ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

北朝鮮のミサイルはやはり日本の防空識別圏内だった。

2017年05月16日 | 政治

★ やっぱり日本の防空識別圏内だったのですね・・・。
最初のエントリに書き加えています。


北ミサイル 落下地点は奥尻島から約450キロ、日本の防空識別圏内
産経新聞 5/16(火) 10:18配信

 稲田朋美防衛相は16日午前の記者会見で、北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルについて、落下地点が北海道の奥尻島から約450キロの日本海上で、日本の防空識別圏(ADIZ)内だったと明らかにした。

 稲田氏は、北朝鮮が発表した画像を分析した結果として、4月15日の軍事パレードに登場した弾道ミサイルと形状が似ていると指摘。噴射された炎が直線状であることから「液体燃料の可能性がある」と述べた。

最終更新:5/16(火) 12:11 産経新聞

★ 下記の報道はもう「迎撃」では無理ということか。しかもアメリカも動かないだろう。
中西輝政氏が言っていたように「アメリカは日本の背後から支援する」とトランプ氏は安倍さんに言っていたのだ。


日本の迎撃システムでは、高度2,000kmを超えるミサイルは届かない可能性

フジテレビ・能勢伸之解説委員は「弾道ミサイルが最も速度が遅くなる頂点近辺での迎撃というのを、まず狙うということになっているんですね。そこに到達できなければ、かなり迎撃が難しくなります。」

(今、持ち合わせている日本の迎撃システムでは、今回のミサイルの対応は難しい?)
「難しいというよりも、迎撃の可能性については、未知数になりかねない」と話した。

これまで想定されていた迎撃システムでは、高度2,000kmを超えるミサイルは届かない可能性があるという。
新たな脅威に日本は、どう対応していく必要があるのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00010003-houdouk-kr&p=2


★ 気分転換・・・かわいい子犬

浅田真央 : エアロ (200609)


★ 漢学者の石井望先生が英語でツイートをされています。
お知り合いの外国の方がいらっしゃったらツイートやサイトのご紹介をお願いします。


THE EARLIEST JAPANESE LANDING ON THE SENKAKU ISLANDS?
A member of the Ryukyu royal family landed on the Senkakus in 1819, says Professor Ishiwi Nozomu
http://senkaku.blog.jp/senkakus_1819.html

http://senkaku.blog.jp/1819_senkakus.html

石井望先生のツイッター  
https://twitter.com/ishiwinozomu?cn=cmV0d2VldA%3D%3D&refsrc=email


ブログのティールーム



マリオ・デル・モナコが歌うポンキエッリ作曲「ジョコンダ」~空と海
1957年の貴重な録音です。(マエストロ42歳の時の歌唱)

Mario del Monaco Sings The Best version of Cielo e' Mar. La Gioconda 1957.


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慢心勘違い総理か?「四天王... | トップ | 馬渕睦夫「一帯一路の大風呂... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。