オーストラリア満喫物語@いつも素敵なアロマ気分 ★シドニー生活に彩(いろどり)を★

アロマ、ハーブ、リフレクソロジーの教室 in Sydney
自然療法とシドニー情報★毎日更新
IFA正会員&主任講師

レム睡眠とノンレム睡眠のお話@シドニーで自然療法

2017-01-24 23:00:34 | 自然療法:フラワーエッセンスやReiki
やらなければならない事があって、PCと格闘してたら夜中の3時になってしまい、朝6時に起きて出勤。 今日1日頑張ったけど、まだまだ終わらない。。。イラストレーターというソフトを買ったのですが、全くの初心者の私、結構大変

昔は完徹でも大丈夫だったのになぁ、、、と思いながら、でも、3時間熟睡で、結構元気に1日過ごせました

NON REM睡眠が上手く出来ていたのでしょう!
REMとは、Rapid Eye Movementの略で、素早い眼球の動き、急速眼球運動の事です。
よく、レムとノンレムってどっちがどっちか分からなくなる、、、という方がいるのですが、この英語で覚えておくと混同しません。

要するにNON REMとは、眼球が動かず身体も脳も休ませて深い眠りに入っている状態。 なので頭も身体もしっかりと休めます。 つい、居眠りしてしまったりするのは、このノンレム睡眠にスーーーっと入って行ってる事になります。

3-4時間ほど寝ると、ノンレム睡眠の中でも深い眠り(熟睡)にまで行けるので(ノンレム睡眠は4段階あります)、今回は短い睡眠でも満足出来たようです。

と言っても、レム睡眠も必要なんです! 脳は起きているけれど身体を休めさせるREM睡眠、 通常は眠りに入ってから最初の3-4時間はノンレム睡眠が多く、その後は段々レム睡眠の時間が増えていくのです。 このレム睡眠時に記憶を整理したり定着させる、という事をしていくので、ある程度長く寝ないと学習効果にも影響します。

そして、眠りのパターンのレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)は90分=1時間半ほどのサイクルです。 寝ている間に、このパターンを4-6回繰り返しています。 浅い眠りのレム睡眠の時は目覚めの準備段階のような時なので、そこで起きればスッキリと目覚めれます! なので1時間半の倍数で寝るのが良しとされています。 反対に、ぐっすり熟睡のノンレム睡眠の時に目覚ましで起こされたりすると、頭がぼーっとしてしまったり、、、私は頭がガンガンします。そういう時は、もう一度目を瞑り、頭がスッキリしてから起きます。ここで寝てしまったらいけないんですが(笑)

こんな事を考えた結果、今は通常、6時間から7時間半の睡眠を取るようにしています。 さて、今日はちゃんと寝ないと!!!


こちらはリフレクソロジーのレッスン中の写真。
気持ち良過ぎて熟睡してしまう生徒さんも、、、レッスン中にノンレム睡眠に入れます(笑)

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+-
「アロマ・ブログ」は毎日更新しています。(アロマだけでありませんが(笑))
講座のご質問やお申し込みは
info@ms-floral-studio.com.au
まで、お願い致します!
Homepage 「M's Therapeutic
Facebook エムズM's Therapueitic アロマ&リフレin シドニー
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+-



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空に書いたラブレター@シドニ... | トップ | 脳みそを使い、栄養補給が必... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む