さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

極右路線驀進<本澤二郎の「日本の風景」

2017-04-05 17:54:12 | 日記
極右路線驀進<本澤二郎の「日本の風景」(2566) 2017年04月05日
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52171208.html

<見える安倍スキャンダルの本質>

 素人でも、安倍・自公極右政治がくっきりと見えてきている。一連の安倍スキャンダルも、安倍の極右路線と強く関係している。教育勅語教育に共鳴した安倍による、不当な国有地払下げ事件だった。平然と嘘をついて、いまは平成の治安維持法と言える共謀罪にも王手をかけた。改憲軍拡予算も成立させた。一方で、福祉関連予算は削られている。平成天皇の生前退位論について、皇室典範改正という王道で対応せず、特例法という覇道で処理する魂胆でもある。いま欧州では、フランスの極右政党のルペン党首が注目を集めているが、東アジアでは5年も前に極右政党が政権を掌握、ばく進しているのである。したがって、安倍スキャンダルから目を離すと、日本の国際的孤立化は容易ならざる事態に追い込まれるだろう。


<安倍スキャンダルから目を離すな>

 安倍スキャンダルから目を離してはならない。この一点に集中する責任が主権者にある。主権者を代表する議会・野党と新聞テレビは、きわめて重大な場面に立たされている。
 安倍スキャンダルから目を離すと、千載一遇の悔いを残すことになろう。全ての国民が立ち上がる時なのだ。


<教育勅語教育否定せず、教材使用前向き>

 大阪の事件が、国際的に注目を集めている理由は、タダ同然の国有地払下げを、安倍官邸の主導の下で強行された点にある。安倍犯罪・首相の犯罪である。


 そして、そこへと安倍夫妻を追い込んだ原因は、森友学園の教育勅語教育と神道小学校建設にあった。戦後否定された天皇制国家主義の教育を再興させようとの、安倍夫妻と背後の日本会議の野望を裏付けている。この二点がポイントである。


 日本の極右政権を甘く見てはならない



 これほどの時代錯誤の事案の発覚に、国内外を巻き込んで波紋を投げかけている、というのに、官房長官や文科相は、今の21世紀教育の現場に、教育勅語を教材として持ち込むことに、すこぶる前向きなのだ。ということは、安倍スキャンダルは「内閣そのものの一大スキャンダル」であることを証明している。すなわち、安倍内閣はやはり、そっくり国家神道復活・靖国参拝を正当化したい日本会議政権であると宣言していると分析できる。
 この点を見過ごすと、ワイマール体制下のドイツの二の舞が待っている!



<森友学園の神道小学校建設に狂奔した安倍夫妻>

 安倍スキャンダルは、安倍夫妻による森友学園教育への、ものすごい共鳴と、さらなる神道小学校建設実現が目的だった。そのための大胆不敵な、政府を挙げての国有地払下げ事件であった。
 「私も妻も事務所も一切関係ない」と黒を白にしたい安倍の国会答弁は、真っ赤な嘘である。「関係があれば議員も辞める」と国民に向かって約束した。


 安倍は、何よりも先に首相と議員を辞めなければならない。安倍夫妻と籠池理事長の深い仲は、日本国民共通の認識である。
 安倍は逃げることが出来ない。自民党内にも決起する動きが出てきて当然であろう。鍵を幹事長の二階が握っている!


<特定秘密保護法についで共謀罪にも王手>

 安倍スキャンダルを薄めようという狙いもあろうが、自公政権は遂に極右の牙をちらつかせている。特定秘密保護法でメディアを封じ込め、ついで共謀罪を強行して、政府に批判的な言論・人物を監視できる体制にしようというものである。

 平成の治安維持法そのものであろう。5年有余の極右内閣の総決算といえるかもしれない。言論の自由を完璧に封じ込めようというのか。許しがたい暴挙である。
 野党・新聞テレビは、この事実を率直に国民に伝えなければならない。国民は共謀罪を知らない。分かっていない。まともな日本人は、これでは耐えられないだろう。


