ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

【討論】皇室攻撃報道と女性宮家策動

2017年06月18日 | 政治

皇室攻撃報道と女性宮家策動

パネリスト:
 加瀬英明(外交評論家)
 小堀桂一郎(東京大学名誉教授)
 斎藤吉久(宗教ジャーナリスト)
 長尾たかし(衆議院議員)
 水間政憲(近現代史研究家・ジャーナリスト)
 八木秀次(麗澤大学教授・一般財団法人 日本教育再生機構理事長)
司会:水島総

【討論】皇室攻撃報道と女性宮家策動[桜H29/6/17]


★ パネリストの選び方だけれど、もっと適任がいるのではないかとメンバーを見て思った。
(もちろん全員ではない)

長いので少しずつ聴きたいと思います。







『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【クライン孝子氏】難民の実... | トップ |  上西小百合の公設秘書がテロ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (rimrom789)
2017-06-18 14:21:06
ベッラ様
取り急ぎお知らせを。
オペラ『タンホイザー』は今夜9時~
教育テレビです。
皇室の直系が繋ぐ物とは。 (katachi)
2017-06-18 15:47:55
やはり再三述べている三種の神器と櫃(神輿・アーク)しかないでしょう。
それには男系のレビ族で無ければ、取り扱いが出来ない。
天皇は、レビの直系中の直系ですから。
旧約に記載されているアークがパリサイ人に盗まれたとき、パリサイ人の偶像崇拝であるゴダンの像が、一晩で悉く倒れたと言う故事がある。
それでアークをユダヤ人に返す事に成りウザと言う青年が牛に載せて戻す途中、牛がよろけて櫃(アーク)が落ちそうになったので咄嗟に手で押さえたとたんに雷光の様な物に打たれて死亡する。
その故事にちなんでか大分県の宇佐八幡神宮(ウザ=ウサ)が有り和気清麻呂がご神託を受けた処でもあります。
東大寺大仏開眼式があるまで宇佐八幡にアーク・櫃は、鎮座して居ました。
その後行方知らずですが、恐らく京の皇居に安置され、余り物騒なので皇室の斎女を伴って放浪する。
一時留まったところは、元伊勢として転々とし最後に今の伊勢神宮に落ち着く。
宇佐神宮も宇佐に落ち着くまで転々とし元宇佐が、存在する。
まるでアークに意志が、有るかのごときです。
叉、このようにじっとして居れない櫃で有ります。
20年の式年遷宮は、旧約聖書にある様に、ダビデが、アークを家臣の家に預けて20年が経ったと言う事で宮殿に運び込む故事がある。
それが20年の根拠ではなかろうか。
桜では、コメの保存が20年でコメが貨幣の代わりをしたと有り遷宮の賄に使われたと有るが、説としては弱い感じがした。
過去にしっかりとした実体験に基づいたものが有っただと思います。
その時ダビデは、裸踊りをして笛・ドラを鳴らしなが宮殿に運び込む。
これが日本の神輿を担で祭をする原点です。
三社祭などイメージピッタリです。
全国の神社神輿は、九州の年毛(としも)神社で大量にレプリカが、作られ分配されたそうです。
恐らく年毛神社も元宇佐でしょう。
それに神社名は、忘れましたが、やはり九州ですが、幕屋の絵馬も有るそうです。
幕屋と言えば、アークを安置したユダヤの移動神殿です。
皇室が、血統にうるさいのは、この様な事が有ったからではないでしょうか。
色々本も読みましたが、私にとってこれが最も納得いくストーリーです。

番組を予約しました。 (rimrom789さまへ)
2017-06-18 17:02:49
見た後で感想を書いてみたいと思います。
「タンホイザー」序曲大好きです。
また歌曲「ヴェーゼンドンク~」も歌ったことがあります。
このブログにもかつて二ルソンやフラグスタート、クレスパンその他でUPしていました。
お知らせを感謝します。
ただヴァーグナーを歌う歌手が最近は少し軽めの声の人が多い、というのは本来のドラマティックな声の歌い手が少なくなったのでしょうね。
三種の神器は無事なのでしょうか。 (katachiさまへ)
2017-06-18 17:12:39
皇室は「三種の神器」で継承、血が正統でない場合も出てくるので・・・という意見を女性の学者のサイトで読んだことがあります。http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/1b5d8404d0dd4e5c23148e623f75e20e
皇室問題はそのまま日本の政治の問題でもあると思います。また〇○王子などというフリーターの「日本語より英語が得意」などという「国籍不明」のような男が内親王の夫になるなんて許せない気持ちです。

婚姻は欧州その他古い歴史をもつ国では「外交」のひとつでもあり、王室は混血が普通です。

しかし日本は違う、血の系統です。
これも異国の血がなにげなく入るようになると、例えば愛子内親王を皇太子に、という論ではそうなっていくように思えるのです。

神社の継続も心配です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。