さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

2017-04-02 17:57:57 | 日記
湧き起こる、安倍昭恵は卑怯者だの声 のんきに介護 2017年03月25日 19時29分43秒
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/ed44bba38569e48de8257e0a31427d6a

https://twitter.com/kitabayasiazumi/status/845263400607240192


https://twitter.com/taketake1w/status/847569141779255296
たけたけ‏ @taketake1w 3:00 PM - 30 Mar 2017

今日発売の『フライデー』に #安倍昭恵 氏と #谷査恵子 のツーショット写真が出ている




https://twitter.com/ca_tsuwo/status/845893849717207040

きゃつお‏ @ca_tsuwo 12:03 AM - 26 Mar 2017

安倍昭恵首相夫人お付きの谷査恵子は経産省のノンキャリアで、その人が国有地売却に関し問い合わせたのが財務省の室長

そこら辺にいるノンキャリアの国家公務員に、○○について他官庁の各部署topに認可の有無や予算化の明言をお願いできるもんなのかね?苦笑


https://twitter.com/sibakendona/status/846458532643811329


https://twitter.com/sichimikuroneko/status/845081384267931648


https://twitter.com/bantianmingyi1/status/847277349083070465


https://twitter.com/yuima21c/status/848347455527600128


https://twitter.com/hage3826/status/847394877276958720


【おつきの女性官僚に国家公務員法違反させる安倍夫妻】昭恵夫人は昨年7月の総選挙の応援説に、夫人付きの女性官僚たちを同行し、政党選挙活動の支援をさせていた。
https://togetter.com/li/1097174






https://twitter.com/supportV4D/status/849046187097206784?ref_src=twsrc^tfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.asyura2.com%2F17%2Fsenkyo223%2Fmsg%2F629.html

VOTE for DEMOCRACY‏ @supportV4D 4:49 PM - 3 Apr 2017

歴代の安倍昭恵内閣総理大臣夫人付のみなさん。

[4/4更新]
神武享代さん←追加
重松広美さん
堀口恵美さん
谷査恵子さん
青田優子さん



https://twitter.com/info_9/status/845950470644387842
市民メディア放送局‏ @info_9 3:48 AM - 26 Mar 2017

民進党・江田憲司氏は24日に『谷査恵子の実質上の上司は今井氏』として証人喚問を要求した。

今井尚哉(首相政策秘書官)は、9月4日に安倍晋三が大阪を訪問している時にも同行している。谷査恵子-今井尚哉-安倍晋三が完全に繋がった。
#谷査恵子 #今井尚哉 #森友学園


ken‏ @kuma2032 Mar 27
Replying to @info_9 @kininaru2014111

今井善衛の妻は山崎種二の娘であり、安倍晋三夫人である安倍昭恵の叔母が山崎種二の三男(山崎誠三)に嫁いでいるため今井家と安倍家は縁戚に当たる。迫田英典・国税庁長官も地元安部の親戚関係。


改めて、すごい安倍スキャンダル<本澤二郎の「日本の風景」(2560) 2017年03月30日
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52170681.html

<タダ同然の国有地払下げ事件は首相犯罪>

 安倍官邸サイドは、権力を乱用して、「朕思う」の教育勅語を主体とする神道小学校建設に突進した籠池理事長を、偽証告発で口封じに出ているが、本来、偽証告発されるべきは安倍晋三首相の方である。首相犯罪である。それにしても、改めて広大な国有地をタダ同然で払下げした、安倍官邸の権力乱用事件は、その大胆不敵な、不当・違法な行為に衝撃を受ける。日本全国の小学校を、神道教育にさせようとの、安倍の狂気を知ると、愕然とするばかりだ。首相の偽証連発と、メディアの枝葉末節の報道に流されてはならない。


<首相しかできない不当な権力乱用事件>

 確認すべきことは、これほどの大がかりな、国家国民の資産である国有地を、まるで「無償供与」するような行為は、過去に存在しなかったろう。
 財務省・国交省・文科省を動員して、神道小学校建設にこだわった人物は、安倍以外にはいない。高市や稲田も、同じムジナだが、彼女らには、その力はない。悪魔の力を発揮できるのは、首相権限を乱用できる人物しかいない。
 永田町の事情に疎い市民でも、大いに理解できることである。安倍の権力乱用事件である。それ以外の第三者は、全く考えられない。麻生でも、これほどの事件は引き起こせない。


<昭恵は共犯者>

 野党が国会での証人喚問を求めている愚かな首相夫人は、まことに愚かな中年女性でもある。教養がない。憲法も読んでいない。歴史を知らない馬鹿者である。彼女は、この事件の主役では、全くない。脇役・共犯者である。

 5人のお付きの役人がいることも判明している。この5人の役人も、憲法を読んでいない。歴史を知らない。もし良識のある役人であれば、昭恵の行動を抑制するはずだからである。
 そもそも私人で、家庭の専業主婦に付き従うということに、谷とかいう公務員は「おかしい」と感じなかったのか。
 昭恵は、公邸での安倍の身の回りの世話をすることが、妻の本業である。3分の2の議席を占めている、内閣人事局で官僚を支配している、ための「専制君主」のような安倍である。妻を「首相公務の補助」にする必要はない。かの天皇制国家主義者で、改憲派・原発派の中曽根康弘でも、夫人を表に出して、悪事に利用することはなかった。


<安倍の思い入れ>

 この大事件の本質は、安倍の狂気の信念と関係している。神社・神道信仰である。日本会議の信条でもあろう。
 歴史を紐解けば、戦前の国家神道が国民の精神を狂わせる元凶となった。家々の神棚と地域の神社と中央の靖国神社や伊勢神宮などの国家神道と、加えて教育勅語による軍国少年育成が重なった。さらに付け加えるならば、国民を奴隷のように虐げることが出来る、大日本帝国憲法である。
 いわゆる明治維新は、この三位一体の体制の下で、戦争する軍国主義の日本、他国民を殺戮する侵略国家日本を現出させたもので、21世紀の今、これの復活はいかなる事由をもってしても、国民も国際社会もNOである。
 この当たり前の日本国民の常識と乖離した安倍の信念が、この大事件の本質である。安倍が籠池理事長にテコ入れした理由である。したがって、今日の日本においては、いうなれば、安倍は日本国民を代表する人物として、全くふさわしくない「日本人」なのだ。それゆえに、多くの国民は、この安倍スキャンダルに強く関心を抱いている理由である。


<講演・講師引き受け>

 安倍の森友学園への思い入れは、講演を約束、講師を引き受けていたことである。自民党総裁選で多忙となり、それがかなわなくなると、わざわざお詫びのメッセージを送っている。
 安倍の神道教育への、異常な熱いまなざしを見てとれる。安倍の信念が、目の前で実践されていることに感動している、明らかな証拠である。それでいて「会ったこともない」と平然と嘘をつく。戦後の政治史で、これほど嘘を連発する首相は、ほかにいない。


<名義貸し>

 森友学園は、安倍名義で寄付を集めている。両者の信念・関係の深さを裏付けている。
 「安倍名義の寄付集め」に安倍自身が、喜んでいたのである。安倍は、それが自分にとって「名誉なことだ」と認識していたことになる。安倍の名義貸しも、両者の関係を証明している。
 思想信条が一体という人間関係は、男女の壁を突き抜けてゆく。安倍と稲田、安倍と高市もそうである。安倍が、自らの後継者に稲田と放言していることも、広く伝えられているが、もうこれは漫画の世界である。
 こんな人物を誉めたたえている新聞テレビの日本である。人間、恥の概念を放棄すると、ど偉いことになる。


<100万円の官房機密費提供>

 安倍が首相になると、籠池は「安倍首相は偉人」と持ち上げた。それもそうだろう、当時の籠池にとって、悲願の神道小学校用地がタダ同然、学校の認可もスイスイ、大阪府の維新知事も全面的に支援してくれる関係にあったのだから。
 戦争法が強行されると、それを幼児に合唱させていた。
 そこへと、安倍は100万円を寄付した。正当な金であれば、堂々と公表できるのだが、公表できない100万円だった。領収書不要の官房機密費である
 永田町の人間であれば、皆が知っている。官房機密費は血税である。正当な使い道であれば、問題にならないが、神道・教育勅語の教育に支出となれば、これは教育基本法と日本国憲法に違反する行為である。
 断じて容認できない。


