ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

防空壕もシェルターもない・・・政府ホームページにミサイル避難方法

2017年04月21日 | 政治


地面に伏せ、窓から離れて…政府HPにミサイル避難方法
朝日新聞デジタル 4/21(金) 21:29配信

 政府は21日、弾道ミサイル攻撃を受けた際の避難方法を国民に周知するため、内閣官房のホームページに掲載した。同日には都道府県の危機管理担当者を集めて説明会も開催。北朝鮮情勢をめぐる不安の高まりを背景に、政府・自民党が力を入れる弾道ミサイル防衛(BMD)の強化も加速しそうだ。

【写真】北朝鮮のミサイルが飛来した時に住民がとるべき対応などについて、政府から説明を受ける都道府県の担当者ら=21日、東京都千代田区の全国都市会館

 菅義偉官房長官は21日の記者会見冒頭、ミサイル落下時の対応策を「国民保護ポータルサイト」に掲載したと発表。菅氏は「国民が高い関心を持っていることを踏まえ、身を守るためとるべき行動をまとめた」と説明した。サイトへのアクセス数急増を受けた対応だという。

 今回掲載された「弾道ミサイル落下時の行動について」では、着弾の可能性がある場合、頑丈な建物や地下街に避難し、建物がない場所では物陰に隠れて地面に伏せるよう要請。屋内にいる時は、窓から離れることを求めている。

 政府は最近、緊迫度の高い情報発信を続けている。外務省は在韓邦人向けに注意を促す海外安全情報を発表。安倍晋三首相は国会で、北朝鮮がサリンを弾頭に装着して攻撃できる可能性に言及した。 朝日新聞社



★ 詳しくはここをクリック・・・http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou2.pdf

http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalert.html

とんでもないことが起こるかもしれない、戦前のように防空壕もありません・・・。
あれほど強く言ってきた三宅博先生・・・だから私は強く支持してきた・・・組織もない、その命がけの実践も報道されない中で。

また祖国を護った英霊の方々にありもしない罪をかぶせて「日韓合意」にもっていった安倍さん、
まだ国民に何も知らせていない、ネットでも徹底しない。これって「国家」なのでしょうか。

暴力と力が支配する世界になりつつある。有事の際の国民はどう動いていいのか・・・心無い一部の政治家の「保身」「スキャンダル」が相次いだ。

国民は何の心構えもできていない。(突然、地上から消えるかもしれないということについて・・・もっと生きてもっとやりたいことがあるのに)
しかし一致して日本のことを考えなければならない。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮、中国に「核実験」を... | トップ | 【3億8千万円強奪事件】多額... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ベッラさまへ (国士無双)
2017-04-22 02:42:52
>国民は何の心構えもできていない。

それは国民の方々に少し酷ではありませんか?被爆国の日本国は反戦の心無くして平和を維持出来なかったことも事実ですし、戦後70年、多くの日本人は絶え間ない努力で今日の日本を支えて来ました。この70年間に敗戦国とは言え、理不尽な要求や困難に耐え忍びながら苦痛を経験し、今に至ります。
確かに現在も日本国は危機に直面しておりますが今も多くの国民は危機感を抱きながらも様々な可能性を模索しながら生きているんではないでしょうか。本当に国民が何の心構が無いと思えません。先人の築いた礎は今の日本国を支えていると信じています。日本人に心構があるからこそ日本の自衛隊があれほど世界に認められることはなかったと私は思えます。

ベッラさまはもう少し日本国民を信じてみてはいかがでしょうか。

長々と説教のようなコメントで大変申し訳ありません。
そのことについて (国士無双さまへ)
2017-04-22 02:59:01
国士無双さまは私の言葉を誤解されています。
「何の心構えもできていない」というのはそういう意味ではないのです。
いきなり地上から消えるかもしれないという恐怖感、
それを書いたのですが、私の言葉足らずかもしれません。ご不快な気分にさせて申し訳ありません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。