ベコが行く!涅槃な旅路

旅するベコのゆるみ系ブログ。

ベコの沖縄紀行28 八重干瀬の海で絶体絶命だべこ!

2017年08月13日 | ベコの沖縄紀行2017

宮古島の八重干瀬(やびじ)でシュノーケリングを堪能中のベコです。

今回のシュノーケリングスポットは全部で3ヶ所。

しかし、あまりの水温の低さに2回目はパス。

あったかいコーヒーで身体を温めながら、他のお客さんの帰りを待ちます。

いやー、それにしてもきれいな海ですね。

眺めてるだけでも満足です。

これだけ広大な珊瑚礁はベコも初体験。

さあ、それでは3ヶ所目のポイントに到着です。

再び海に潜りましょう!

ベコ 「お魚さんに遭遇だぶく!」

お、小さなお魚さんがいますね。

ぶくぶく

ぶくぶく

珊瑚の周りをユラユラ泳いでます。

とはいえ、あまり大きなお魚さんは見当たらないようです。

小さくて、青いお魚さんがたくさんです。

いったい、なんという魚なのでしょう?

そうこうしているうちに、魚の数が妙に増えてきました。

ひょえー、青いお魚さんでいっぱいです!

ところで、

お魚さんについて行ったら、いつのまにか 珊瑚礁のへりに来てしまったようです。

崖が大きく落ち込んでいます。

まるで断崖絶壁ですね!

海の中にも断崖絶壁があるとは知りませんでした。

ひゃー、なんだか奈落の底へ落ちるようで怖いです。

それに加えて、この辺は潮の流れが強くて波も大荒れ。

体勢を保つのも一苦労です。

ベコ 「うおっ!」

ベコ 「どわっ!」

ベコ 「ひえ~」

いやはやベコも遭難寸前!

水が冷たい上に波も荒くて、そろそろギブアップです。

さあ、船に戻りましょう!

いやー、感動と寒さで複雑なシュノーケリングになりました。

けど、帰りのボートからは宮古島の西海岸の絶景を眺めることができて、ホッとひと息。

いったんホテルに戻ってひと休みだね。

ベコ、お疲れ様!

つづく

 

<ベコたびinformation>

八重干瀬とシュノーケリング(2)

日本最大級の珊瑚礁と言われる八重干瀬ですが、昨年の高温でかなりの珊瑚が白化したものの、今年は思いのほか回復しているとのこと。シュノーケリングもきれいな珊瑚を楽しむことができました。

ここらの海域では小さめの魚がメインで、珊瑚の周りをたくさんの魚が泳いでいました。ただ、小さな青い魚以外にはほとんど魚に出会えずちょっとガッカリ。またカメにも遭遇できず残念でした。

そんな八重干瀬ですが、今回シュノーケリングで分かったことが2点。ひとつは、やはり春先の海は海水温が低く、不慣れな者にはかなりこたえるということ。シュノーケリング慣れしている方でも「寒い寒い」と口々に言われていたので、かなり水温が低かったのだと思います。

ゆるめのウエットスーツを着たのも一因かもしれませんが、正直なところ水風呂に入るような感じ。とてもじゃないですがこれは白旗降参でした。今回は3ヶ所でシュノーケリングしましたが、2ヶ所目はあまりの冷たさにパス。

ちなみにインナーとしてラッシュガードを着用したのですが、防寒用のインナーがあるようで、それを準備すればよかったのかもしれません。また、ウエットスーツを脱いだ後は妙に手がしびれたりと、踏んだり蹴ったりのシュノーケリングでした。

そして、もう1つ分かったことは、陸から離れて外海に出ると、波が荒くて泳ぎ慣れていない人にはかなりつらいこと。もちろん珊瑚礁のおかげで波も弱まるのですが、潮の流れもあってなかなかしんどいのが実情。

思うように進まない上に、横波に翻弄されてかなり苦戦。珊瑚や熱帯魚を楽しむどころではありませんでした。

そのような訳で、初心者にとって八重干瀬シュノーケリングはちょっとハードルが高いとの結論に至りました。初心者は吉野海岸や新城海岸、あるいはイムギャーなどビーチ近くの浅瀬がいいかも。なおかつ、水温の低いGWは避けた方が無難です。

ちなみに、シュノーケリングをせずに八重干瀬の珊瑚礁を見るだけなら、観光用のクルーズ船があります。そちらも一考の価値アリです。


 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立秋を迎えた一週間。夏はど... | トップ | ぐずぐず天気の一週間。夏休... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL