ベゴさんのロッキング

ぶらり自然観察記

            奈良の秋・チョット・公園の柿の木。     16・11月4日

2016-11-05 | Weblog

 

   正倉院(奈良県)宝庫は 千余年の間、東大寺によっ管理、明治8年(1875)から宝物の重要性にかんがみ内務省の管轄となり

      次 農商務省から宮内省・次に宮内庁に現 管轄となっている。

     現在 秋の正倉院展が奈良国立博物館で第68回特別展が 11月7日まで開かれている。下の写真は特別展にちなみ

      正倉院の校倉正面から観ることが。11.6日

   大仏池側で一休みの鹿たち。

        正倉院・校倉 庭内の神社が。

 奈良県と言えば 柿みひとつで、 奈良公園内 ひろし とこの柿の木一本のみとベゴさんは思っている 柿の木の実今年もこのとおり。

  詩人・ 正岡子規は好んで食したと聞いています御所柿を一度に柿を8個食したと か、高松から東京へ行く途中 奈良に寄った折に 

     柿を題材にした詩が沢山 あり 柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺 と あまりにも有名な詩が。 奈良公園の一本の柿き見ると思う。

 

     なら公園の一本の柿の木。 16.11.4 

                                                                               奈良公園の鹿。

 

 

         ナンキンハゼ の紅葉 見頃ちかし。11.4

     

          南京ハゼの紅葉。  11.4

 

 

      まけんばい・・熊本県・・九州。                                    ガンバラエン・・みちのく・・北海道。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ... | トップ |  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む