相 絵一の偽画工坊

気まぐれ映画絵日記

Art is Art

2016年10月07日 | 音楽

はじめてのジャズライブ、1970年 夏 ニューヨークのイーストヴィレッジにある ジャズクラブ     ”スラッグス”  
 アート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズのライブ。真夜中 目の前の あまりの音量、迫力に圧倒され
 度肝を抜かれる。本物を目の当たりにしたのがこれが最初。その時のメンバーでベースを弾いていたのが
 オマさん(鈴木 勲)「この辺は危ないから気を付けてね」と優しく声を掛けてくれた。
 それ以来 日本人のジャズにものめり込む。
 コルトレーン、マイルス、ロリンズ 他 ジャズメンの絵をいっぱい描いてきたのに アート・ブレイキーを描いてなかった。

   絵 : 蔵野 武
 
   

   絵 : NONO MOGIARI

  

 アート・ブレイキー、アート・テイタム、アート・ペッパー、アート・ファーマー、アート・テイラー
    アートはアートだ!! 


 マイルス・デイヴィスの Tシャツが こちらに 

  

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 6日のワールドカップ最終予選 対 イラク

 * さいたまで ひかり輝く 元気な蛍

 11日のオーストラリア戦が楽しみ。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教訓 | トップ | 沢木耕太郎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL