ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

西村幸祐・三浦小太郎氏~「左翼政党」を「リベラル」と報道するマスコミ。その他調子に乗る国内有名評論家

2017年10月10日 | 政治

<特番>ウィークエンド西村「『「希望の党』は自民の補完勢力ではない」①西村幸祐 AJER2017.10.6(7)


走り書き

ゲストに三浦小太郎氏、

メディアの混乱、非常に大きな間違いを起こすのではないか?
「希望の党は自民の補完勢力ではない」というタイトルで話す。
もうひとつは枝野氏の「立憲民主党」はリベラル政党である、ということ。
ここで扱われてる「リベラル」という言葉を報道機関が使う時はもっと気をつけるべきである。

今度の総選挙は「もり・かけ」報道である、と市民団体が言うが・・・その「市民団体」という言葉、
以前は「左翼団体」となっていたのが今は「市民団体」と言い換えている。
大阪府知事の松井氏が「枝野新党は第二民主党」である、と説明しているがこれが正しい。

もし「リベラリズム」が自由・個人の尊厳・政治的にかかわらない自由であるとすると、
今の「立憲民主党」「共産党」はこれには当たらない。
単なる左翼で生きて来た人たちのことを「リベラル」という言葉の誤用があり、メディアにはきちんとした言葉を知らない。

例えば北朝鮮、中国共産党に抗議をしてきたのが「立憲民主党」などにいるのか?
むしろそれらを応援してきたのではないか?
それをメディアが「リベラル」と語るのはおかしい。

また「希望の党」を自民党の補完勢力というのも間違い。
新しい対立軸である。
「古い自民党」が本当に解体されるときがきている。
これが戦後レジームで、これを潰さないためにメディアは間違った報道をやめてほしい。
「自民党も解体していく序章になる」かもしれない。

小池百合子氏に対して報道・評論家個人の思いから距離を置いて、日本の政治から何が起こるかを見てほしい。
自民から出ようが希望から出ようが、維新から出ようが関係ない。
まさに日本を語るべきで、今そういう枠組みになっていてもいつ崩れるかわからない。
この選挙を狙っていたのは「野党連合」だった。
それをイッキに潰したのは「希望の党」の小池さんであり、素晴らしいことだ。
明治維新前後もいろんなうらぎりもあり血も流れた。

今は近い目標は「憲法の改正」である。憲法9条ではいろんな案があるが、「自衛隊を明記して軍隊とする」としなければならない。もう遅いくらいだ。もはや現行憲法ではやっていけないことは確かである。
安倍さんはなぜ最初に「憲法問題」を国民に訴えなかったのか、
それと同時に「尖閣」で今なにが起きているか、
上空では航空自衛隊の戦闘機が中国共産党の戦闘機に「攻撃された」ロックオンされたこと、これらをなぜ国民にちゃんと訴えないのか?

安倍首相は国連では語ったがなぜ日本国内ではそれを語らなかったのか?
安倍首相は「戦争を望んでいる」ということまで言われている。

むしろ外国の報道のほうがよくわかる。
今回の解散は「憲法」であると広く伝わっている。

今回の選挙でさらに日本が強く出ることができることが、アジアを励ますことになる。
2020年のオリンピックは、憲法改正とアジアの民主化をすすめるということ、
安倍政権の5年間はリベラルだった。財政出動は基本的にリベラルである。

今回の選挙は大切な選挙なので感情的にならずに日本のためになることを考えること。
大手のメディアは世界の状況からすると「敵」になっている。
今回の選挙は「偽リベラル消滅選挙」となるようにすることだ。(以上、走り書き)


★ (私の感想)
イッキに前半・後半ともひとつにまとめた動画で、いつもは後半は有料動画の為に会員以外は見ることができないが、今回は特別。

聴きごたえのあるお話だった。

実は今回の選挙前から、櫻井よしこ・有本香・青山繁晴、その他テレビに出演している有名評論家等のyoutubeにはもしかしたら悪意があるのではないか、と思えるほどの内容だった。こうすることがかえって「自民党」の真の応援になっていないことです。
(また櫻井・有本氏らは「発声」もよくない。陰湿な声だ)

