ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

蓮舫が民進党代表に決定だって・・・これは「二重国籍が明確にされる前に投票は済んでいる」

2016年09月14日 | 政治
  
★ 「民進党」、蓮舫氏が党代表になった。

<民進党>新代表に蓮舫氏 1回目投票で決定毎日新聞 9月15日(木)14時34分配信

 民進党代表選が15日投開票され、蓮舫代表代行(48)が503ポイントと1回目の投票で、過半数を獲得し、新代表に選出された。
女性の代表就任は初めて。前原誠司元外相(54)は230ポイント、玉木雄一郎国対副委員長(47)は116ポイントだった。


児玉克哉氏によると・・・
| 2016/09/14 16:46
社会貢献推進国際機構・理事長

民進党代表選の地方票は9月12日に必着とされ13日着までがカウントされる。ほとんどの票は先週末までに投函されたと考えられる。
松原氏の指摘のように蓮舫氏の二重国籍が明確にされる前に投票は済んでいる。
第一回投票で蓮舫氏が過半数を占めると後味が悪い状態での船出となる。代表選のやり直しは現実的ではない。
目安は国会議員・候補者票が過半数を超えるかどうかだ。それが過半数を下回っていたら蓮舫氏は辞退するということも選択肢に入れるべきだ。
蓮舫民進党の船出は多難だ。ますます重要となる中国との対応や外国人受け入れ問題などで民進党の主張は歪曲して受け取られるリスクがある。
蓮舫氏の高い知名度・人気を背景に党の再生を目論んだが戦略の見直しが求められる。代表選の討論会で党の方向が議論されたとは言い難く、曖昧だ。
民主党が政権を失った時「解党的出直し」という言葉が多く使われた。今一度解党的出直しをする時かも知れない。

★ 下記のyoutube2つをup・・・もう蓮舫氏に決まってしまったが。

【百田尚樹×杉田水脈】嘘つき蓮舫問題と民進党の異常な国籍意識 2016年9月13日



【上島嘉郎×有本香】蓮舫問題の本質と国家意識持たぬ異常な民進党 2016年9月13日



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮5回目核実験 北朝鮮の... | トップ | 【クライン孝子氏】築地市場... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これが日本国憲法の心髄。 (katachi)
2016-09-15 16:47:26
国家意識の無い人間が生まれる素地を持った憲法である。
アメリカGHQ(ユダヤ人で90%構成)が、今の日本を想定して都合のいい文章を引っ張ってきてパッチワークしただけだ。
そんな憲法を持っているから根底からぐらつくような政党が出てくる事に成る。
しかもその構成員は、在日帰化である。
その意味で移民の焼き直し的なものである。
アメリカは、移民の国だが、一応国としての体面を持っている。
現在は、それも怪しくなっているが。
アメリカ国内で独立国が出来そうな空気である。
ユナイッテド ステイト  50の国が合衆国となっているから分裂する可能性は、有る。
それぞれ州兵もいるし。
それに人種差別も根底にある。
そのように色んな条文を入れ込んだのが、日本国憲法である。
今やっと本来の日本国憲法の意味が、表面化したに過ぎない。
憲法改正し日本人に相応しいものに変えなければいけない。
最も世界で古い国家が、240年足らずのアメリカに憲法をゆだねるとは、歴代の首相は、どこかで断ち切ることをすれば良かったが経済だけに溺れてしまった。
バランスに欠けた日本になっている。


終わりの始まり (さらりん)
2016-09-15 19:59:30
ベッラさま こんばんは。

「父を信じていたので…」
「記憶違いのまま説明してしまった」
こんな子供騙しの言い訳で論点をすり替える。。。
この人らしいと思いました。

二つの国籍を持つ立場にないので、
その本当の心情を知るよしはありませんが、
その立場にある知人は
自分は根なし草だと感じると話していたことがありました。
自分の国籍が二つあることを知ったとき、
副次的な問題であるにせよ『国籍』という物の前に、
人は自分のアイデンティティを考えざるを得ないものでしょう。

ましてや政治家を目指すとき、
両親や親族というバンクグランド、
台湾と日本の関係…
そういう複雑なものが自分にはあるのだから、
よりクリアにすべき問題であると考えるのが普通だと思います。
敢えてそうしてきたのだと勘繰りたくもなりますが、
政治家としての資質の根本的な問題であると思いました。

こんな人が日本人だだとか日本を愛しているだとか、
歯の浮くような台詞を吐くのですから、
詭弁以外の何物でもないと思います。

台湾籍を抜いたからお終いとあんなに簡単に言えるなんて、
反対側から見たら台湾への思いや温情が全く感じられず、
この人は本物の『根なし草』だと感じます。

この政党はどうも怪しい怪しいと言われ続けてきましたが、
このレンホウという代表が登場して、
『中共民進党』ということが白日の下に晒されたということでしょうか。

民進党の姿が明らかになり、
これは民進党の終りの始まりとなるように思います。
(動画、後ほどゆっくりと拝見いたします)
始まりの終り (Hope)
2016-09-16 14:09:53
蓮舫を代表に選んだ事で民進党の全体が白日の下に晒された、シナ傀儡党としての全貌が、
国会対策の名の下になりを潜めた自民党、国籍の重要性よりもそちらに重きを置く短絡、獅子身中の虫が迎合する ?

