すぎます。
国民の命と財産を護る、とは言いますが、口だけでそんな覚悟などないでしょう。

onecat01さまのサイト、素晴らしいですね。
毎日拝読しております。教えて頂いているのは私です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。