<天皇制国家主義の核心は、大日本帝国憲法・国家神道・教育勅語>

 戦前の軍国主義の日本の政治制度は、天皇制国家主義である。国民を虫けらのようにして、侵略戦争に駆り立てた全体主義国家だった。なぜ可能だったのか。
 それは天皇主権の大日本帝国憲法と国家神道と教育勅語によるものである。
これが戦前の日本と日本人を拘束した3大要素である。神社・神道の、祭りにごまかせされてはならない。安倍極右路線は、戦前へと日本と日本人を追い込み、改造しようというのである。



 ゆえに、リベラリストが反発する、当然すぎる理由である。真っ当な政治評論は、ここをしっかりと踏まえないと、安倍・日本会議を分析することは出来ない。
 これこそが東アジアに5年前に開花した極右政権である。極右は、武器弾薬に異常な関心を示す。殺し合いに抵抗感をもたない。軍拡の大国に伍そうというのである。財閥と連携する理由だ。たとえ、日本列島を武器弾薬で防御しようとしても、物理的に不可能である。福島原発の放射能汚染でさえも、処理が出来ない日本である。
 54基の原発の廃炉さえも、見えない悲劇の列島となっている。半島で火が付くと、それだけで危うくなる日本である。いま平和路線に舵を切る政権誕生に成功しないと、日本の先行きは不透明で、地獄のみが見えてくる。


<安倍・日本会議の野望を見抜ける日本人へ>

 安倍・日本会議の野望を、見抜いて対応する日本人でありたい。そのためにも、戦前の天皇制国家主義を知る必要がある。歴史を知る日本と日本人から、明日の希望の持てる日本が生まれる。
 過去に蓋をする民族は、悪しき歴史を繰り返すことになる。いま重大な岐路に、立たされている日本と日本人である。

2017年4月5日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)


関連

内閣総理大臣 安倍晋三君 + マクドナルド ベネッセ 日本ユニセフ
http://beingtt.blog.fc2.com/blog-entry-36.html



「共謀罪」創設策動はNWO征略の一環 国際秘密力研究
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/782581aaf53c9cc6728777cbcb527816

創生「日本」東京研修会 第3回 平成24年5月10日 憲政記念会館
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/1eef57aff0795afc828a4f5c9ae75c39

30年前から憲法の機能停止を準備していた米国支配層の動きを知らん振りしてきた日本のマスコミ 櫻井J
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/7f234fab9766533e9b3073e8a3fa7104

民主主義は、「既に、廃止されている」 オルタ + U・ェ・Uノ 再掲
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/268b83bb38774670528b30e33960d208

憲法改悪、自衛隊海外派兵自由化、共謀罪の新設等、着々と日本は「臨戦体制」を整えつつある。日本は、いったい、どのような「臨戦」を行おうとしているのか? オルタ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/48a045869ce136e7982f7d1aa4b4aac2

日本海側の都市に「米軍の」ミサイルを着弾させ・・
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/a40b9450cc702e3a5ce38cfe95b2dc98

戸締まり用心
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/6c1570272c3db2dc58b031aa42149c5c

ナチスの生みの親「緊急事態条項」は独裁者が喉から手が出るほど欲しがる「切り札 IWJ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3bf9f6b25d161122a2bb9db7120ec82c

日本会議と統一教会は蜜月 偽装団体を介し交流する実態など Poligion
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5ce610d5e9b63d85dd3761bd8d380390

日本の精神を無くした神道 七色堂 (抜粋)
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/6249721fce772ecccbf006bbf16b436d

仮面の「生長の家」 本澤二郎 + 改憲戦艦ヤマト発進 + 稲田朋美壮言録
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/f37de8812db21721f662756ed3780af5

自民党「憲法改正草案」の鎧と刃(4)岸信介と谷口雅春 Joe & Santaro ほか
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d4ff1e561a3cd493d61f2ffa33d0f25e

赤報隊事件とマスコミの劣化 + 巣鴨プリズンネットワーク
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/132e10150f44d604ba19eaad9c1eaaa3

クーデター権を言い換えただけの国家緊急権で独裁者になることを夢見るエリートは日本を破滅へ  櫻井
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b0a885b32d52da8cf9f0e46dcf2afa61

