日伊文化交流協会

イタリアに関する色々なこと(旅行、料理、語学、本、映画など)を書いています。ブログをお持ちでない方のコメントも大歓迎!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『シチリア・シチリア』

2010年12月06日 16時13分44秒 | おすすめの映画
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村   

      クリックよろしく


今年最後(たぶん)の公開となるイタリア映画のご紹介です。

公開前に書くか、公開してから書くかを悩みましたが、ブログで紹介することで、早めに情報を知っていただけるきっかけになるかと思ったので、アップすることにしました。


■映画:シチリア!シチリア!(原題/BAARI`A)
■監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
■音楽:エンニオ・モリコーネ
■出演:フランチェスコ・シャンナ/マルガレット・マデ/アンヘラ・モリーナ/リナ・サストリ/サルヴォ・フィカッラ/モニカ・ベルッチ他
■製作年:2009年/2時間31分



映画『シチリア!シチリア!』公式ホームページ

12月18日(土曜日)より以下の劇場で公開
【東京都】
 角川シネマ新宿/シネスイッチ銀座/シネマシティ/CINEMA・TWO

【神奈川県】
 チネチッタ

【愛知県】
 センチュリーシネマ

【大阪府】
 梅田ガーデンシネマ






_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


【あらすじ】パンフレットより抜粋

※ たぶんネタバレにはならないと思いますが、
  内容を知りたくない方は、上記記載の
  公開情報だけご覧下さい


1930年代、シチリアの田舎町で羊飼いの息子として生まれたペッピーノは、活気に溢れた少年時代を送っていた。家が貧しいために、まだ小学生のうちから牧場や農園へ出稼ぎに行かされたこともあったが、家族の絆は強く、兄弟達とともに逞しく育つ。
やがて時代は戦争へと突入、様々な体制の下で、大人たちが右往左往する様子を見ながら成長したペッピーノは、政治の世界に足を踏み入れることで、自らの正義を貫くことを決意する。また同時に、運命的な出会いともいえる一人の女性と激しい恋に落ち、困難を乗り越えながらも愛する人と新たな人生の一歩を踏み出す。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/






さて、観終わった瞬間に最初に感じた感想は、

「ふぇっ?????、またまた『イタリア映画=難解』ってイメージがついちゃうぅぅぅぅぅぅ~」

って感じでした。
実際すごく難しい映画でした。

この映画は、まさにシチリア出身のトルナトーレ監督の自伝的な映画で、出身地のバゲリーア(原題のBaariaはバゲリーアが訛ったもの)を舞台に、自らもCGIL(イタリア労働総同盟)の党員であった彼が、共産党から政治の世界へと傾倒していく主人公と重ね合わせていく様子が伺われます。
しかしながら、今でも、私がこの映画から受け取ったメッセージは監督が本当に伝えたかったことなのかそれとも私の思い込みなのかも判断がつきませんし、メターフォラ(隠喩)として取り上げられている、割れた卵や黒い蛇と言ったモチーフが何を伝えたかったのか未だによく解りません。
映画の最後まで、主人公に感情移入できなかったことも、冗長だと感じた要因の一つかもしれません。

もう一つは、シーンとシーンのつなぎがほとんど暗転で、ぶつ切りって感じなんです。
例えば、子供が走る、とにかく走る。その走る先には何があるのか・・・と観客の期待を煽っておいて、全然違うシーンになる。
戦争が始まり、自由に歌を歌ったりダンスをすることも出来ないほど、町は戦時下の緊張に晒され、ペッピーノとともに牛乳を売りに来ていた男が、軍人を小馬鹿にしたことでどこかに連れ去られるシーンがあったかと思うと、次は全く違うシーンになり、あの男は一体どうなったのかとか・・・

一つは私の知識不足も多く影響しています。

正直私は、社会主義と共産主義の明確な区別さえわかりませんし、また例えば、映画の中である食料品店がファシストたちから嫌がらせを受け、店を荒らされるシーンがあるんですが、あとで映画のパンフレットを読むと、それは、バゲリーア出身の詩人、イニャツィオ・ブッティッタが実際に体験した話を元に描かれているのだとのこと。

イタリア人がこの映画を観た場合、そういう、一つ一つのエピソードや、バックに流れる音楽、壁に張られたポスターなどによっていつの時代のどんな出来事なのかがわかるんだと思ういます。