<昭恵を3度も派遣>

 この100万円を安倍は、妻に命じた。妻はお付きの役人を外させて、直接、籠池に「安倍からです」といって手渡した。その後、しばらくして「内緒にして」と携帯電話で、公表しないように厳命してきた。これの携帯電話は、通話記録で判明する。
 昭恵の嘘つきは、全て官邸の指示で動いている。その責任者が官房長官ということになる。

 昭恵は前後3回も森友学園に出向いて、講演などをしている。その間、神道小学校の名誉校長を引き受けている。安倍の公務を妻に代行させている。


<5人の付き人>

 それゆえに、安倍妻付きの役人の部屋が官邸内に置かれている。
 これも驚愕すべき大事件である。官僚が安倍の手駒のようになって、犯罪に関与していることがわかる。小沢一郎によると、その原因は「内閣人事局」設置による霞が関支配である。
 出世が役人の最大の価値である。という情けない腐った官僚世界を証明していて、悲しい、本当に情けない。
 そうして5人もの役人が、私人である中年女性にかしずいている。5人にも官房機密費が流れていることになる。

<野党4党の党首会談で宝の山を奪え!>

 繰り返し、ジャーナリストの責任として、思うところを真正面からぶつけてきた。
 あとは野党次第である。与党内にも亀裂が走っている。野党は急ぎ党首会談を開いて、この途方もない宝の山を奪うことである。

2017年3月30日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)


狂乱夫妻なのか<本澤二郎の「日本の風景」(2564) 2017年04月03日
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52171043.html

<写真週刊誌が暴く心臓夫妻の暴走>

 写真週刊誌に、国民と野党が追いかけているアキエが映っている。アキエ暴走の、逃げることのできない場面である。夫の心臓が秘蔵したい写真が、見事に暴露されている。ここから何が見えるか。権力を握った狂乱の家庭を覗き見ることが出来る。人間は食欲・性欲の次は権力欲と社会学者は見抜き、それを人類に公表して1世紀以上も経つ。今日本人は、そのことを、この暴露写真から、それが現在進行形であることを、悟らされているのである。韓国のパク・クネ事件どころではなさそうだ、と感じ始めた市民は多い。


<公務員を奴隷扱い?>

 この暴露写真は、盗撮とは言えないスナップ写真である。被写体の焦点は合っている。アキエは堂々とカメラに向かっている。権力者の妻であることをひけらかしている。悪いことをしている、との態度は見られない。妻もまた、心臓同様に恥を知らない。その限りでは、夫唱婦随なのであろう。

 彼女にもう一人の、お手伝いのような中年女性が映っている。明るい表情ではない。必死で女主人に仕える、人によっては、奴隷のような女性に見える。

 写真週刊誌によると、この女性こそが心臓事件の切り札として官房長官の菅が公開した谷さんという、公務員試験に合格した正規の国家公務員である。

 公務員は国民に仕える公僕である。国民の幸福を実現するためには、それこそ奴隷のようになって働いてくれる、尊敬される国民のエリートである。したがって、日本の財政が傾いていようがいまいが、年収200万円以下の庶民に比べて、はるかな高給を食んでいる。

 仕える相手は国民である。腐敗した権力者ではない。それとも、官邸内に住みついた谷さんは、世の中が見えなくなって、私人に過ぎない心臓の妻のために働くことが、公僕と勘違いしてしまったのであろうか。

 もしも、そうだとすると、主権者によって罷免の対象となる。直ちに古巣に戻らなくてはならない。首相や官房長官が許さない、というのであれば、野党やメディアに駆け込んで、悲劇の正体を暴くのである。これが日本国憲法の立場である。


<心臓の職権乱用とラスプーチン>

 谷さんの存在を、進んで明らかにしたお手柄の人物は、まるでラスプーチンと毛嫌いされている菅である。彼がリベラルの伝統を受け継ぐ宏池会に所属していたころ、一度名刺交換したことがあるが、まさか靖国・国家神道に傾倒する心臓内閣を、必死で守る政治屋とは、最近まで考えてもみなかった。