措置入院の在り方の見直し 呆~ 措置入院が必要なのは311トモダチだろうが
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3cdd77d0aef82867d98a06491d382aaf

非常事態宣言・ナチ化がお好き
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/e1392af1760ae933e4031016325570fb

安倍晋三とフリーメイソン 平和から戦争へ たんぽぽ日記
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0a564d2e76f9375b0904fb78a5918c89

目ン無い千鳥 八百長真珠湾攻撃 + 白洲・ケズウィック・次郎 ほか
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c412a8723b67dc09bc7ff6beb163ba95

ハンガー・ゲーム最終章『FINAL:レボリューション』 + 共謀罪
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d0ff4125de4095eeaa5d860e32d60dfa

アンブロークン & マリフィセント
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d43164852ff189719d71426bca8b2b3b







狙撃兵 銃剣道を推奨する気狂いたち 2017年4月2日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sogekihei%20juukendouwosuisyousuru.html

 文部科学省が3月末の官報で新学習指導要領を告示し、そのなかで中学校体育の武術の種目として新たに「銃剣道」を加えたことに波紋が広がっている。「銃剣道」とは、戦場の接近戦において銃剣で相手を突き刺して倒す行為を「競技化」したもので、ライフル銃を模した木製銃の先端に布をまき、互いに喉や胸めがけて突き合う「競技」なのだという。これを訓練に用いているのは自衛隊で、誰の目から見ても肉弾戦を想定した戦闘訓練である。




 本物の銃剣を喉や左胸に突き刺せば人間が死ぬことくらい誰でもわかる。こうした前時代的な殺し合いの訓練みたいなものを文科省が真顔で教育の場に持ち込もうとしている。




一方でピラミッド禁止とか運動会の競技にまでケチをつける文科省が、人殺しを模した「競技」は推奨しているのである。これは頭のネジが何本か吹っ飛んでいるからとか、首相への忖度なのだとかの話ではすまない。安倍政府は同時に、教育勅語を教科書に用いる事を否定するものではない   と閣議決定した。時間軸を72年巻き戻そうとする力が強力に働き、みなが「まさか…」と思うようなことを彼らは本気で教育に持ち込もうとしているのである。幼い心を教育勅語で染め、体育面では竹槍訓練の上をいく銃剣道の復活。その銃剣道を教えるのは自衛官で、各校に軍人が配置されるとか、そのうち奉安殿ができてご真影に向かって最敬礼しながら教育勅語を奉読させるとか、「まさか…」の世界がどこまでも領域を広げていきそうな気配を感じさせている。

 教育勅語を暗唱させ、「安倍首相がんばれ! 安倍首相がんばれ! 安保法制国会通過よかったです!」と子どもに叫ばせていたのが森友学園だった。その光景に世間はゾッとした。籠池がつくろうとしていた「瑞穂の國記念小學院」は、まさに日本会議や安倍晋三の仲間たちが目指す「愛国」教育の最高傑作だったのだろう。それで愛国小学校設立がポシャった腹いせなのか何なのか、今度は開き直って日本全国の公立小・中学校の森友化をやろうというのである。銃剣で互いに突き合うような戦闘訓練を学習指導要領で推奨するなど、もはや正気の沙汰ではない。


 教育勅語が大好きで、銃剣道がやりたくて仕方がない者がいるのであれば、オマエたちだけでどこか1カ所に集ってやっておればいいではないかと思う。他人の子どもまで巻き込んで強要するなと。そんな宗教団体や組織の名誉校長に誰がなろうが知ったことではないが、国有地をちょろまかすとか盗人みたいな行為をするのではなく、オマエたちの身銭を切ってやれと思う。偉そうなことを吹聴するのはそれからだ。盗人に教育勅語を説教されても説得力などないのである。


武蔵坊五郎



『倭国の大乱=天孫降臨』もちゃんと語ればどうよ? これがなければ、1300年ほどやっている欺瞞的な語りでしかない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 無法無天の安倍官邸<本澤二... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し666)
2017-04-05 22:37:36
さてはてメモ帳さん、この記事拡散させていただくよ。(⌒〜⌒)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。