つまり、私達が昭和をテーマにした映画やドラマを観たとき、そうそう、昔はこんなファッションが流行ってたのよとか、こんな車がカッコよかったとか、そういう風に思うのと同じで、その時代を直接知らない人であったとしても、イタリア人ならば郷愁として感じることがあると思うのですが、逆にそういう知識を持たない、私を含めた一般的な日本人が見た場合、社会的な出来事をが単なる断片的な挿話にしか感じられず、それが映画の随所に現れるので、どれが本筋なのかと混乱するのでしょう。

とにかく3代に渡る家族の歴史(約80年間を)映画にしているわけですから、仕方ないにせよ、一つ一つのシーンが消化不良でその意味を追いかけようとすると、どんどんわけが解らなくなってしまうんです。

だから、観終わった瞬間は、結局何が言いたかったのか? 主人公は何がしたかったのか?そういうこととが頭の中で整理できず、

なんじゃこりゃーーーー。


って思ってしまったざます。


でもね、実はこの映画を見てからもう一ヶ月以上にはなるんですけれど、フラッシュバックみたいに様々なシーンが思い出されるんですよ。
なんだろう、深層心理に働きかける映画っていうんでしょうか。

メーデーの集会に、共産党員たちが胸に黒いボタンを一つだけつけて無言で行進するシーンや、シロッコが吹きすさぶ灼熱の夏の昼下がり、家具を全部動かして、子供達と冷たい床に横たわるシーン、米軍の落下傘部隊が残したパラシュートの布を使って、子供達が揃いの真っ白の服を仕立ててもらうシーンなど、まるで一枚の美しい絵画のよう蘇ってくるのです。


映画の感想については、観た直後と、またしばらくたってからの印象が変わってくるものですよね。
観た直後は、頭で理解しようとする余り、情報の多さに悲鳴を上げてしまいましたが、上質な料理を食べた後にはいつまでもその味の記憶が蘇るように、幾度と無く、浮かび上がる美しいシーンの数々は、一つの記憶となり、心に静かに降り注ぎます。
とにかく、観てよかったと思える作品ですので、是非皆様にオススメしたいと思います。


あっ、でもね最後に苦言を一言・・・
キャストの中に、モニカ・ベルッチって書いてあるんですが、これがもーーーーーほんと、なんだろ、友情出演っていうのかーーー、それともお色気サービスショットかってな役。

モニカさん、あなたはトルナトーレの愛人ですか?

って思いましたよ。きっとトルナトーレにとっての、ディーバ(女神)って言うか、理想の女なんだろうけれど、よくまぁこんな役柄のこんな撮影に応じましたね。って感じです。

まっそれもオタノシミの一つですので、是非どんな役で登場するのか探してみてくださいね~。

12月18日土曜日より梅田ガーデンシネマで公開です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリアン『オステリア・ハダ』 | トップ | 何で出来ているでしょーーー... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
難解なのですね。。。 (さかな)
2010-12-08 16:37:50
フェッリーニやパゾリーニが好きな、うちの変なイタリア人夫などには、今回のトルナトーレはウケるかもです。
ニューシネマなどを見たさいには、鼻でフンっと笑って
泣くどころか、シラけて見ていた人ですので。。。。

私はモニカの寝転んでも、横に流れない、あの立派なオッパイが
羨ましくてなりません
Unknown (ぷー)
2010-12-09 07:20:41
こんにちは~♪
この映画は、「観に行こう観に行こう」としつこい夫をダマくらかして(!)結局観に行かなかった映画です。ついついこういうテーマは敬遠しがちな私です~。
イタリアって、キリスト教と相反する共産主義ってものが副テーマとして底辺に流れる映画が多く感じます。そのお陰で、取り敢えずな~んとなくですが、いろいろ見えてきましたけど(あ、私なりにです)。
嫌いではないですが、ココロして掛からなければ!と気負いがちになるので、中々こういう映画は気軽に観に行こうという気になれないのがホントのところでございます^^;
お返事(その1) (がっちゃん)
2010-12-09 16:50:56
☆さかなさまへ☆
絶対さかな様のダンナ様には超オススメな映画。
って言うかイタリア人じゃないと解らない映画じゃないかと。
たとえば私は、ナンニ・モレッティでは『息子の部屋』が一番好きなんですが(って言うか他はあんまり好きじゃない)でもイタリア人の間では、『息子の部屋』はわりと不評で『赤いシュート』とか『親愛なる日記』のほうがメッセージがちゃんと伝わってくるっていう意見を良く聞きます。
フェリーニに関しても同様ですねぇ~。