 権力を手にすると、人間は内臓・心臓から腐るものなのか。悲しい。東北の田舎から苦労して出てきて、神奈川県の小此木彦三郎秘書になるや、ついで横浜市議から国政に這い上がってきた人物も、官邸の無尽蔵の血税・官房機密費を扱うや、心臓に負けず劣らず暴走している。

 結果、私人である妻に、国民に奉仕する国家公務員を、首相ともどもかしずかせて恥じない。この問題は、明々白々たる職権乱用の罪が成立する。

 本来だと、谷さんが「おかしい」と苦言を呈すればよかったが、上司に逆らえないか弱い女性公務員に、それは無理だろう。

 直ちに、心臓は妻のための「官邸装置」を取り外して、谷さんら5人を古巣に戻して、官邸を透明にする義務がある。菅にもその責任がある。官房機密費が、妻付き手当として支払われていることも、ほぼ明らかである。

 あらゆる手段・方法で、秘密の官房機密費を暴く必要がある。これ天の声である。

2017年4月3日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)




団体支援「総理夫人の仕事」 昭恵氏、著書で「私人と区別」 2017年4月3日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017040302000114.html






 学校法人「森友学園」に関する問題で、安倍晋三首相の昭恵夫人が公人か私人かの議論が続いている。どちらかは別にして、強い影響力を持つ首相夫人の立場が、今回の問題に関わるきっかけとなった。昭恵氏の著書を見ると、「総理夫人の仕事」と「私人としての仕事」を完全に区別しており、自分がいいと思う活動団体を支援するのも「総理夫人の仕事」と記している。 (金杉貴雄)

 二〇一五年十一月に出された昭恵氏の著書「『私』を生きる」(海竜社)によると、首相夫人の仕事は外遊や政府がらみの活動に加え「国民との直接対話を通して得た情報を主人に橋渡ししたり、それに関する意見を講演会やフェイスブックなどを通して広く伝えたり、自分がいいと思う活動団体を支援したり」することと記述している。

 首相夫人だからこそ、講演やスキーイベントなどに、計五人いる夫人付き政府職員も同行している。

 一方、著書で「昭恵農場や居酒屋UZUの経営など、完全に私人としての仕事もある。こちらは『総理夫人』との肩書がはずれても続けていける仕事」としている。

 森友学園の国有地払い下げ問題では、首相夫人付きの職員が財務省に照会し、籠池泰典氏にファクスで回答していた。

 橋本龍太郎元首相の政務秘書官だった民進党の江田憲司氏は「夫人は、首相の『分身』『代理』とみられる。背後に総理の影を見る」と指摘。「肩書の信用力は抜群で、一私企業、一私学に大きな利益、利得を与えかねない。(橋本氏の)夫人は『公』でない『私』のために動くことは厳に慎んでいた」と指摘する。

 昭恵氏は著書出版と同じ時期、森友学園の小学校の名誉校長に就任。さらに首相の親しい友人が理事長を務める学校法人「加計学園」が運営する保育施設でも名誉園長になった。

 自民党は野党時代、民主党政権時代の鳩山由紀夫首相の幸夫人が公邸で韓国の人気俳優と会食したことなどについて、夫人の行動は首相と一体とみられるとして批判した。




アベジョンイル国会議事録を隠滅 野次馬 (2017年4月 5日 02:21)
http://my.shadowcity.jp/2017/04/post-10907.html

アッキード事件なんだが、追い詰められたアベジョンイル発狂寸前で、周囲に怒鳴りちらしているらしいw 怒鳴られても困るわけで、あとは「誰が安倍晋三の首に鈴を付けるか」だけですw アンコンも次第に効かなくなっている。特に週刊誌とTVは面白がって騒ぐw TVはその場しのぎの取材しかしないが、週刊誌がジックリ取材すると、何週間もかかる。そろそろ週刊誌のスクープが欲しいところだ。

https://dot.asahi.com/wa/2017040300076.html
正直に告白するが、谷氏からのfaxを書類の山から見つけた瞬間、私はこの文書を「ただの連絡文」と認識し、処理してしまっていた。
この文書の1枚目の文面は、社交辞令に終始しているからだ。
「あまり意味のない文書だろう」と書類の山に戻そうとした瞬間、2枚目末尾にある「平成28年度での予算措置を行う方向で調整中」との文言が目に飛び込んだ。

