さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

安倍政権が推進する新自由主義は国民の資産を腐敗勢力に略奪させる仕組みで、ファシズムそのもの 櫻井ジャーナル+

2017-03-06 19:44:42 | 日記
安倍政権が推進する新自由主義は国民の資産を腐敗勢力に略奪させる仕組みで、ファシズムそのもの 櫻井ジャーナル 2017.03.06
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201703060000/

新自由主義という考え方を導入した国では、腐敗した政治家や官僚と手を組んだ一部の人間が国民の財産を不正、あるいは不公正な手段で手に入れて巨万の富を築いてきた。国有地が格安の値段で学校法人に売却されても不思議ではない。

 ドナルド・トランプは離脱を宣言したが、安倍晋三政権を含む日本の支配層が今でも執着しているTPP(環太平洋連携協定)は私的権力に国を上回る権力を与えようとするものであり、そうした「新秩序」を前提にして、日本の「エリート」たちは動いているように見える。

 本ブログでは何度も指摘しているように、アメリカの第32代大統領のフランクリン・ルーズベルトは1938年4月29日、ファシズムについて次のように定義した:

「もし、私的権力が自分たちの民主的国家より強くなるまで強大化することを人びとが許すなら、民主主義の権利は危うくなる。本質的に、個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズムだ。」

 ファシズムの創始者とも言えるベニト・ムッソリーニが1933年11月に書いた「資本主義と企業国家」によると、巨大資本の支配するシステムが「企業主義」で、それは資本主義や社会主義を上回るものだとしている。これが彼の考えたファシズムである。

 つまり、TPPはファシズムにほかならない。勿論、TTIP(環大西洋貿易投資協定)やTiSA(新サービス貿易協定)でも同じことが言える。「富める者が富めば貧しい者にも富がしたたり落ちる」という「トリクルダウン理論」なるものがあるようだが、これは人びとをファシズムへ導く虚言だ。ため込まれた富を強制的にはき出させる何らかの仕組みが作られない限り、そうしたことは起こらない。

 かつて、宗教がそうした仕組みの一端を担っていたことがある。例えば、カトリックでは貧困層を助けることが神の意志に合致すると考え、仏教の場合は「喜捨」、イスラムでは「ザカート」や「サダカ」などの教えがある。

 また、キリスト教の聖典である新約聖書のマタイによる福音書やマルコによる福音書では、「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」と書かれていて、富を蓄積すること自体が良くないとされている。かつて、カトリックではイスラムと同じように、金利を取ることも禁止されていた。

 こうした倫理規範を破壊したのはプロテスタントの主張だとする指摘がある。マックス・ウェーバーによると、プロテスタンティズムの「禁欲」は「心理的効果として財の獲得を伝統主義的倫理の障害から解き放」ち、「利潤の追求を合法化したばかりでなく、それをまさしく神の意志に添うものと考えて、そうした伝統主義の桎梏を破砕してしまった」(マックス・ウェーバー著、大塚久雄訳『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波書店、1989年)というのだ。

 ジャン・カルバンらが唱える「予定説」によると、「神は人類のうち永遠の生命に予定された人びと」を選んだが、「これはすべて神の自由な恩恵と愛によるものであって、決して信仰あるいは善き行為」などのためではない(ウェストミンスター信仰告白)。つまり、人間にとって善行は無意味であり、自分が「選ばれた人間」だと信じる人びとは何をしても許されるということになる。強欲を認める教義だ。

 富と情報が流れていく先に権力が生じることは歴史が証明している。「トリクルダウン理論」は権力を集中させ、独裁体制を強化しようと目論んでいた連中が流した戯言にすぎないということ。

 不正を難しくするためには資金の流れを明確にする必要があるのだが、日本では逆の政策がとられてきた。つまり、政治家、官僚、大企業の経営者たちは不正を容易にする仕組みを作ってきたのだ。

 昔から証券界では相場が下がると「財投出動」を期待する声が高まった。「財政投融資計画」の資金、つまり郵便貯金、国民年金、厚生年金、大蔵省(現在の財務省)の資金運用部に預託される資金、簡易保険の積立金、金融機関から調達した資金などだ。この仕組みは2001年に変えられたというが、透明度が高まったとは思えない。事実上、日本の国家予算は「特定秘密」だ。安倍晋三政権が年金を怪しげなものに投入しようとしていることは最近、問題になった。そうした国民資産の略奪が話題になる中、国民資産を略奪する仕組みを確固たるものにするために共謀罪を安倍政権は導入しようとしている。

 アメリカでは1960年代に支配階級の利益に反する主張をしていた人びとが次々と暗殺された。1963年11月のジョン・F・ケネディ第35代大統領、65年6月のマルコムX、68年4月のマーティン・ルーサー・キング牧師、68年6月のロバート・ケネディなどだ。

 キング牧師が殺された直後にアメリカでは暴動が起こり、それに恐怖した支配層は暴動鎮圧を目的として2旅団(4800名)を編成、憲法の規定を無視して令状なしの盗聴、信書の開封、さまざまな監視、予防拘束などをFBIやCIAなどに許す計画を立てた。1970年に作成されたヒューストン計画だ。

 この計画を知ったジョン・ミッチェル司法長官はリチャード・ニクソン大統領を説得して公布の4日前、廃案にしてしまった。(Len Colodny & Tom Schachtman, “The Forty Years Wars,” HarperCollins, 2009)また、ケント州立大学やジャクソン州立大学で学生が銃撃されたことを受け、ニクソン政権は暴動鎮圧旅団を1971年に解散させてしまう。

 しかし、ニクソン大統領がウォーターゲート事件で1974年8月に辞任、ジミー・カーター政権下の78年には「文明の衝突」で有名なサミュエル・ハンチントンがズビグネフ・ブレジンスキーと一緒にヒューストン計画を生き返らせている。そして創設されたのがFEMA(連邦緊急事態管理庁)だ。(Peter Dale Scott, “The American Deep State,”Rowman & Littlefield, 2015)

 ロナルド・レーガンが大統領になるとFEMAを発展させる形でCOGプロジェクトが始まり、1988年に出された大統領令12656でCOGの対象は核戦争から「国家安全保障上の緊急事態」に変更された。そして2001年9月11日、その「国家安全保障上の緊急事態」が発生したとされ、「愛国者法」が成立してアメリカ憲法は麻痺させられる


日本はその後を追いかけている。











逃げ腰安倍首相の参考人招致妨害を許すな 植草一秀 2017年3月 6日 (月)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-affc.html

国有地の激安払い下げが問題になっている「アベ友事案」で、国会の存在意義が問われている。

財政法第9条は

「国の財産は、適正な対価なくしてこれを譲渡し若しくは貸し付けてはならない。」

定めているが、国は森友学園に対して、国有地を不当に低い価格で譲渡若しくは貸し付けた疑いが濃厚である。



だいたい、「産業廃棄物」がほとんどないかも 呆


「アベ友事案」には多くの問題の側面があるが、第一の問題点として財政法に抵触する疑いが濃厚に存在する法令違反の疑いがある事案である。

財務省の佐川宣寿理財局長は、2016年6月の国有地払い下げにより、国有地の払い下げ等に関する交渉過程を記した文書等を廃棄したと述べているが、この行為自体が財務省の文書管理規則に違反している疑いが存在する。


財務省文書管理規則
https://goo.gl/MYTJ5F

では、

国有財産 の管理及 び処分の 実施に関 する事項



国有財産の管理(取得、維持、保存及び運用 をいう。)及び処分の実施に関する重要な経緯

について、

③国有財産の管理及び処分(①及び②に掲げるものを除く。)に関する決裁文書又は管理及び処分に関する重要な実績が記録された文書

について、

保存期間を10年と定めている。

国有財産の管理及び処分に関する重要な実績が記録された文書の保存期間は10年である。

森友学園は昨年3月11日地中から埋設物を発見したことを近畿財務局に伝え、国は埋設物の現地調査を行い、埋設物撤去費用を8億2000万円と算出して、これを控除して当該国有地を1億3400万円で払い下げた。


これらの経緯が国有財産の処分に関する重要な実績にあたることは当然のことである。

これらの公文書を財務省は廃棄したと説明している。

財務省はあらゆる外部との接触を

「応接録」

として文書化し、これを保管している。

2015年9月4日に近畿財務局で行われた会議の議事録を含めて、すべての交渉経緯を記録した文書は確実に存在すると思われ、いまも管理、保管されている可能性が圧倒的に高い。

つまり、佐川理財局長は財務省文書管理規則に反する事実を述べていると思われると同時に、重要な実績を示す公文書は実は存在するものと考えられる。

国会で佐川氏に対して、財務省文書管理規則の運用についての細目を厳しく質す必要がある。

現状では、財務省の佐川宣寿理財局長が国有財産の管理及び処分に関する重要な実績を示す文書を廃棄していると述べている。

これでは、事実関係の究明が不可能であるから、会議出席者党(等)を国会に参考人として招致して、事実関係を質す必要がある。

安倍政権がこれを拒絶するのは、事実隠蔽と言われて当然である。

また、今回事案に関して、政治家への働きかけがあったことを、自民党国会議員が証言している。

自民党総裁として、自民党議員に対して、森友学園側からの働きかけがあったのか、そして、国の機関に対して働きかけを行った事実があるのかどうかについて、厳正な調査を行うべきである。

安倍首相は

「アッキード事件と世間で言われている」

との指摘に

「不愉快で遺憾」

と述べたが、

国民は、

安倍首相が国有地の不正な値引き販売が強く疑われる事案について、真摯に真相を解明しようとせず、これを隠蔽しようとしていると見える行動を示していることに、

「不愉快で遺憾」

と感じている。


国会は森友学園の籠池泰典氏夫妻、埋設物撤去及び土壌汚染除去の工事を担当したとされる株式会社中道組代表者、小学校建設工事を担当している藤原工業株式会社、前近畿財務局長の武内良樹氏、前理財局長の迫田英典氏、そして安倍昭恵氏の参考人招致を決定するべきである。

安倍政権与党の自民党と公明党は、事実解明を進めるために参考人招致に同意する責務がある。

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
http://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

http://foomii.com/files/information/readfree.html


https://m.facebook.com/murakamisatoko2013/posts/743016965860931
Murakami Satoko shared 服部信一郎's post.

<森友学園・土地払い下げ大疑獄事件>

もともと産業廃棄物は無かった?「土地を200万円で払い下げするために、最初からシナリオを誰かが書いて、政治家を動かした」という疑惑があがっています。

元々の土地の持ち主のお話→
●「校舎の部分は私が住んでいたところで、ダマされた
●「豊中市が公園にするから等価交換で向かいに移転して欲しい」と言うので、移転した。
●「ヒ素、鉛があると言うが埋め立て地では無い、もともと畑であって、沼で埋め立てたのは中学校部部分や
●「平成8年[1996]に豊中市と契約した文書にも公園とすると書かれている
●「町会で昨年に意見書もとめ、当初の約束と違うではないかと提出したが、1年以上回答がない」
服部信一郎 added 3 new photos.