それらのyoutubeのタイトルだけを見てもウンザリだった。
そしてそれらの評論家(特に女性評論家」はお定まりのお抱え政治家の応援にも行っていた今までのことを思うと、信用などできなくなる。

公平な立場で話をしてこそ「評論家」なのだが・・・今回の西村幸祐氏のお話は聴いていて納得することが多い。

★★ 残念なことだが保守の中でお互いに相手をののしるツイートが多い。
もうこれでは気分が悪いだけではなく、「偽リベラル」に勢いを与えることになってしまう。

櫻井よしこさん、動画の中で「小池さんの英語わからない、アウフヘーベンなんて」と仰っていますが、言葉の響きからでもこれはドイツ語ということに気が付きませんか?
「弁証法」のなかの言葉aufhebenなのですが。

反日左翼でもここまで叩かれていません。youtuebeを見ると「小池バッシング一色」です。
多分、小池さんもクタクタだと思いますよ。
でも安倍さんが「解散」と決めた時、わずかな数の「ファースト」の国会版ですが、風前の灯でした。
小池さんはバッシング覚悟で出てきたと考えられます。そしてこれらに言い返していない。
もともとバッシングを受けることも想定内でしょう。

そして小池さんが無理を承知で出てこなければ「ファースト」という国会にデビューする政党は潰れていたはずです。
安倍さんは「解散」するときは他の党が何もできない時を狙って決意したのです。「これなら勝てる」と。
まだできてホヤホヤの党などひとたまりもないでしょう。「民進党」も無事だったでしょう。ここまで笑われることもなく。

しかし、自民党にも脛に傷があります。
法的には問題ないといわれていますが、政治は「国民の心証」こそが大切なのです。
「もり・かけ」のこと、これは70パーセント以上の人が納得していない、また安倍昭恵さんのあらゆるところで「名誉職」を受けているところ、居酒屋経営しているところ、など総理夫人としてあるまじきことと思っている人が大勢いますし、総理は国会で「犯罪者扱いした!」とキレるところ、これが「傲慢」と見られているのでしょう。
多くの国民は嫌なおもいをしてます。これは真実です。「国民の心証」というものの大切さを総理のおかあさまが仰っていたでしょう?

私は櫻井・有本の両女史の「嘲笑・バッシング」よりも日本のためにどうすればよいかを大局に立ってお話になるなら、ぜひ耳を傾けたいと思います。勿論テレビでおなじみの有名男性評論家にも。

(・・・ところでこの動画で「反安倍」ではなく「反日本」にして話してほしい。安倍さん個人の信者ではないので)

最大野党が『立憲民主党』になってもいいのですか?



そして自民党内の「反日議員」ですが、かなりいるのです。これは大丈夫でしょうか?
「踏み絵」もしていない・・・「希望の党」ではたえずウロウロしおののき笑いものだった「反日」たち、
しかし「自民党内の親中韓」の議員はどうでしょう。

自民党の閣僚について、今のところ河野外務大臣・小野寺防衛大臣は必要であり、これは「希望の党」その他には見当たらないのです。ですから自民党を潰せとは言っていません。
自民党は今までの驕りをただすことです。「国益」に反する議員、犯罪などに手を染めた議員など一掃すべきなのです。