その時初めて、「これは、行政の業務文書ではないか」と気づいたのだ。
一方の「籠池からの手紙」は、籠池氏が提供してくれたノートの束の中から発見した。籠池氏は古い人間だ。
手書きで文書を起案し、そのコピーに押印して手紙を送達するという昭和の時代の文書送達管理手法を、未だに実践している。
従ってノートの束の中には、役所や政治家に送った手紙の「原本」が大量に残されている。

その大量の手紙の「原本」の山に、谷氏からのfaxと平仄のあうものは一つしかない。
そしてその手紙は自民党の葉梨康弘衆議院議員が公開した手紙と同じものだ。※続く


さて、今日のネタとしては、「国会の議事録が勝手に削除される」という話とか、加計と安倍晋三の並んだ写真が発掘されて、昭恵が「オトコたちが悪巧みしている」とキャプションとか、そんな感じですw



https://twitter.com/a_0567/status/849165903245713408
@敦‏ @a_0567  12:45 AM - 4 Apr 2017 from Yokohama-shi Minami, Kanagawa

加計 どっかの頭取 シンゾー どっかの専務
まだFBから消されてない。
国家戦略特区がスピード上げ始めた時だってw

poo‏ @pookumapoo Apr 4
Replying to @a_0567 @noiehoie

加計孝太郎、三井住友銀行副頭取 高橋精一郎、安倍晋三、鉄鋼ビルディング専務 増岡聡一郎のようです。ググりました。
この写真が注目されたのはこちらの動画からです。
https://t.co/g9LoSaujKK
序盤は北村さんの紹介、加計学園の具体的な話は1h30mくらいから。


https://twitter.com/Yuh_artisan/status/849264564684242945
裕次郎‏ @Yuh_artisan 7:17 AM - 4 Apr 2017

週刊朝日0(4/14)★《「籠池ノート」の中身》(菅野完)籠池氏は手紙、Fax等の原稿はすべて自身のノートに手書きで残され、そこから読み解けば、籠池氏の要望を安倍昭恵夫人が谷査恵子を介し財務官僚へ口利きしたことが明らかになる。



呆れた昭恵<本澤二郎の「日本の風景」(2565) 2017年04月04日
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52171119.html

<東京新聞報道で判明した正体>

 もうアキエのことは書くまい、と飽き飽きしていたのだが、東京新聞報道でそうもいかなくなった。この女は、自分の立場がまるでわかっていない。原因は夫の心臓にあるのだろうが、それにしてもおかしい。秘書の世界にも、仕える国会議員が党役員や閣僚になると、自分まで偉くなってしまう大馬鹿ものがいるが、アキエもその口に相違ない。恥を知れ、である。


<「総理夫人の仕事」に愕然>

 なんとなく首相というよりは、総理といった方が剝がつくと思い込む日本人が多い。彼女も「首相夫人」よりも「総理夫人」が好みらしい。アキエは「私人の仕事」と「総理夫人の仕事」と区別して、後者の仕事に異常な熱意をささげてきた女だ。
 これは東京新聞の成果である。2015年にゴーストライターに書いてもらったものか「私を生きる」という本を出版した。報道だと、講演・スキーイベントなどに計5人いる夫人付きの政府職員が同行する、というのである。
 こうした事実を国民は知らない。新聞テレビも無責任である。発覚すれば国会で追及される。世論の反発必至であろう。ちなみに「総理夫人の仕事」を憲法など法律を開いてみても、どこにも書いていない。
 したがって、総理夫人として公権力の行使はできない。断じてやってはならない。当たり前であろうことが、アキエにはわかっていない。自分で作文、いかにも総理夫人の地位・権限があるように仕組んで、そこで違法・不当な行為に走っていた。それが今回の事件のみならず、加計学園という初めて聞いた学校法人でも、心臓の意向を受けて暴走していたのである。