その意味では、このトルナトーレの作品はフェリーニに近い感じがします。
映画通のための映画って感じです。
是非ご覧になったらまた感想をお聞かせ下さいね。

モニカ・ベルッチのおっぱいに関しては同感です。
でも今回映画初出演のマルガレット・マデのスタイルもすごいですよーーー。
お返事(その2) (がっちゃん)
2010-12-09 17:00:30
☆ぷーさまへ☆
>この映画は、「観に行こう観に行こう」とし
>つこい夫をダマくらかして(!)結局観に行
>かなかった映画です。

ぷーさまなら絶対ダンナ様とともにご覧になっている映画だと思ってました。

>イタリアって、キリスト教と相反する共産主
>義ってものが副テーマとして底辺に流れる映
>画が多く感じます。そのお陰で、取り敢えず
>な~んとなくですが、いろいろ見えてきまし
>たけど(あ、私なりにです)。

やっぱり数を見なきゃダメですねぇーーー。
って言うかイタリア映画って何回か繰り返し見なくちゃ解らない話が多くないですか?
ハリウッド映画みたいに、

   チャンチャンバラバラ勝ちました。
   愛する人を救ってよかったねーーー。
   チューーー

みたいなのって殆どないし、まっそのほうが私の好みだけれど、下手にストーリーを追ってみちゃうと、

  『へっ?何それ?』

みたいなことになっちゃいます。
この映画もまた公開してから劇場に観にいくつもりです。
Unknown (との)
2010-12-10 05:05:33
はじめまして。とのです。
コメントをありがとうございました。

「ニュー・シネマ・パラダイス」と比べると
なんじゃこりゃ~!の部分が確かにあるかも^_^;

戦後(古いですね)のネオ・リアリスモの部分も
あったりして、懐かしさと新しさが混じった映画でした。

追伸 すいません。トラックバックのやり方がわか   らないのです
お返事(その3) (がっちゃん)
2010-12-10 13:57:26
☆とのさまへ☆
早々のご訪問ありがとうございました。
とのさまのような映画通の方には本当に見ごたえのある映画だったと思います。

私も別に退屈だったとかそういうわけではないのですが、最初の子供のシーンで躓いたと言うか、あれは誰?とか、下手に意味を考えすぎちゃって・・・。
次見るときは、たぶん登場人物が頭の中で整理できていますし、もっとシチリアの景色とか、子供たちの表情とか、そういうものを楽しみながら見たいと思います。
Unknown (faites-meilleur)
2010-12-12 21:40:52
コメント、TBありがとうございました♪

ワタシも、社会主義と共産主義の違い、
あまり分からないまま観ていました。

でも、最後の家族のシーンは結局伝えたかった
のは、コレか。と思いながら観ました。笑
ベルッチに気付かなかった・・ (渡辺周平)
2010-12-24 08:17:48
えーっモニカ・ベルッチが出ていたんですか?(って今ごろ何を言ってるんだ!)さっぱり気付きませんでした・・自分の注意力の無さに悄然。
それにしても長い映画でした。ラストの数分なかなか良かったんですが中盤はよく分からなくて正直だれてしまいました。
お返事(その4) (がっちゃん)
2010-12-25 16:44:18
☆faites-meilleurさまへ☆

>でも、最後の家族のシーンは結局伝えたかっ
>たのは、コレか。と思いながら観ました。笑

イタリアの家族愛の強さっていうのはもう『当たり前』って言うか『お約束』っていうか、それが南となれば余計なので、もしそれだけだとしたら余りにもフツーな気がして・・・
トルナトーレが暴漢に襲われて、怪我をしてから作った作品だってことですから、一瞬ぼけたのかも思いましたよ。(笑)
なんか単なる、子供の頃の思い出話って感じでしたね。
お返事(その5) (がっちゃん)
2010-12-25 16:50:25
☆渡辺さまへ☆
ブログへのコメントありがとうございます。
もし今後HNをお使いの場合は事前にメールでお知らせいただければ覚えますよ~