そして「北朝鮮」の動きが気になり恐ろしい。
パチンコ企業などを助けて北朝鮮に実質的な援助をした議員など国会にいてはならないのです。



ブログのティールーム



日本が誇る世界的な女流ピアニスト、内田光子氏が弾くシューマン「ピアノ協奏曲」
オーケストラはベルリンフィル、指揮はラトル。

Schumann: Piano Concerto / Uchida · Rattle · Berliner Philharmoniker



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 応援演説って必要? さまざ... | トップ | 尖閣事件当時を思う、その他... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ベッラさんお久しぶりです (Mr.T)
2017-10-11 15:00:53
----------------------------------
『北朝鮮先制攻撃はなくなった?①』加藤清隆AJER2017.9.22(1)
https://www.youtube.com/watch?v=6ncOxA2mCu4
いわんかな#4-1【この衆院選は国防のための保守再編選挙】
https://www.youtube.com/watch?v=vT91VGyxHzg
米軍は北朝鮮を攻撃できない
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8617.php
----------------------------------

アメリカが北朝鮮を見る時には単独で見る事はなく
必ず中国とロシアを念頭に置いていると言われます

これは地政学的にですが
上述の情報資料の中では
ロシアが完全に抜けてます

林原の動画の説明欄にある「今回の目次的なもの」
ここに書かれてある事等については殆ど的外れかと

直近の実績といたしましては...
1.10月の解散・総選挙はアベ降ろし
2.8~9月に米軍事OP(オプション)行使
この二つの「見立て」は見事にハズレでした

唯一この10月22日に日本の体制が決まる事は
もの凄く大きな意味がある!と小生も思います

安倍さんはトランプとファースト・ネームで呼び合う仲になった
これがフロリダ州パームビーチのゴルフ報道の重要な点で
小池百合子名義で希望の党の商標出願を出した日付が
安倍・トランプのゴルフから約10日後の事でありました

鍵:分割統治・分断統治
(所謂「Divide and Rule」)

なぜ選挙が水物と言われるのか?は
基礎票だけでなく情報によるからです
(フランス革命も情報の影響大でしょう)

シナ中共最強の軍は瀋陽軍区であり
北と一体化したエリアのカリスマが
カリアゲ・デブなんで中央北京が
内乱を覚悟して北を攻めると
これは滑稽でありますね

弱い方が強い方を攻める危険がある?
北朝鮮の防空システムもロシア製です
(昨今はトルコやサウジアラビアも導入)

中国が北に軍事侵攻するメリットは何か?と
これを考えればあり得ないと普通は思います
(何の得にもならない事を何故するのか?と)

カリアゲ・デブは10日に何もしなかった
にも関わらず米軍はB1Bを使い挑発も
米海軍と米空軍は国防予算の問題から
戦争が出来るような状況にはありません

北朝鮮を中心にしてロシアが主導する形で進む
「東方経済フォーラム」の構想に沿って中露は動く
よって米朝開戦は起きない方向(線)で考えています
https://jp.sputniknews.com/politics/201709074060590/
(※今この世界は基本「ビジネス」の原理で動いていると)

おフランスはイランの石油利権を
中国と一緒になって頂く模様で
サウジはアメリカを裏切って
(ロシア製の兵器購入から知り)
カタール問題と同じ方向ですよね

JFK暗殺事件の首謀団と見られる「国際金融資本&軍産複合体」
いわゆるディープ・ステート(陰の政府)の世界戦略にとっては
露プーチンと米トランプの両大統領がアライアンスを組めば
ほとんど絶望的な状況に追い込まれると見聞きするので
中東の覇者となったプーチンによって極東アジアでも今
ロシア最高勲章を持つ習近平と軍事同盟関係にある
北の若き最高指導者の金正恩により野望が野心が
打ち砕かれつつあると言う話しは大変残念な事に
まだ日本では陰謀論と見なされて終了ですよね

日本のデモクラシー(民主制)は田中角栄の事件により
キッシンジャーの陰謀(謀略)で途絶えたんですよね?
(当のご本人がインタビューにて断言しているとか)

我が国祖国日本の問題の本質は官僚機構が政治家から離れて
米戦争屋ネオコンへの隷属を角栄事件後に強めた事にもあると
(「米軍&官僚」による二重支配構造の問題が深刻になった事)

