ベッラのブログ    Bella Cantabile  ♪ ♫

世界に誇る国士議員が集う『次世代の党』を熱く支持!!
日本を愛し生涯音楽に生きる声楽家ベッラのブログ。

Tito Schipa - La Cumparsita (1930)ティト・スキーパの歌う「ラ・クンパルシータ」

2011年02月28日 | 歌曲
Tito Schipa - La Cumparsita (1930)


ティト・スキーパは戦前、イタリアの名テノールとして世界を魅了した。
何と美しい声だろう、この歌を聴いたのは、「あらえびす」(別名、野村胡堂・・・銭形平次の作者)の編集したレコードをLPで再発売した全集を買った時、私は20歳だった。

「あらえびす」というのは新聞記者で音楽評論家の名前だった。
本職の音楽評論家ではなかなか食べていけず、内職?として「銭形平次」という小説を書き、これが当って映画に舞台に上演され、ほとんどこれでお金持ちになり、その儲けたお金でクラシックの演奏会へ連日通い、レコードを集め、評論を書いていた人。

この「あらえびす」の評論集は文庫本で上下2巻で出ていたが、なかなかの名文だった。
「あらえびす」の集めたレコードから特にすぐれた演奏、ピアノのシュナーベル、コルトー、ヴァイオリンのティボー、クライスラー、チェロのカザルス、指揮のフルトヴェングラー、トスカニーニ、オペラのカルーソ、シャリアピン、ガリ・クルチ、ダル・モンテ、歌曲のエレナ・ゲルハルト、ロッテ・レーマン、などなどそうそうたる顔ぶれだった。

その中でティト・スキーパの名前を見つけた。
この名テノールは私が小学生の時、書店で立ち読みした時、当時の五十嵐喜芳さんが、スキーパのことを書いた文を思い出したのだった。

そして、彼が歌っているのはオペラのアリア以外にタンゴがあった。
「ラ・クンパルシータ」、これをイタリア語で歌っていたのだ。
上品なタンゴで魅力的な歌だった。
美の極致だと感動した。

そしてこのスキーパこそ、Ken様のヨーロッパでの恩師の恩師、つまりKen様は孫弟子にあたる。
ベルカントの美しさ、明るさ、そして言葉の美しさを存分に味わえる名唱である。
 
ジャンル:
音楽
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« やはり中国も・・・デモを封じ込... | トップ | この動画、面白いですが・・・恐... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。