>えーっモニカ・ベルッチが出ていたんです
>か?(って今ごろ何を言ってるんだ!)さっ
>ぱり気付きませんでした・・自分の注意力の
>無さに悄然。

いやいや、絶対気がつきませんって・・・
私もパンフレットを見て、あれかぁーーーーーって叫んだくらいですから。

小学生が学校の向かいの工事中のビルの窓で『励んでいるカップル』を見つけ、先生も一緒になって無言で見るシーン覚えてます?
あの時、レンガ職人と乳繰り合ってたのがモニカ・ベルッチです。
正直ポルノ女優がやる役でしょ。
なんで彼女があの役を引き受けたのかどうしても謎です。

>それにしても長い映画でした。ラストの数分
>なかなか良かったんですが中盤はよく分から
>なくて正直だれてしまいました。

ですねぇ~。
長い映画って言うのは他にもいくらでもありますが、なんだろ、どの話もなんか中途半端な感じでしたね。
だいたいあの主人公の男がどうやって生活費をン捻出しているのかさえあんまりよく解らなかったですよね。
出稼ぎ職人みたいでしたけれど、党員であるということと、労働することとの兼ね合いがわかりませんでした。
なんか今までの映画の寄せ集めみたいな感じもしないでもないですねぇ~。
こんにちは。 (オリーブリー)
2010-12-26 11:58:43
TB、コメントありがとうございました。

>情報の多さに悲鳴を上げてしまいましたが…

何から何まで仰る通りと思います(笑)
床に横たわるシーンもパラシュートのシーンも、ひとつひとつの場面として印象深く残る映像は流石と思います。
きっとこの作品を思い起こす時、数々のシーンが浮かぶでしょうねぇ~あと尺の長さが…(苦笑)

>社会主義と共産主義の明確な区別

資本主義と民主主義すら良く理解できていないわたしです(汗)
お返事(その6) (がっちゃん)
2010-12-26 17:19:01
☆オリーブリーさまへ☆
結構映画通の方のブログとかでは大絶賛っていうか、巨匠を持ち上げるコメントが多く、まぁ映像美で言うと確かにそうなんですが、私には長すぎ・・・って感じがして。
あと主人公にたいして感情移入できなかったのも要因かと思いました。
なんだろ、やっぱり汗して働くっていう精神が見えないのがねぇーーー。
イタリアは、組合が強すぎて、本当に働かない人が多いんですよ。そういうのに繫がって、権利ばかりを主張しているとダメなんだろうなぁって思いました。
Unknown (KLY)
2010-12-26 22:17:44
実は自分の記事には書いてないですが、私これ2回観ました。1回目長すぎて途中ちょっと意識が朦朧としたんで。(苦笑)

結局暗転でああやってつなげるってのは、完全にエピソードを羅列してることになっちゃうんで、もうマンマ監督の思い出話。(笑)
まーなんといいますか、こういう事があってな…とか、あの時ワシはのぉ…とか昔話をそのまままとめないで映像になおしちゃったから長くなるのもある意味当たり前と言うか。
しかし、監督はまだ過去を懐かしむほど年じゃないんだからもうちっと何とかして欲しかったなと。
ノスタルジックな映像とかね、好きなんです雰囲気は。イタリア語の響きとかも、あの騒々しさがいかにも庶民ぽくって。(笑)
魔法。 (BC)
2010-12-28 22:32:34
がっちゃん、こんばんは。

>私を含めた一般的な日本人が見た場合、社会的な出来事をが単なる断片的な挿話にしか感じられず、それが映画の随所に現れるので、どれが本筋なのかと混乱するのでしょう。

確かに、イタリアの近代史に関する予備知識がないとキツイものがありますよね。
でもまぁ、物語性は追わずに童話の絵本を眺めるみたいな感覚(寓話)として観ていると
クライマックスの展開は魔法のようで楽しめました。
お返事(その7) (がっちゃん)
2010-12-29 13:44:40
☆KLYさまへ☆

あの映画を2回観るってなかなか大変ですよね。私ももう一回見なくちゃと思っている間に終わりそうです・・・
これはDVDを待つしかないかな。

>結局暗転でああやってつなげるってのは、完
>全にエピソードを羅列してることになっちゃ
>うんで、もうマンマ監督の思い出話。(笑)

ですね。
フェリーニの「アマルコルド」ぐらい思い出話になるとそれはそれでこっちも、かるーーーく観れるんですが、下手に社会情勢やシチリアの文化とかそういうことを追ってしまうと、ついていけなくなります。