将来、自衛隊を指揮する総理大臣に手が届こうかという野党第一党の代表選び、政治家の危機感のなさはどうした事か?
終りの始まりと同時に始まりの終り、この党は完璧に潰さなければならない、堂々と日本に弓引く外道の集まり、許してなるものか。
またニュースは歌舞伎役者のスキャンダルを長々と (Katachiさまへ)
2016-09-16 14:53:15
マスコミは選挙後の報道をあまりしていないように思えます。テレビをあまり見ていないせいかもと思って
テレビをつけましたが、歌舞伎役者のスキャンダルで
長々とでした。
先日までは有名女優の息子のスキャンダルでウンザリでしたが、こんなニュースを日本国民は女性週刊誌のレヴェルで楽しく視聴しているのでしょうか。

今回の蓮舫の事件は決してスルーできない、
これから後のことが大切です。
民政党でこれが認められたというのは、売国党だからです。
しかし国民は今もうひとつ力がない。
民主党政権の時から力を出し尽くした感がします。
これがから安倍さんでないと、というのもまた別の面で困ります。安倍さんをコントロールできる力が自民党内にはなく、二階氏が跋扈しています。
なんだか疲れてきた、糠に釘、暖簾に腕押し・・・。
明日は「尖閣」の歴史を研究している学者の講演を
聴きにいきます。

ところでチャイナは「尖閣」のことで、「そのころはアメリカという国はなかった」と言われて黙ったということです。それなら日本はもっと言えるのです。
チャイナの王朝・民族の対立や入れ替わりは日本にはない、しかし皇室も「お言葉」でワンセットとして「女性天皇」が「女系」の思惑を持ってすすめられてる、
それが二階氏の言葉となっている、恐ろしい。
「よりクリアにすべき」同感です。 (さらりんさまへ)
2016-09-16 15:00:07
さらりんさまのご意見はいつも素晴らしくそのものズバリと感嘆しっています。
そうです、疑われないようにそういう問題はきちっとしなければならないのに、日本を「この程度で通るんだ」と
なめてかかっている、これしきの蓮舫氏に多くの票が
集まるというおかしな日本、
二重国籍のことは「これで済んだ」と思っているのでしょうか。
民主党政権の時の蓮舫は酷くてあまりにもひどかった。
こんなスパイのような議員はこのことで追い込んでいかなくてはならないと思います。
しかし、国会は物言う議員がほとんどいない。
「利権」「保身」と結びつき、日本人のスケールは
縮小気味です。

明日は石井先生の講演を聴きに行きます。
またそれをエントリしようと思っています。
日本国民がことの重大さを知らない (Hopeさまへ)
2016-09-16 15:19:39
日本国民は「与えられた」ものしか知らない、
マスコミに「与えられた」ものです。
タレントのスキャンダルの報道に、何かを知らせない
為のものと感じていない、感覚が鈍化している、させられている、そして保守といわれる「老舗政治家」の○○通信など、天皇陛下・乃木将軍・楠正成・特攻で、「死」を
ヴァーグナーの楽劇のごとく、しかしヴァーグナー自身は
それは「創作上」のこと、それをその御仁はホシュの
旗を高々と揚げているような思い上がり、
「誠心誠意」の真の政治家を責めるその様子は
見るに見かねていました。
ホシュも見分ける目がない。
真田幸村の「恩義を忘れ私欲を貪り人間と言えるか」という取り巻きを制止どころか・・・。
「私欲を貪り」というならあの弁護士貸出事件は何なんだ、と怒りに震える私です。

なんのことかわからないようなコメントで申しわけありません。

安倍さんを保守が甘やかしているなら、同じように
その「ホシュの老舗」を甘やかしている。
そして命がけの真正保守を貶める「ホシュの阿Q]
・・・蓮舫の真の姿がまだわからず、国防を考えない
多くの人たち、右も左もそれぞれ問題です。

「堂々と日本に弓引く」のはあまりにも多すぎます。
盾となる政治家は誰にも騙されず、大げさではなく
真摯に憂国の思いです。
いづれエントリしょうかと思っていますが、
書くのに難しい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。