[大スクープです]安倍晋三記念小学院、本日、浅野秀弥さんらと現地調査、木村真市会議員(無所属)ヒアリングに出かけました。大きな収穫でした。まずは現地でフジテレビ記者と一緒に、乗光さん(野田町会会長、もと公明党市会議員で議長まで務めた方)の話しをたっぷり聞くことが出来ました。

「校舎の部分は私が住んでいたところで、ダマされた」「豊中市が公園にするから等価交換で向かいに移転して欲しい」と言うので、移転した。「ヒ素、鉛があると言うが埋め立て地では無い、もともと畑であって、沼で埋め立てたのは中学校部部分や」、「平成8年に豊中市と契約した文書にも公園とすると書かれている」「町会で昨年に意見書もとめ、当初の約束と違うではないかと提出したが、1年以上回答がない」というものです。

乗光さんは、毎日、正門の前が家であることもあり、見張りを続けています。ハッと気づきました。いま市が買い取って公園となっているところは、ヒ素はなく、鉛が検出された!? 森友学園側はヒ素と鉛が検出されたために、初期に1億3176万円(後に8憶1900万円)の廃棄物処理経費が要した!?もともと産業廃棄物は無かった!エッと息をのみました。

200万円で払い下げするために、最初からシナリオを誰かが書いて、政治家を動かした!?

乗光さんは17年間、目の前のうごき全てを見ているのです。

「公園をつくる約束で、家の解体から建築まで、自腹でやった!」「それがトンでもない学校に変わった、真相を究明して欲しい」と。革新懇は豊中革新懇、市民の会と連携して、奮闘する決意です、しかし忙しすぎ!やな。写真のパンフレットは豊中市が1999年3月に作成したもの、当時の住宅街(今の校舎)の写真です。畑のうえに住宅が建てられたもので、産業廃棄分、ヒ素も鉛もあるはずがないと怒り心頭です。


March 2 at 11:40pm · Public



森友学園理事長長男「関係が深い自民党の先生の名前明かす」 NEWS ポストセブン 3/6(月) 7:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170306-00000002-pseven-soci

問題はどこまで拡大するか

 鴻池祥肇・元防災相が緊急会見で「無礼者! とカネは突き返した」と言えば、安倍晋三・首相は国会で「会ったこともない」と繰り返す。国有地払下げ問題の疑惑拡大とともに森友学園と“親交”があった政治家たちが一斉に手の平を返すなか、「あんなに応援したのに、政治家の先生方の物言いには納得がいきません」と怒る新たな証言者が現われた。

 森友学園が幼稚園児に教えている君が代や軍歌の斉唱も、教育勅語の朗読も、「安倍首相ガンバレ」の激励を含めて、安倍首相の教育観と親和性が高い。だからこそ首相は国会で同学園の籠池泰典・理事長について最初はこう激賞してみせたはずだ。

「いわば私の考え方に非常に共鳴している方でですね」
「妻から森友学園の先生(籠池氏)の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」

 ところが、森友学園批判が強まると発言を一変させた。

「学校がやってることの詳細はまったく承知していない」
「個人的には一回もお会いした記憶はない」

 さらには森友学園が「安倍晋三記念小学校」の名称で新設する小学校の寄付集めをしていたことについて、首相は何度も断わったと説明したうえで、「教育者の姿勢としていかがなものか」「この方は簡単に引き下がらない。非常にしつこい」と酷評した。こうした首相の“豹変”に怒っているのが籠池氏の長男・佳茂氏だ。

「父は安倍先生の熱狂的な支持者なんです。安倍政権ができた時には、日本という国が本当によくなると本当に喜んでいた。父の気持ちは安倍先生にも伝わっていたと思います。だから父のことを『立派な教育者だと聞いている』と仰った。

 それがいまや安倍先生から、『しつこい』とか、『教育者としていかがなものか』とまで言われ、あれだけ一所懸命応援していた父がどんなにショックを受けているかと思うと黙っていられません」

 佳茂氏は本誌のインタビューに応じ、安倍首相との面会から、日本会議との接点、稲田朋美・防衛相や山谷えり子・元拉致担当相との奇しき縁まで語った。

◆安倍先生とお会いしました

──安倍首相は国会で籠池理事長と会ったことがないと説明している。

「父の代理で私が安倍先生とお会いしました。2012年9月の自民党総裁選の時に、安倍先生は大阪で街頭演説をしたあとリーガロイヤルホテルに向かいました。私はホテルのロビーで待っていて、『籠池です。父の名代としてきました。くれぐれもよろしく伝えてくれと言われています。応援しています』と挨拶して、父の名刺を差し出したのです。