前作の『題名のない子守唄』が衝撃作品だったものですから、主人公が腑抜けっていうか、理想でメシは食えん。って感じがしましたです。
お返事(その8) (がっちゃん)
2010-12-29 13:49:45
☆BCさまへ☆

>でもまぁ、物語性は追わずに童話の絵本を眺
>めるみたいな感覚(寓話)として観ていると
>クライマックスの展開は魔法のようで楽しめ
>ました。

それが・・・
私にはあのラストがよく理解できなかったんです。

 「卵が割れる=流産」
 「黒い蛇=凶事の前兆」

だと思って観ていただけに、最後の蛇の意味が理解できなかったので、観終わったあと???
ってなりました。
政治に負けても家族愛で満たされてる。っていう安易な結末ではないとは思うんですが、なんで最後にあんな後味の悪いものを持ってきたのか・・・
未だによく解りません。
そういうことも含めて、なんだかイタリア映画=わかりにくいもの。ってイメージがついちゃうんじゃないでしょうかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『シチリアシチリア』★★★☆☆ (秘書OL キレイのヒ・ミ・ツ☆)
人生は、どこを切っても美しい。 今年本目の映画 シチリアシチリア --- STORY --- 豊かな自然にあふれたシチリアの町バーリアで、たくましく生きる牛飼いのトッレヌオヴァ一家。 次男のペッピーノは、幼い頃から大人たちに交じって働き、学校に...
シチリア!シチリア! (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Ost: Baariaジュゼッペ・トルナトーレ監督の故郷・シチリアを舞台に、喜怒哀楽に満ちた人生を歩んだ男と家族の絆を描いた人生讃歌。トルナトーレが好んで描く町の広場には、今にもト ...
「シチリア!シチリア!」 何時の時代も、人の生き方は感動を与える・・・ (ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!)
先日、「シチリア!シチリア!」を観てきました。 ストーリーは、 1930年代、イタリアはシチリアの町バーリアで貧しい牛飼い一家の次男として生まれたペッピーノ。幼い頃から父や兄と共に農場や牧場に働きに出て学校に行くことも儘ならなかったが、強い絆で結ばれた家...
シチリア!シチリア! (LOVE Cinemas 調布)
『ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』のジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作。1930年代から80年代にかけて、主人公の少年が成長に沿いながら家族の絆と周囲の人々との関係を生き生きと描き出す。主演はフランチェスコ・シャンナ。共演にモデルの...
シチリア!シチリア! (心のままに映画の風景)
シチリアの田舎町バーリア。 牛飼い一家の次男ペッピーノ(フランチェスコ・シャンナ)は、幼い頃から働きながら少年時代を過ごして来た。 ファシズムの支配も終わり、第2次世界大戦を経て共和国へと移行...
「シチリア!シチリア!」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
あのハエは、「ラストエンペラー」のバッタだな。 時代を超えて生き残るもの。それは一匹の昆虫であったりするっていうわけね。 1930年代から1980年代に至るシチリアの歴史をある家族に焦点をあてて描いた一...
シチリア!シチリア! (ひでの徒然『映画』日記)
Comment: 激動の時代を生きた男の半生。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品です。 イタリア、シチリア島にある田舎町バーリアを舞台に、1930年代から1980年代までの激動の時代を生きた1人の男の...
~『シチリア!シチリア!』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:イタリア映画、ジュゼッペ・トルナトーレ監督、フランチェスコ・シャンナ、マルガレット・マデ、アンヘラ・モリーナ、リナ・サストリ、サルヴォ・フィカッラ、ヴァレンティノ・ピコーネ、ガエタノ・アロニカ、ルイジ・ロ・カーショ、ミケーレ・プラチド、ラウル・...
シチリア!シチリア! (そーれりぽーと)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督作、『ニュー・シネマ・パラダイス』を彷彿とする待望のシチリアもの。 『シチリア!シチリア!』を観てきました。 ★★★★ 激動の時代、シチリ...
シチリア!シチリア! (だらだら無気力ブログ)
「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・ トルナトーレ監督が故郷シチリアの小さな町を舞台に、激動の時代を生き 抜いた一人の男の波瀾万丈の一代記を綴る人生賛歌。 シチリアの美しい風景をバックに、主人公を取り巻く人々の人生模様と 家...