ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

三宅博先生追悼 「日韓合意について(後半)」~youtubeに未発表の貴重な録画を文字起こししました。

2017年05月06日 | 政治
 
★ 元の動画はチャンネルAJIERの「有料動画」であり、今は「会員」が無料で見ることができるが、youtubeにはない。
チャンネルAJIERの会員の方は下記のリンクをクリックしてご覧いただきたい。
http://ajer.jp/video/show/b96983bf33768d3b201bbf9d6b14c9c3

私はこれを文字起こしの上、皆様に読んで頂こうとここに書きました。下記の文が三宅博先生のお話になった内容です。(ベッラ)


 
先程、昨年末の日韓合意のいかがわしさ、安倍さんは超えてはならないことを超えてしまったとお話した。

何度も言うが、国家の名誉と国防安全保障の二元対立論的な方向へ導こうというのは詐欺ペテンである。

国家の名誉と国防は一体不可分である。

片方だけが独立して片方を活かす、土台無理な話でありできもしない。

安倍さんの擁護をする、安倍可愛さのあまりこういう論法を用いるのは決してしてはならないと思う。

ストックホルム合意だが、あれから一昨年の5月末に日本と北朝鮮の間でなされたが、ストックホルム合意、これも結局失敗である。
北朝鮮の核実験、日朝平壌宣言以降、北朝鮮側は核実験やミサイル発射はしないと約束した。 
そして日本は拉致・核・ミサイルの包括的解決、不幸な過去を清算して日朝国交回復に向けて歩んで行くということだったがあれ以降、結局 核実験は今回で4回目、ミサイルは十数回もやっている。向こうは約束をずっと破り通してきて時間稼ぎをしている。 
ひとり日本は約束を履行しようとしている。

バカとか間抜けというレベルではない。 
確信犯的な日本の外務省の外交がずっと十何年なされているということを我々は厳しく認識を持たなければならない。

平壌宣言からストックホルム合意をして、あの時に日本は人的な往来、或は資金の移動という制裁の一部を解除してしまった。
この責任をこそ我々はもう一度厳しく咎めていかなければならないと思う。 

北朝鮮は調査委員会を作るとは言葉だけ、日本はそれに対して制裁の一部解除をしてしまったのだが、とんでもないと私は国会の拉致の特別委員会や拉致議連の総会でも、いつも批判してきた
北朝鮮の核など日本に対してやってきた約束はすべて嘘であった。嘘と時間稼ぎであった。 
日本はそれに対して誠実に応えようとして制裁の解除をした。
その結果、資金の北朝鮮に対する流入・人的交流などが再開されて、今回の核実験にいかほどこれが貢献したかわからない、
ストックホルム合意で制裁解除をした責任者を当然信賞必罰の原則からやっていかなければならない。
最終的に責任はすべて安倍さんになってくる。
そういった面でストックホルム合意、これを推し進めた日本の外務省の責任を厳しく問わなければならない。
そして二度と北朝鮮に対して嘘に踊らされて、日本が北朝鮮の詐術に巻き込まれて北朝鮮の外交の思う壺になるような愚を繰り返してはならないと思う。


このことによって拉致問題の解決がより一層遠ざかってしまった。
私はいつもいろんな場所で言っているが日本の政府に真剣に拉致問題を解決しようという気持ちはない。

これはさっき言った国家の名誉と安全保障上の判断を分けて考えるからこういうことになってくる。
拉致被害者数百人の犠牲者は気の毒だが国家の安全保障が最優先なので辛抱してもらうしかない、ご家族には安全保障が最優先だから辛抱してもらいたい、と日本政府の判断、
これはあくまでも一体不可分の国家の名誉、拉致問題そのものである。
拉致問題を隅に置いて安全保障上の判断を優先する、ということはしてはならないことである。
拉致問題の解決ができる国にしていかねばならない。

ありとあらゆる手段を通じて拉致問題の全面解決を図る。
そうしてはじめて日本が国防上の安全を確保することができる。
拉致問題を解決できない日本の政治が安全保障上・経済・教育・外交などの難問を解決できるはずがない。

階段の第一段目、一番最初に成すべき拉致問題の解決、これを出来ない日本の政治が階段の4段目5段目6段目の問題である国防上の安全・経済・教育・外交などできるはずがない。
まずは拉致問題の解決をし、そして主体的に物事を運営できるような日本の国の姿を取り戻す、主体的な国家運営を我々の手に取り戻してこれを実現するような国家に変貌させなければ、ありとあらゆる日本の内政問題も含めて解決はあり得ない。

それから日本国内で同性愛のことに対してもそうだが、一部の者は人権問題というが、同性愛者に対する批判が起きたら人権問題でそれを批判するのは許せない、という。
これは人権問題でも何でもない。
「人権問題人権問題」と言う連中にはそれなりの目的・意図がある。
人権と言う甘い言葉に隠された連中のものは、やはり家族の破壊、国家の解体に繋がるということを我々は認識していかねばならない。

過去は同和問題があった、重大な人権問題であると、差別がいまだに跋扈しているから解決しなくてはならないと。  
ところが部落解放同盟がずっと推し進めていたこと、彼らは日本の皇室の存在を否定する。
彼らは天皇を亡き者にしようとするとんでもない革命集団、その手段として彼らは差別だ人権だということを前面に出してきた。
彼らの意図するところを我々は厳しい目で見なくてはならない。

同性愛も同じ姿かたちをもって、一般の方々、善意の方々に対して、その目的、国家の解体を目指そうとする連中が人権の隠れ蓑として人権の美名のもとにとんでもないことをやっている。

我々が擁護すべきは、ごく一部の同性愛の方のアブノーマルな形を擁護するべきよりも、何よりも健全な異性関係をこそ擁護していかなくてはならない。  
それをしないと家族が破壊される。
家族があって地域社会があって国家がある。
なおかつそこに日本人の伝統・美徳など基盤というものがそこに存在するが、これをないがしろにすることになってしまう。

そういう一部の方の性同一性障害そのことを全て攻撃することはなく、そういう方は一部であって、正常ではない異性関係を擁護するあまり、健全な異性関係を崩していくことがあってはならない。

そのことによって一部の青少年、子供たちが勘違いをしてしまう。何でもありということになる。

或はタレントになって売れるためには男性だったら女装したら、或は 同性愛者という仕事上の衣を着たら売れるのでは、流行に乗れるのではないかと勘違いしてしまう。
我々が持つ目的は健全な異性関係を称揚していかなければとハッキリと認識していかねばならないと思う。

擁護するあまり、・・・健全な異性関係を称揚していかねばならないということをハッキリと認識しなければならない。

私は今年の7月に行われる参議院選挙、或はダブル選挙の可能性もあるのだが、戦い抜いていくつもりでございますのでよろしくご支援をお願い申し上げます。(以上)



なお「日韓合意について」前半はyoutubeで広く拡散され、三宅先生のサイトにもyoutubeと「書き起しの文」があります。
http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/4720d5150add62fd4732d18373dd2e8b

★ チャンネルAJIERの栗山さま、三宅先生の「追悼動画特集」をご企画頂き、ありがとうございます。



・・・「銘酒 国士無双」


ブログのティールーム



わがマエストロ、マリオ・デル・モナコが歌うプッチーニ「トゥーランドット」~泣くな、リューよ。 (ソプラノはレナータ・テバルディ)

Mario del Monaco "Non piangere, Liu" Turandot




『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石井望長崎純心大学准教授は... | トップ | 【討論】迫る戦争の危機!そ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。