 安倍先生は父の名刺を隣にいた秘書の方に渡されていました。私は確かに父の名代として、ご挨拶をしました。安倍先生が『会ったこともない』と言われるのはどういうことかと。心にぶれがあるからなのでしょうか」

 佳茂氏が「これを見てください」と差し出した名刺には、〈衆議院議員 安倍晋三〉とある。当時は総理退任後で自民党も下野しており、安倍氏は無役の“ヒラ議員”だった時期だ。

──会ったのは1度だけ?

「実は、その前に直接、電話をもらったことがあります。父が安倍先生を幼稚園の講演会にお呼びしていたのが、安倍先生から急にキャンセルになると私の携帯電話にお詫びの連絡が入ったのです。間に入ってくれた人が、父と間違えて私の番号を教えたのではないでしょうか? 『すみません。私は息子です。父のほうに電話をしてください』と、父の番号を伝えました」

──仲介者は誰か。

「よくわからないんです」

 佳茂氏は森友学園と安倍首相をつないだ「仲介者」については頑なに口をつぐんだ。

◆山谷、稲田、中山との関係

──他の議員との関係はどうか。

大学を卒業して、山谷えり子先生(第2次安倍内閣の拉致問題担当相)の事務所で半年ほどカバン持ちをしました。(落選中だった)山谷先生が自民党から参院選の比例代表に出馬する頃です。日本会議が初めて選挙で推薦したのが山谷先生でしたから、椛島有三日本会議事務総長に連れられて、東京の事務所で紹介されたのがきっかけです。

 私が事務所に出入りしていたのは半年で、次に東京で連合系の労働組合の職員になりました。父の名代で安倍先生にお会いしたのはその後、大阪に戻って事業を始めた頃です」

 山谷事務所に佳茂氏がスタッフとして関わっていたのか確認すると「事実ではございません」と回答。双方の言い分は食い違っている。


統一教会・日本会議・生長の家・谷口原理主義者が応援


──森友学園の園児が自衛隊員に手作りの品を贈ったことに対して、籠池理事長は稲田朋美・防衛相から感謝状を受けている。

「稲田先生が初めて政界に出馬されたときから、父は応援していました。それなのに、今になって稲田先生が感謝状取り消しも検討すると仰るなんて、ハシゴを外されたという思いはあります」

 稲田事務所は、籠池理事長との関わりについて、「どういった機会に会ったかは定かではありませんが、面識はありました。が、とんでもないことをしつこく言ってくることなどがあり、無視をしていたら、稲田の私邸にFAXや電話を入れるようになったので、お付き合いは10年前に一切やめています」と回答した。

──中山成彬・元文科相は森友学園について、〈園児に教育勅語を斉唱させている幼稚園ということで視察したことがあるが、経営者自身が勅語の精神を理解していないようだ〉とツイッターで批判したが。

「中山成彬さんも講演にいらしたことがあり、その時には、参観して朝礼からみてもらって、どんな教育をしているのか、知っていたはず。応援してくれていた一人だと思っていました。それが、いまでは手のひら返しですから」

 中山氏が語る。

「10年ほど前、1度だけ森友学園の幼稚園に視察に行った。園児がワーワー言っているので、何を言っているのか分からなかったんだけど、それが教育勅語だったと。講演した記憶はないが、理事長が、『自分は一生懸命に(こういう教育を)やっているんだけれど、ここは大阪だから、日教組の小学校に入ると、全然無駄になってしまうんだ』と、そういうことを仰っていたことは記憶しています」

 いくら切り捨てようとも、過去の関係までは“なかったこと”にはできないということだ。

※週刊ポスト2017年3月17日号


森友学園“口利き”疑惑 与党幹部が激白「本当に口利きしたのは◯◯大臣」
〈週刊朝日〉 3/6(月) 16:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170306-00000043-sasahi-pol

 森友学園疑獄にはもう一人“怪人物”が突如、現れた。「週刊文春」(3月9日号)の記事「安倍晋三記念小学校“口利き”したのは私です」(左上写真)に登場した経営コンサルタントの川田裕介氏だ。

 故・鳩山邦夫衆院議員事務所の「参与」の名刺を持ち、籠池理事長からの相談を受けて近畿財務局で“口利き”したと告白したのだ。当の川田氏は、本誌の取材にこう答えた。

「文春さんに話したのは安倍政権を守りたいから。私が鳩山の名前を出せば、安倍首相に目がいかなくなると思ったからです」

 川田氏は塚本幼稚園のPTA役員を務めるなど籠池泰典理事長と親交がある。“口利き”についてこう語った。

「近畿財務局とのやり取りは前半30分は国有地の状況説明、あと30分ほどで今後の見通しなどを話した。先方は売却と借地のどちらも考えていて、前向きにやっているという話でした。参与の名刺で行っていますから、名前だけで十分。5回も大臣をやっていますから。今回に限らずそんな陳情はよくあることです」

 だが、故・鳩山邦夫議員の秘書はこういぶかしむ。

「『参与』という肩書は存在するが、大阪で政財界関係者にパーティー券を配る係で無給ですよ。私設秘書ですらない人間が訪ねて8億円のディスカウントは絶対無理ですよ

 それでは口利き疑惑の“本命”は誰なのか。ある与党幹部はこう語る。

「稲田朋美防衛相が大阪のホテルで開いたパーティーの発起人に籠池氏が名を連ねるなど関係があった。しかし、この件は別の大物大臣X氏が関与しているという話がある。鴻池氏が表に出て釈明したのも、X氏を守る防波堤になって幕引きするシナリオがあったのではないかと言われている」

 大阪府は開校の認可を延期する方針で、籠池夫妻は危機に陥っている。
学園は小学校のホームページで鴻池議員の会見を<事後的に捏造された文書で、献金や寄付を強要していた事実を揉み消そうとする態度には嫌悪感しか感じません>と痛烈に批判しつつ、<今は反論を控え、適切に認可がおりるのを待つことにします>と意味深な声明を出した。

 籠池夫妻の証人喚問を先延ばししている自民党。

 幹部がこうぼやく。

「暴露しない見返りに認可しろという意味にもとれるが、世論が納得しない。国会に呼べば、何を言うかわからないし……」

(本誌・小泉耕平、村上新太郎、大塚淳史/今西憲之)

※週刊朝日  2017年3月17日号より抜粋


タダでは動かない利権第一の政官界<本澤二郎の「日本の風景」(2533) 2017年03月06日
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52168556.html

<謝礼金とポスト安倍の攻防戦に注目が集まる>

 森友学園の国有地払下げ事件は、安倍夫妻が音頭を取った重大犯罪という理解が、国民の間で広まっている。ソウルに対抗した安倍包囲デモが計画されている、と報じられている。広大すぎる国有地が、超激安どころか、タダ同然の値段で払い下げられている。悪辣な政府の、権力乱用事件そのものであることを裏付ける犯罪である。仲間の会計検査院調査で逃げようとしても、主権者は許さない。自民党内も、安倍退陣を前提とした後継者争いも表面化してきた。比例して森友学園側からの謝礼金にも、強い関心が集まっている。

<天文学的な金額か>

 「政治は夜創られる」「政治は金で動く」というが、この古典的な政治力学は、今も同様である。

 タダ同然で、莫大な資産を懐に入れた籠池も、すごい人物である。伝えられる彼の素顔は、日本会議幹部というだけではない。「生長の家」幹部との評価も出ている。

 神主の集団である神社本庁には、人材はすくないか、いない。そこに割り込んで、悪辣な改憲軍拡路線を進行させているのは、谷口雅春門下生である。籠池はどうなのか。まだ事件は入り口かもしれない。

