オレオレ詐欺の犯人は俺!!

っていう考察で解決する!
世の報道はあれもこれも”自作自演”ばかり!
嘘は大きすぎると見えない



オレオレ詐欺の犯人はオレだ! っていう妄想

2016年10月15日 | オレオレ詐欺の犯人
オレオレ詐欺の犯人はオレだ!

って、私じゃないですよ。

前から報道を見てて不思議に思ってたんすよね。

このオレオレ詐欺で騙した金はどこに行ったんだろうって。

しかも犯人に辿り着きなさそうな報道の雰囲気。

ん〜っ


ずっと考えてました。


であるときフッと浮かびました。

もしも犯人がオレオレって言ってるオレならば・・・!

結構腑に落ちるんすよね。


例えば。


なんで電話で『アッ、オレオレ、俺だけど・・・。』

これを聞いた母親は自分の息子の声を間違うのか!?

という疑問。

これがオレオレ詐欺の犯人はオレだ!とすると・・・


息子『オレオレ、俺だよ俺!』

母『あ〜久しぶりだね〜○○(息子の名前)』

ってなるな〜。

間違えてなんかないんじゃないかな、はじめから。

で、犯人が捕まらないのも、もちろん

自分が犯人だから自供するはずもないし

怪しい犯人像だってでてこない。

じゃあ、そのお金はどこに行くのか!?


ん〜、相続税の問題とかも考えたけど

詐欺で盗まれれば相続税はかからないからね。

でもなんか違うだよな〜。


もしこのお金がどこかの

カルト宗教のお布施

なんかになっていたらどうだろう。


宗教のお布施なら領収書もいらないだろうし

会計の記載もいらないだろうから

オレオレ詐欺のお金が暗闇の中に消えていってしまう。


そう考えると


全国的に満遍なく起こっているオレオレ詐欺

これは犯人が全国満遍なく住んでいるって証拠ではないだろうか!?

そして自分のお金では足りなくなって、自分の親の懐事情は

よく知っているだろうから

オレオレ詐欺で騙しとってお金をすかさず宗教のお布施にする。

お布施を入れれば入れるほど自分に跳ね返ってくる。

もし親が自分の息子が犯人だと気づいても

まさか実の息子を警察に連行なんてことしないだろう。

その他の振り込め詐欺などはこれらの変化形だろう。


これらをまとめるとある宗教団体が浮かんでくる。


そう、創○学○だ!


まさに自作自演の究極の形!!












『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はじめのご挨拶として | トップ | 襖に目あり もとい 壁に穴あり »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。