小泉進次郎の言動からも解るように
維新の会・都民ファーストの会などが
元々は自民党であった事を踏まえて
(安倍自民単独過半数で圧勝後?)
自民の地方組織再生が課題ですね

【世論調査】衆議院選は与党優勢に!自民31.2%
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-18575.html
希望4.8%、立憲民主4.4%、共産2.7%


追伸:

(H29.09.25)政治資金規正法に基づく政治団体の届出
http://www.soumu.go.jp/main_content/000509359.pdf
〒171-0022東京都豊島区南池袋2-12-8岡芹ビル5階
TEL:03-5928-0881
FAX:03-5928-0882
若狭勝の公式サイトにある
掲載されている住所と同記

政党(支部)の名称が自由民主党東京都第十選挙区支部では
所在地が東京都豊島区南池袋2-12-8岡芹ビル5階となっており
事務所代表者氏名は小池百合子で会計責任者氏名・水田昌宏

【ワテのコラム】小池百合子さんの
https://www.wareko.jp/blog/post-17341
政治資金疑惑報道【ワテは想定済】

どうしても米国や中国を一枚岩として見なしてしまい
共産主義と国際主義に新保守主義と新自由主義など
これらがフランクフルト学派ベースのリベラルの思想で
いわゆる左翼つまり破壊思想としての西洋思想が実は
大本がユダヤ思想であると言うのは理解し難い話しです
参考:https://www.youtube.com/watch?v=wwnQQG7tmco
河野太郎が、変わったね。 (katachi)
2017-10-11 18:29:08
180度親と大違いだ。
一頃は、親の側に立ったリベラル発言で太郎のブログが炎上したことがあったが。
私も抗議した一人だったが、直ぐ見るに堪えないとか言ってブログを閉鎖した。
それが、今では打って変わって保守バリバリの発言力。
リベラルは、まやかしだと気づいたのかな?
外交も上手くいっているようで韓のあしらいは、見ていて小気味良い。
変節せずに此の儘行ってもらいたい。
小野寺氏の動きも自衛隊に受けが良いのではないか。
3・11の被災者の立場で自衛隊に救助してもらった事が、相互に信頼関係にある様に思う。
自民は、そう言った意味で保守のらしい言動・姿を見せ始めたように思う。
環境の変化で、リアルに危機感を持って行動している姿は、信頼に足る様に思う。
それに比べ野党の呉越同舟振りは、敗戦まっしぐらな感じです。
生産性の無い違法なパチンコ業界もクロージングされているようで何よりです。
安倍も含めアメリカが言わないと手を付けなかったのかな。
兎に角、
反日帰化鮮人や反日日本人は、思い切り落選して世の中の立て直しをして欲しいものである。


多くのリンク・・・でも知っていました。 (Mr.Tさまへ)
2017-10-11 23:33:11
以前もコメントされた時、たしかこのサイトをご紹介なさいましたね。http://ab5730.blog.fc2.com/
しかし私は私の考えがありますので、とお答えしました。
私はブログを書く時間がやっとなので十分にお答えできないことが多いので落胆なさるかと思います。
私は今どこにも所属しておりませんが、政治の欺瞞を(当然ながら)感じています。
一番上のリンクは既に私がブログにとりあげており、また馬渕氏の意見はもうひとつ納得できない、世の評論家はそれぞれご意見をお持ちと思うのですが。
安倍一強にはよい試練となったことでしょう。 (katachiさまへ)
2017-10-11 23:40:33
安倍さんの傲慢な国会答弁は保守でもカチンとくるようでしたが、最近、良い薬になったと思います。
しかしこれで一切が「白紙委任」と勘違いされてはたまらないと思うのです。
小池さんバッシングされていますが、私は彼女が出てきて
強引であったけれど、ある意味で必要だったと思います。
それよりも国内評論家の偏狭なバッシングの勢ぞろい、
たったひとりの女性にですよ。
それがまた安倍甘やかしになるかも知れないと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事