 たとえ日本会議主導の払下げ事件だとしても、これほどの大がかりな不正腐敗行為である。タダで動く政界や官界ではない。

 競争入札という公正なルールで実施すれば、20億、30億はては50億円になるかもしれない国有地である。この大がかりな国有地払下げによって、浮いてくる高額な金を懐に入れる輩が必ずいるはずである。疑獄事件さえも想定されるだろう。

 それも安倍夫妻主導であれば可能であるが、これは要するに、関係者はすべからく売国奴と国民から指弾されることになる。会計検査院で蓋かけをしようとする自民党と公明党も、腐敗政党ということになる。むろん、安倍・極右と連携する維新もそうである。

<国民は籠池と安倍妻の国会招致を強く求めている>

 真相解明には、法的拘束力のある国会での証人喚問が、何としても必要不可欠である。

 安倍の大嘘に辟易している国民は、まずは籠池と安倍妻の参考人招致を、強く求めている。二人もウソをつくであろうが、安倍ほど上手ではない。必ずボロが出るだろう。

 違法どころか、国家的重罪の疑惑をもたれている、籠池と安倍妻の参考人招致に抵抗する、首相官邸と自民党と公明党である。

 このことから、安倍夫妻が主導した売国奴犯罪であることを裏付けて余りある。間違いというのであれば、堂々と国会でてきて疑惑を晴らす責任がある。逃げ出すことは許されない。

<麻生・二階・石破が手を挙げたポスト安倍>

 早くも自民党内で、安倍後継人事が動き出している。3月5日の自民党大会で3期9年の党則が改正された、その日から後継人事が動き出しているというのも皮肉であろう。

 「鴻池の暴露戦術には、麻生の思惑アリだ。対抗するのが、既に下野している石破である。二階は、早々に安倍三選を口実に、安倍グループの取り込みに必死だ」という政界雀の観測が浮上。

<どうする岸田?>

 他方、安倍外交を引きずって、全くさえない岸田に派内の不満は大きく、爆発寸前との指摘も出ている。「岸田には背骨がない。宮澤喜一の薫陶をすっかり忘れてしまっている。目が出るのかどうか。このままでは自民党が消えてしまうというのに」といらだつメンバーもいる。

 こうした党内のポスト安倍の動きは、野党の無力と連動している。「これほどの宝物を、全く奪おうとしない野党分裂が、自民党内をいら立たせている」という側面もある。売国奴スキャンダルは国際社会を巻き込んで、収まることはない。

2017年3月6日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国会議員になる前の稲田朋美... | トップ | 国賊を逃すな 本澤二郎 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
支配層のシナリオ (勾玉ママ)
2017-03-08 00:16:53
ユバル ノア という今を時めくイスラエルの歴史学者が、人類の未来を語っていて、AIによる影響、不老不死の技術などによって、人類は劇的に変化の時期を迎え、経済的もしくは政治的エリートとそれに隷属するグループとに二分されるそうで、Faceブック創始者やビルゲイツなどに絶賛されているそうです。彼曰く、乞食がいくらストや抗議をしてもなんにも怖くない、んだそうです。https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2016_1222.html
だから不正選挙で総理になったと噂のある安べなどは、国民/国富は自分の持ち札、将棋の駒とでも考えてなりふり構わず彼らエリートの足の爪を舐めているのかもしれませんね??
与野党グルのプロレス政治 (勾玉ママ)
2017-03-08 00:27:55
連投すみません。<m(__)m>

さゆさんのこの動画、大丈夫なのかなあと心配になりますが、一理あるかも??
  ↓
安倍政権批判・安保騒動・戦争反対は、与野党グルで作られている
https://www.youtube.com/watch?v=eiEr4n5ZYSg

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。