 アキエは森友学園の神道小学校の名誉校長、加計学園の保育施設の名誉園長になっていた。


<歴代首相夫人と異質>

 筆者は佐藤栄作首相の末期から、歴代の首相を取材してきたジャーナリストだが、アキエほどの出しゃばり女は、初めてのことである。どうして舞い上がってしまったのか。
 原因は、血税バラマキ外交と関係があろう。世界の指導者と握手しているうちに、自分も特別な女だと勘違いしてしまったのであろう。秘書が出世する議員に比例して、自分も偉くなったと勘違いする、そのレベルだ。
 確かに政治家というよりも、政治屋の溜まり場のような、永田町に汚染するほうが自然かもしれないが、そうだとしても「総理夫人の仕事」に専念・暴走する女の存在に辟易するばかりである。しかも、暴走する対象が狂っている。教育勅語である。戦後がわかっていない。民主主義を理解していない。創られた神話の世界で、舞い上がってしまったものか。
 歴代首相夫人は、常に控えめにして、夫である首相の迷惑にならないように行動した。議院内閣制のもとでは、これが当たり前で、首相特権をちらつかせる行為・行動は許されない


<100万円寄付に歓声が沸き起こった森友学園>

 安倍夫妻のテコ入れで、何もかもが順調に推移していた森友学園である。教育勅語教育に感動した首相夫妻の大きな力で、広大な国有地がタダ同然で手に入った。小学校認可も、心臓側近の文科省大臣、大阪府も心臓の親類のような知事の下で4月開校も決定していた。
 そこにアキエ自ら「心臓からです」といって100万円の茶封筒である。学園の職員室では「歓声が上がった」ことは間違いない。


<「会ったこともない。関係があれば議員を辞める」しかない>

 心臓に知恵をつけた悪党が誰か想像がつくが、ともあれ心臓は約束を反故にできない。国民の全てが、心臓公約を記憶している。「私も妻も事務所も関係ない。あれば議員を辞める」と国会で約束した。この約束は守らねばならない。

2017年4月4日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)


https://twitter.com/supportV4D/status/849521295523971074
VOTE for DEMOCRACY‏ @supportV4D 12:17 AM - 5 Apr 2017

昭恵の小野田きみ応援演説に帯同していたはずの夫人付の堀口恵美さんは、昭恵の連絡調整業務ではなく、思いっきり候補者の小野田きみを応援する行為をしていますね。
・ビラを受け取る
・ビラを読みふける
・候補者と握手
・写真を撮影

https://www.youtube.com/watch?v=R7XyJBu0wY4&t=9s







民主主義を取り戻す‏ @wHYLhvnLDoDm4ki 5h5 hours ago
Replying to @supportV4D

さくら式の応援スタイル。応援してますよ、という姿を有権者に見せる。これ、選挙運動で結構よく使うオーソドックスなやり方ですね。でも国家公務員がやったら完全にアウトです。
夫人付のノンキャリアの国家公務員の女性達は安倍夫婦に利用され捨てられましたね。

0 replies 23 retweets 11 likes
Dr.サキ‏ @XKyuji 4h4 hours ago
Replying to @supportV4D

@xkyuji
昭恵夫人は「主人(安倍晋三)に、小野田きみさんに『当選してもらうように昭恵に行ってもらいたい』と言ってました」と応援演説していた。
0 replies 4 retweets 6 likes
Mugu Rianjie‏ @Mugu_RI 1h1 hour ago
Replying to @supportV4D

https://www.youtube.com/watch?v=wJOGVwhkPdA … 00:54に右方向からカメラらきしいものをもって移動する夫人付秘書(青田優子)らしい女性の姿あり。詳細に分析できる伝手がおありならばよろしく。自見はなこさん。2016年6月26日11時ごろ。消される前に保存も。



https://mojim.com/twy111911x18x11.htm

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “籠池爆弾”の破壊力…この恥知... | トップ | 極右路線驀進<本澤二郎の「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。