風わたる丘

聞いて極楽 見て小説


(小説を探すには、私のサイト「古都旅歩き」から検索すると便利です)

歩き方によって疲れぐあいはかわる

2016-11-12 11:06:52 | Weblog

一昨日、旅歩きで13キロ歩いたが、あまり疲れなかった。

実は、最近気がついたことがある。

私は歩いていて疲れてくると、両足が左右に開く歩き方になるということである。これにより体が左右に揺れる。それで足に無駄な力がかかり、よけいくたびれてくるのだろうと思う。

だから、一昨日は、意識して一本の線上を歩くように心がけた。そうすると体が左右に揺れないし、足もくたびれにくい。

つまり足に無理がかからずに歩けたという感じである。

いい姿勢で歩くというのは、最も疲れぐあいの少ない歩き方なのだろうと思う。

歩き方によって、疲れはかわってくる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第115回古都旅歩き 創作「多... | トップ | 第116回古都旅歩き 馬見丘陵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事