ベコが行く!涅槃な旅路

旅するベコのゆるみ系ブログ。

ベコの沖縄旅行20 東平安名崎で水平線を体感だべこ!

2017年06月18日 | ベコの沖縄紀行2017

続いて向かうのは東平安名崎(ひがしへんなざき)

宮古島の最東端に位置する岬で、太平洋にビヨーンと突き出た岬です。

お、チャリンコで爆走している人もいます。

気持ちよさそうですね!

ということで、東平安名崎の入口に到着です。

ベコ 「東平安名崎とは変な名前だべこ!」

向こうの方に灯台が見えますね。

岬の先端までぶらぶら歩きましょう。

岬には遊歩道が整備されていて、空と海と草の緑が鮮やかです。

いやー、これは気持ちいいお散歩コースです。

そして、遊歩道の途中にある展望台からは、なんと!

ベコ 「ひょえー!不思議な風景だべこ!」

エメラルドグリーンの海に奇岩がゴロゴロしています!

ほー

なるほど、これは珍しい風景です。

どこからか岩が飛んできたのでしょうか?

うーん、自然の力は偉大です。

感動しながらさらに進むと、岬の先端に到着しました。

周囲は360度の青い海。

ベコ 「水平線だべこ!」

雄大な風景は気持ちがいいですね!

そして、岬の先端には灯台が建っています。

ベコ 「東平安名先灯台だべこ!」

灯台のてっぺんにも登れるようです。

ところで、周囲を見ると意外にもテッポウユリが咲いていました。

ちょうど見ごろを迎えているようです。

断崖絶壁にけなげに咲いている姿は、なんとも可憐です。

絵になる風景ですな〜。

ベコ 「海と空とテッポウユリだべこ!」

いやー、雲ひとつない快晴の東平安名崎。

風光明媚なスポットに感動しつつ、次のスポットへ進みましょう!

つづく

 

<ベコたびinformation>

宮古島(2)

今回訪れたのはGWの4月下旬から5月上旬。昼間はけっこう陽射しが強いものの、朝晩はちょっと肌寒く羽織るものが必要。亜熱帯で南国ムード満点かと期待したのですが、この時期はまだそれほどでもないようです。

また、海の水温もまだまだ低く、泳ぐのはちょっと無理。それでも海好きのお客さんはウエットスーツを着てシュノーケリングを楽しんでいました。

ちなみに、沖縄旅行で不思議なのは、どこに行っても観光客がまばらなこと。飛行機やホテルの予約はあっという間に満杯になるし、空港は観光客で大混雑しているのに、みんなどこに行ってしまったのだろうと不思議です。地元の方の話では、うまい具合に観光客が分散しているのではとの話でした。

なお、ホテルのある島の南部はほとんど何もない地域ですが、島の中心部はけっこうお店もあり意外と大きな町。特にマックスバリュは予想外の大きさと品揃えでかなり便利。買い出しには困らないと思います。

東平安名崎

宮古島の最東端にある風光明媚な岬です。約2kmもあるという岬は美しい珊瑚の海に囲まれ絶景。岬の突端からは水平線を目の当たりにできて感動します。また、海の上の奇岩など、CMの撮影に使われる名所とのことです。

岬全体には遊歩道が整備されていて、きれいな海を眺めながらお散歩できます。駐車場からぐるりと岬を一周して駐車場に戻ってくるのですが、時間にしておおよそ30分程度。お散歩にはちょうどいい感じです。

ちなみに、GWはちょうどテッポウユリの季節だったらしく、青い海を背景にラッパのように咲き誇る姿には感動しました。

なお、岬の灯台は登ることもできて、上から全体を見渡すことができるのですが、今回は時間の制約もあってパス。いつか登ってみたいところです。


 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« から梅雨続きの一週間。ベコ... | トップ | 夏至を迎えた一週間。コスモ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL