さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

無法無天の安倍官邸<本澤二郎の「日本の風景」

2017-04-06 20:31:32 | 日記
無法無天の安倍官邸<本澤二郎の「日本の風景」(2567) 2017年04月06日
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52171294.html

<天に唾する安倍夫妻>

 平和憲法・民主憲法を破壊する目的でもって、政権に執着する安倍晋三の官邸は、さしずめ無法無天であることを、5年目にとうとう暴露され、目下、窮地に立たされている。憲法尊重擁護義務に徹する天皇に対して、安倍晋三はその逆の立場を貫いている。いわば1%を代表する売国奴政権である。新聞テレビを掌握した強みであろうが、これは天が許さない。天に唾する安倍官邸である。いずれ天罰が下るだろう。


<私人・昭恵は選挙応援に国家公務員を引き連れる!>

 社民党の福島議員の追及で、また新たな昭惠の暴走が露見した。内閣官房は4月5日、昭惠が昨年の参院選において、3回も選挙応援していた事実を認めただけでなく、その際、国家公務員を引き連れていたことも白状した。

 心臓がいかなる工作をしても、昭惠を公人にできない。議会も国民も認めないし、反対である。それでいて現実に私人の昭惠は、公務員を顎で使っていたのである。そこには、安倍の違法な意思が働いている。安倍晋三の職権乱用の罪である。
 まともな三権分立国家であれば、直ちに司法によって断罪されるところだろう。


<公務遂行補助?国民を馬鹿にするな>

 内閣官房は、役人の同行は「公務遂行補助」とうそぶいたのだ。これも呆れた悪しき官僚の、ゴマカシ説明であるが、心臓が狂っているため、内閣官房も同じく狂ってしまったのであろう。官僚腐敗を象徴する屁理屈だが、まったく論理的ではない。
 昭惠は公人ではない。すべての国民の認識である。私人に公務員が従う?こんな国が、どこかに存在するのであろうか。
 主権者である国民を馬鹿にするのも、歩度があろう。撤回すべきだ。福島議員のさらなる追及材料である。


<官房機密費を悪用か>

 このような不埒な行為がまかり通っている安倍官邸が、なぜ存在するのであろうか。
 ずばり官房機密費が乱用されているせいだ。金庫番の官房長官の腐敗が、それを可能にしている。事情通であれば、誰でも知っていることである。
 何度でも繰り返すが、官房機密費は血税である。国民の懐を痛めた浄財である。昭惠はそこに手を突っ込んでしまったのだ。


<昭惠は機密費常習者か>

 「旅費は夫人の私的経費で負担した」が内閣官房の説明である。この説明も大嘘である。「夫人の私的経費」?ふざけるな、といいたい。
 昨年の6月28日岡山、7月3日東京、同9日沖縄である。沖縄往復の飛行機代と役人同行手当を、ケチで有名な安倍夫妻が自分の懐から支出するはずがない。夫妻の料亭での食事はすべて機密費払いのはずだ。昭惠活動にこそ、機密費が支出されている。永田町の常識的な見方である。
 東京での選挙応援に贅沢三昧の昭惠が、地下鉄やバス・JRを使って現地入りしたのであろうか。タクシーを使用したのか。公用車を使っていないか。公用車であれば、これも違法である。
 福島追及は、これからが本番なのだろう。
 国民の多くは、このデフレ不況下、必死の質素倹約で対応して、生きている。自慢でも泣き言でもないが、筆者は月15万円の年金生活者である。心臓並み?にケチケチ生活に甘んじて生きている。誰か、この原稿を買ってくれる善意の日本人はいないか?そう思ったりもしている昨今である。
 唯一、月刊誌「財界にっぽん」に毎月2本の原稿を書いているが、残念ながら無料奉仕原稿だ。有名な夕刊紙「日刊ゲンダイ」は、たまのコメント料をいただいて感謝しいているが、これが偽らざる庶民の暮らし向きのはずである。
 少しだけ愚痴を言わせてもらうと、日本の食料品は高い。べらぼうに高い。原因はアベノミクスによる、意図的に創られた円安だ。高い輸入品が物価を押し上げて、消費を抑えている。真面目な庶民は、怒り心頭である。それがアレルギーの強かった日本共産党支持を拡大させている。

 ついでに言うと、日本に戻って来て半月を経過したが、果物は高くて手が出ない。数日前にバナナ4本を買っただけである。メキシコ産バナナは、確かにいい味がする。


<5人の公務員は給与返済義務と免職か>

 憲法・法律を適用すると、谷さんら5人の国家公務員は、本来の公僕たる公務をしていない。したがって、給与を全額国庫に返還しなければならない。それのみならず、国家公務員法違反で、罷免されるしかない。
 真犯人は、無論、昭惠というよりは、そのような立場を強いた安倍晋三の罪である。共犯者は菅ということになろう。



<内閣全体が腐蝕>

 霞が関には、たくさんの役人が働いている。中には真面目な役人もいるはずである。
 かつて日中友好を、田中角栄と共に実現した大平政芳は「日本の官僚は優秀だよ」とよく口にしていた。そう信じ込んでいた筆者だったが、いまは「裏切られた」との思いが強い。
 正直に言って、永田町住人の多くは、ろくでもない日本人が多い。政治家は少ない。政治屋が目立つのだが、したがって、そこをカバーしてきた官僚だった。官僚国家といえる日本だったが、そこが腐蝕してしまっている現在なのだ。
 根っこが腐っている。いつ倒れるか、という瀬戸際に立たされている悲しい日本国である。果して悲願の、修身斉家治国平天下の日本が到来するのであろうか。

2017年4月6日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)



ほとぼりが冷めたら書き換える予定 野次馬 (2017年4月 5日 22:27)
http://my.shadowcity.jp/2017/04/post-10910.html

大阪地検特捜部が、財務省に対する背任罪の告発状を受理したね。大きく流れが変わった。はたして財務省は「証拠はみんな処分しました」で通せるもんかw 役人は、自分が捕まりたくなきゃ、安倍晋三を売るしかないw で、今日も安倍晋三はせっせと証拠隠滅中で、国会の議事録まで捨てたというんだが、

衆議院 予算委員会日程
2月14日・・・ある(防衛関係の質問がメイン)
2月17日・・・ない(初めて森友問題が国会で質問される&安倍「関わっていたら政治家辞めますよ!」発言があった日)
2月20日・・・ない
2月23日・・・ない
2月24日・・・ない
2月27日・・・ない
3月17日・・・ある(証人喚問の要求に関する議事録のみ)
3月23日・・・ある(証人喚問当日の議事録)
議事録はこちらから
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/0018_l.htm

安倍晋三をシャバに置いとくと、こうやって証拠隠滅ばかりするので、とっとと捕まえろw フクシマボカンの原因となった電源喪失問題でも、国会で共産党から追求された記録を消したそうだしw で、週刊文春なんだが、安倍晋三の右腕とも呼ばれる今井秘書官が東芝を潰した犯人だ、という記事でw

http://bunshun.jp/articles/-/1972
東芝の原発事業担当者は社内で"暴走機関車"と呼ばれていた。この男が頼ったのが、資源エネルギー庁次長で現秘書官の今井尚哉氏。本誌が入手した担当者の日誌には年間30回も「今井」の名がある。西田元会長は政府の顔色を見過ぎたことは「間違っていた」と語るが...


火の手があがる時には、一斉だねw



加計孝太郎、三井住友銀行副頭取 高橋精一郎、安倍晋三、鉄鋼ビルディング専務 増岡聡一郎



森友学園事件の発覚に続いて、今度は加計学園事件が急浮上して万事休すの安倍氏:民主主義の何たるかを理解できない安倍氏を首相に据える日本の北朝鮮化が止まらない! 新ベンチャー革命 2017/4/6(木) 午後 0:21
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36637121.html


森友どころでない加計学園問題 日本中で進む国家の私物化 お友達はみんな優遇され 長周新聞 2017年3月29日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/moritomodokorodenaikakegaukenmondai.html

・・ 土地の無償譲渡を推進した今治市の菅良二市長は、日本会議愛媛県本部の地方議員連盟正会員であり、市議会では安倍政府に呼応して「憲法改正早期実現意見書」(県内三自治体のみ)まで採択した。加戸守行・前愛媛知事は、森友学園でも講演した八木秀次(麗澤大学教授)や曾野綾子などとともに「教育再生実行会議」の有識者メンバーでもある。在任中には「新しい歴史教科書の会」の教科書を県内の小中一貫校に採択させて物議を醸している(今治市でも一時的に採用)。岡山理科大の現学長は愛媛大学の前学長という奇妙な一致もある。ここでも安倍昭恵が直接文科省と交渉していたことが暴露されている。

 加計学園を取り巻く人脈とカネの流れは、森友学園などは後進の「新興勢力」に過ぎないことを感じさせている。


自治体から土地も補助金も  系列の千葉科学大

 同じく加計学園が運営する千葉科学大(千葉県銚子市)では14年5月、開学10周年の記念式典に、異例にも安倍首相本人が岸田外相まで率いて来賓として列席している。そこでの挨拶では「どんなときも心の奥でつながっている友人、私と加計さんもまさに腹心の友」と昵懇(じっこん)ぶりをみずから表明しており、直前に講演を断わられた森友学園と比べても格の違いを見せつけている。

 この千葉科学大の誘致経緯もすさまじい。15年前、大学誘致を選挙公約にして当選した野平匡邦・銚子市長は、97年から99年まで加計学園が本拠を置く岡山県の副知事で、02年から市長になる直前まで岡山理科大の客員教授という、いわば加計学園の代理人ともいえる人物。誘致の条件として加計学園側は、完全整備済みの学校建設用地15㌶の無償譲渡を求め、上物(校舎)の建設費にも93億~120億円の補助金を銚子市に要求している。結果的に、市が92億円の補助金を提供し、市有地9・8㌶の無償貸与が約束された。その後、補助金は77億5000万円に下がったものの、大半が借金だったことから市民の批判が噴出して03年には住民投票請求(市議会が否決)も起き、市民の批判をかわすため加計学園が14億6000万円を返還することが決まった。だが、市側は8億円の受けとりを辞退している。

 銚子市の市債残高は3000億円を抱え、千葉科学大への補助金支払いのための借金で、利子を含めた返済額は84億円。毎年約4億円を返済しており、14年度末時点で約44億円が借金として残っている。これらの経緯への疑心暗鬼が膨らみ、野平市長は3選目を逃したが、今年4月23日の市長選での返り咲きを目指して出馬する意向で、今度は千葉科学大学に国家戦略特区制度を利用して「水産・獣医学部」の新設を公約に掲げるなど、今治市に続く二匹目のドジョウを狙っていることが話題にされている。

 一学校法人にすぎない加計学園が自治体の権限さえも操れるのは、さらに大きな権力と直結していると見るほか説明が付かない。象徴的事例として昨年、安倍首相は、みずからが任命権を持つ最高裁判事に加計学園監事の木澤克之弁護士を任命。同氏は加計理事長と立教大の同窓で旧知の仲とされている。15人の最高裁判事のうち「弁護士枠」は長年の慣例として日弁連が推薦したリストから選ばれていたが、なんの功労賞なのかその慣例すら無視した「安倍人事」となった。

 さらに、文科省官僚であり、安倍内閣で内閣官房参与を務めた木曽功は、今治市を国家戦略特区に指定した直後、加計学園に天下り、現在は千葉科学大の学長におさまっている。さらには、萩生田光一官房副長官も落選中、千葉科学大学がアジアで唯一といって新設した「危機管理学部」の客員教授として「小遣い稼ぎ」をやっていたことも明らかになっている。

 安倍首相お膝元でも、下関市長5選目の出馬をやめてから参議院の山口県選挙区ポストが空くまで「浪人」だった江島潔(現参議院議員)が、やはり加計学園の倉敷芸術科学大学に客員教授として潜り込んでいた。同大学のフィリピン日本語文化学院との教育交流協定(13年11月)では、「安倍首相のご令室」として安倍昭恵が立ち会って協定書に署名し、首相がフィリピン訪問時には安倍夫妻が揃って同学院を視察していることを大学側が紹介している。これら自民党政治家の「止まり木」的採用は、安倍政府の加計学園への厚遇に対する「見返り」とも見てとれる。


森友問題は氷山の一角 全体像解明は必至

 加計学園がらみの異例待遇はこれにとどまらない。2012年、加計学園グループの学校法人順正学園(加計美也子理事長)が運営する吉備国際大学あわじ志知キャンパスのために、兵庫県南あわじ市が旧公立高校の敷地と建物約30億円相当を無償譲渡していたことが報じられている。さらにリフォーム代20億円のうち13億円を市が出していた。200億円もの資産を有する学校法人に、税収60億円の自治体が巨額の支援をすることには反発も強く、もともと地元の売却候補だった地元企業関係者が県監査委員会に告発するなど住民も怒りを露わにしている

 また、加計学園が所有する「ヘルスピア倉敷」(宿泊施設やプール、スケートリンクを備えた複合施設)も、社会保険庁の保養施設であったが、09年に社保庁の「財源確保の一環」として同学園が払い下げを受けており、開業式典には安倍首相が参列するなど、国がらみの癒着が疑われる厚遇ぶりは目に余るものがある。

 さらに加計学園と共通する「国家戦略特区」の恩恵を受けている大学として、国際医療福祉大学(栃木県大田原市)が上がっている。同大学が成田キャンパス(千葉県成田市)に立地予定の医学部(4月開学予定)をめぐって、一昨年に安倍政府によって特区申請が認められ、公募期間はわずか一週間で応募者は同大学のみ。成田市から大学用地23億円相当が無償譲渡され、建設費160億円のうち80億円の補助金を加えて、附属病院用地の造成費用として10億円を市が負担するなど、加計学園とウリ二つの内容となっている。数数の国営病院を買収してきた同大学の高木邦格理事長は、歴史的に自民党の渡辺美智雄元副総理との関係が深く、東京JT病院買収時には、渡辺喜美衆議院議員の関与が指摘されていた。

 さらに、この間、芋づる式に明らかになったのが、18歳選挙権以後に安倍政府の肝いりで始めた「高校生未来会議」にかかわっている安倍首相の親戚が代表を務める社団法人が設立した「AO義塾」(自己推薦入試対策の予備校)への関与だ。この会議には、安倍晋三が「内閣総理大臣賞」、石破茂が「地方創生担当大臣賞」、高市早苗が「総務大臣賞」を贈るなど政府が全面バックアップしているが、その流れで一ベンチャー企業の「AO義塾」にも安倍昭恵が「内閣総理大臣夫人」として応援メッセージを寄せ、文科省にも直接支援を要請するなど、営業活動に全面的に関与する公私混同ぶりが指摘されている。

 また、2月におこなわれた「もったいない学会」シンポジウムで、「日本国際民間協力会」の理事を務める京都大学名誉教授が、アフリカでの「エコサントイレ」の普及事業への補助金給付について安倍昭恵夫人に相談したところ、その晩にすぐ安倍首相から連絡が入り、「今年8000万円の予算がついた。あの夫婦のホットラインはすごい」と自身が公開した動画で自慢げに発言していたことも物議を醸している。森友学園で問題になった「口利き」などはすでに常態化しており、「公人」としての威力を能動的に発揮していることがわかる。

 森友学園問題まで行き着いた一連の大学への利益供与は、「日本会議」の人脈で張り巡らした安倍内閣人事をみるまでもなく、「愛国」や「教育再生」をスローガンにした右傾化路線の中で拡大してきたことはいうまでもない。「日本会議の研究」の著者で知られる菅野完氏は、「籠池理事長は、2006年の教育基本法改正が小学校を建てる追い風になったと語っていた」とのべており、日本会議の別働隊である教育再生機構との関係や、当初は安倍首相を党首に迎えることまで取りざたされた「大阪維新」の台頭を「鉱脈」にして、国による異例の便宜をとりつけるところまでいったことを暴露している。

 森友問題は氷山の一角にすぎず、国民の視線は今後、日本中の「森友現象」の真相解明へと広がらざるを得ない。


https://twitter.com/YK49150270/status/849614477993496576
YK #共謀罪法案は廃案に‏ @YK49150270  6:27 AM - 5 Apr 2017 from Kyoto-shi Nishikyo, Kyoto

報道ステーション。

「共謀罪」法案、あすから審議。

えっ!!!衆議院での審議時間は30時間、って💢💢💢

#共謀罪









近畿財務局の職員が大阪府を何度も訪れた理由 小笠原誠治 2017年04月06日
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/51714193.html

 森友学園事件の関係で、近畿財務局の職員が大阪府庁を何度も訪れたことが明らかになっていますが…

 財務省のことをよく知る人からは、普通、そのようなことはあり得ないという発言がある一方で、佐川理財局長は、それは当たり前のことだと言っています。

 まあ、確かに国有地を早急に売却したいという事情があれば、財務局の職員が地方公共団体を訪れることがあってもおかしくはありません。

 しかし、この森友学園への国有地売却に限っては、どうも納得がいかないのです。

 だって、森友学園はお金がなく、国有地を買うお金さえ用意できない学校法人だったからです。


 つまり国にとって全然旨い話ではなかった、と。

 次のようなことが報じられています。

 ・大阪府の私学審議会が2014年12月に「継続審議」とした直後に、財務省近畿財務局の職員が大阪府庁を訪れ、「審議会の結論を出す時期は、コントロールできるのではないか」などと述べていた。

 ・「継続審議」となった直後の2015年年1月8日に近畿財務局の職員2人が大阪府庁を訪れ、「この先認可が下りる見込みがあるのか」などと、問い合わせてきた。

 ・府の担当者が、「1月中に審議会を開催することも視野に検討はしているが、認可適当との答申がでるとは限らない」と応じたところ、近畿財務局の担当者が、「審議会の結論を出す時期は、事務局でコントロールできるのではないか」と言った。

 ・そんなことを言われて、大阪府の担当者は、「近畿財務局の担当者の発言は失礼に感じた」と話している。



 これのやり取りで明らかになったことは、この時点では、どうも近畿財務局の方が大阪府よりも、森友学園の小学校設置により積極的であったということなのです。大阪府の方が熱心であったのであれば、大阪府の方も財務局を何度も訪れていないとおかしい訳ですから。

 要するに、本来国にとっては何のメリットもない森友学園への国有地売却なのですが…どういう訳かそれを急ぎたいと財務局側が考えていたのは事実なのでしょう。

 では、何故森友学園へ国有地を売却したいと思ったのか?

 寿司友の田崎氏によれば、ゴミが沢山埋まっていて価値の低い土地だったので早く売り払いたいと考えていたのだろう、ということなのですが…

 仮に、それが本当だとしても、その国有地は、そもそも財務省(近畿財務局)が所有するものではなく、国土交通省(大阪航空局)が所有するものであったので、財務省が売り急ぐ必要は全くなかったと言っていいでしょう。

 では、何故財務省は売り急いだのか?

 そんなこと答えは明らかではないですか!?

 安倍総理が関わっていた小学校だからです。

 忖度なのか恫喝なのか、はっきりしたことは分かりません。

 しかし、上からの何らかの指示がなければ一財務局が、そんなことをする筈がないのです。

 それに、それが単なる忖度による売却であったのであれば、資料はちゃんと今でも存在していたといっていいでしょう。

 だって、やましいところがなければ書類を廃棄する必要がないからです。


 それに、これは担当者レベルだけの判断で行ったことでないのは、大阪府に何人もの財務局の担当者が訪れ、しかも大阪府に認可を急かせるような発言をしていることからも明らかです。

 というのも、近畿財務局が当該土地を森友学園側に貸し付け、或いは売り払いをするためには、事前に国有財産審議会を開く必要があった訳ですが、その重要な会議には財務局長が出席するため、事前に財務局長に森友の案件を説明する必要があったからです。というよりも、確実に認可されるであろうと財務局長に説明する必要があった、と。否、それより一歩進んで、財務局長から、大阪府に早く認可をしろと言えと言われていたのではないのでしょうか。

 大阪府の担当者が失礼だと感じたセリフ、つまり、「審議会の結論を出す時期は、事務局でコントロールできるのではないか」というのは、元々は財務局長が言い出したことで、その発言を担当者がそのまま繰り返した、と。

 近畿財務局の実務を担当している職員が、そのようなことを言うなんて普通は想像できないでしょ?霞が関で審議会の事務局の仕事を何度も経験したキャリアの言葉と考えるのが自然だと言えるでしょう。

 つまり、近畿財務局が組織として森友への国有地売却に協力してやろうとしていたことがそれで明らかになったと言っていいでしょう。

 しかし、その時点では1億34百万円という超格安での売却まで決めていたとは思われません。

 森友に優先的に売却することまでは了承しても、価格は別だ、と。

 で、その価格についての交渉に関しては、昭恵夫人とその秘書の谷氏、そして、森友学園の酒井弁護士、そして、理財局の幹部の出番になったと思うのです。


【森友疑獄事件】決定的に追い込むためにはどこを攻めるべきか 反戦な家づくり 2017-04-05(Wed)
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1620.html

野党のぬるい追及のおかげで、とっくに辞任必死のはずの安倍晋三クンはのらりくらりと逃げ回り、それどころか共謀罪の審議入りだという。
閣僚は軒なみ辞任級の不祥事をやらかしながら、恬として恥じることなく、にやにやしながら「謝罪」のマネをするだけ。
内閣支持率も5%前後減っているとはいえ、まだ50%以上をキープしている。

これだけの大疑獄事件を、しかも当事者の籠池サイドが手のひらを返して情報提供しているにもかかわらず、なぜ追い込むことができないのか。

もちろん、最大の理由は安倍政権の厚顔無恥、傲岸不遜の度合いが、10年前とは桁違いになっているということではある。どんな不祥事だろうが、「問題ない」「あたらない」と言い切り、あまつさえ閣議決定までしてしてしまう。
まさに、全国民に向かって黒いカラスを白と言い切るのが 今の安倍政権だ。

それにしても、黒いカラスは国民の目にも黒く見えている。だから、内閣支持率とは別に、森友事件については圧倒的多数が「おかしい」と回答している。当然である。

にもかかわらず 国会で政権を追い込むこともできず、支持率を危険水域まで下げることもできないのは なぜなのだろうか。



攻める側の最大の弱みは、野党第一党が民進党だということだ。
民進党は、民主党時代の裏切りを懺悔して、国民に土下座し、野田をはじめとした戦犯を放逐しないかぎり、なにを言っても、どんなことをしても、決して今以上の支持は得られない。そしてそんなことは金輪際しないだろう。
そもそも、前の記事で書いた通り、今以上の支持をとる気もない。10%前後の支持率と議員数に安住しながら、安倍政権の左足としてしっかり支えていくつもりだ。

それでも、これだけ毎日毎日追及し、マスコミもそれなりに取り上げ続けているのに、なぜダメなのか。

それは、詰め切れないテーマと 詰め切れるテーマを切り分けないからだ。
今、問題になっているテーマを羅列してみよう

1.安倍昭恵ルート
① 財務省に口利き 谷FAX
② 100万円寄付
③ 随行公務員の選挙運動

2.財務省・近畿財務局ルート
① 大阪音大を断って森友学園に特命
② 契約前に超低額の一時貸し
③ 定借賃料値引き
④ 審議会を経ない売却
⑤ 10年分割払い
⑥ ゴミ処理の実施の査定せず
⑦ 契約に至る書類を処分
⑧ 嶋田課長補佐「姿隠せ」電話
⑨ 買い戻さずに丸ごと転売を許可??

3.国交省・大阪航空局ルート
① 関西エアポートに移管した後に戻す
② 地中ゴミ8億円の見積り作成
③ サスティナブル補助金6千万

4.会計検査院ルート
① 財務省の書類破棄にコメントせず
② 値引きの査定なしにコメントせず

5.大阪地検特捜部ルート
① 市議と市民が告発するまで動かなかった

6.維新(大阪府)ルート
① 強引かつ超特急の認可適当
② 借地上の校舎を認可
③ 阿部元府議の深い関わり
④ 議員を動員して塚本幼稚園の宣伝
⑤ 本認可より前に補助金648万
⑥ 見返り献金疑惑
⑦ 森友補助金不正を見逃してきた

7.維新(業者)ルート
① 7億、15億、23億 契約
② 藤原工業が維新に献金
③ 維新府政で 藤原工業大量受注
④ 顧問弁護士(酒井康生)紹介(後に裏切り)
⑤ 小学校の土地建物を31億で売却??

8.豊中市ルート
① 土地契約前に建築関連申請の受理・認可

今私の頭の中にあるだけでも、これだけの疑惑がひしめいている。

これらのなかで、絶対的にグーの音が出ないところまで詰められる話はどれか。

最近話題なのが 1-① と 1-② だが、残念ながらこれも 黒いカラスを白と断言されてしまうとそれ以上の証拠を突きつけられない弱みがある。
谷FAXは、谷査恵子が個人的にやったことだ(行政文書ではない)と閣議決定した。安倍昭恵と谷査恵子の道義的な問題はあるとしても、行政文書であるとか公務であるとかの証明をしないかぎり、「口利き」でこれ以上攻めることは難しい。

選挙応援にしても、街宣車のドライバーは労務者であって選挙運動にならなのと同じ理屈で逃げられてしまうと苦しい。秘書が「島尻をお願いしま~す」とか言っている録音が出てこないかぎり、これ以上詰め切れない。裁判になって、証言者が出てくれば可能性があるが、それでも末端の職員の公務員法違反で終わってしまう。
肝心の安倍昭恵は、「お気の毒です 祈ります」とか言って、平然と温泉やらスキーやらに出かけていくのだろう。

その他も、ことほど左様に、現場の担当職員が、辛抱たまらずに造反しないかぎり決定的な証拠が出てこない。
7の維新(業者)ルートは、支払いが止まったことでボロボロ情報が出てくるかと思ったが、なんと、31億で土地建物を売りに出しているという上西小百合情報があり、これが本当ならば金の切れ目が縁の切れ目とはならず、31億に釣られているかぎり情報は出てこない。

国有地売却や建築に絡んでいる元維新府議の主導により、瑞穂の國記念小学院が土地建物込みの31億円で(幼稚園や中学校では階段の高さの規定が違う為)小学校として4月1日から売りに出ています。仲介は摂津市のZという業者。元維新府議と藤原工業社長、籠池元理事長は関大会の友人。#森友学園
— うえにし小百合(上西小百合) (@uenishi_sayuri) 2017年4月4日



こんなことができるとすれば、買戻権がある財務省も許可をしているということであり、疑獄事件はあらたなステージ、より大きなステージに移行したということだ。
なにより、ここで「皆さんお困りですね。私が買ってあげましょう。」と登場してくる白馬の王子が出てくれば、それこそが黒幕である可能性が高い。
それが、これまで名前の出てきた○○学園などの安倍友なのかどうか、大注目しなければならない。


しかしこれも、支払い停止→任意売却 という理屈は通るので、決定的な不正で責めることができない。
では、詰め切れるのはどこなのか。
それは、私がこれまで何度も書いてきた 3-②の8億円のゴミはない ということだ。


 8億円のゴミはやっぱり無い 図解その3
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1605.html

財務省ルートのなかに「8億円値引き」の項目がないことを不審に思うかもしれないが、8億円の値引きは財務省が決めたのではない。国交省・大阪航空局が経験は無いけれど「知見」を活用して見積もった金額だ。
そして、それは 完全に虚偽である。


ここだけは、同じ大阪航空局がやった2009年の調査結果と、2015年の見積資料を国政調査権ですべて開示させ、技術的に専門家を集めて検証すれば、絶対に8億円分のゴミはない ということが 地質学的に、物理的、足し算引き算的な明確さで証明することができる。
ここを、絶対的な足場として押さえておかないと、いくら数ばかり疑惑を並べても、厚顔無恥な安倍政権には蛙の面にションベンということになる。

大阪航空局の不正見積を押さえた上で、なんとかして現場担当社から、「それは財務局からの指示だった」という言質をとることだ。
責任者を責めても効果は無い。あくまでも担当社をおさえて、「○○からの指示だった」という証言の連鎖をとっていくのだ。
上から攻めると、安倍昭恵と谷査恵子のように、上は下をあっさり切り捨てて、下のものは弁明の場すら与えられない。

籠池サイドや上西小百合が、維新(業者)ルートの決定的なネタを、出し惜しみせずに暴露すれば状況は変わるけれども、少なくとも現時点で明らかになっている範囲では、決定的に追い込めるのは社会科ではなく理科なのである。


ただし、国会の外での世論に向けては、安倍昭恵を中心に責めていくべきではないかと思う。
安倍晋三の別働隊として、責任のない総理名代というきわめて都合のいいポジションである安倍昭恵の活動は、安倍晋三の活動の重要な部分を支えてきたと考えられる。

少しでも支持率を下げ、安倍の資金活動を鈍らせ、ポスト安倍の動きを活性化させ、安倍のフラストレーションを局限化するために、もっとも効果的なのが、アッキード事件化することだ。
安倍昭恵を証人喚問せよ というスローガンでいい。



インサイダー疑惑も浮上 野次馬 (2017年4月 7日 01:31)
http://my.shadowcity.jp/2017/04/post-10915.html

今日のネタとしては、昭恵がカゴイケ女房に送ったメールの中で、伊勢志摩サミットの開催場所を公式発表の7時間も前にこっそり教えていた、というんだが、それぐらいこの二人はズブズブの関係だった。アベシンゾーみたいに小心者でアタマの悪い人間というのは、秘書とかうまく使いこなせないので、女房に危ない仕事を任せて失敗したりする。

https://dot.asahi.com/wa/2017040300076.html
籠池泰典氏が安倍昭恵夫人付職員に送った手紙はノートのコピーだった。そのノートには政治家や役所に送った記述が大量に残る。
その全容を知る著述家の菅野完(すがの・たもつ)氏が「アッキード事件」の核心に迫った。


カゴイケ側では、昭恵メールを何年分も、一気に公開する準備をしているようで、なんか、壮大なジグソーパズルをやってるみたいなもんですねw


【森友疑獄事件】 安倍昭恵と私学審会長のただならぬ?関係 反戦な家づくり 2017-04-07(Fri)
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1622.html

一般社団法人 重心道
about 2 years ago

2015年9月4日 奈良県三郷町で取り組む一般社団法人重心道の活動をあっきーこと内閣総理大臣安倍昭恵夫人が応援にお越しくださいました。
今回は奈良学園大学信貴山グランドにて重心道陸上クラブの親子重心道教室の様子と重心道治療院での身体重心を調整する重心道施術を体感くださいました。

陸上グランドでは子どもたちと一緒に身体の重心を整え集中力をあげるGリング重心感覚運動に参加してくださりGリング運動の力が抜けたリラックスした姿勢を共感下さいました。昭恵夫人も「Gリングを回しながら後ろ足の踵を少し上げることを意識するだけで歩行がスムーズになりますね」と笑顔で答えてくださっていました。教室の最後に子供たちや親御さんと交流する時間をもってくださいまして参加者全員がにこやかになって終了しました。奈良学園大学の梶田叡一学長も「子供たちと一緒に体を動かせて楽しかった。これからもおもいきりグランドで体を動かしてください」と子供たちに声をかけてくださいました。... See More

文中の要点を拾うと

2015年9月4日
あっきーこと内閣総理大臣安倍昭恵夫人が
奈良学園大学信貴山グランドを訪問
奈良学園大学の梶田叡一学長も同席

言うまでもなく、梶田叡一は大阪府私学審議会の会長である。
そして、この日は昭恵が塚本幼稚園の名誉園長になる前日であり、安倍晋三が前日に理財局長と会談、当日は国会をスッポカシて大阪に駆けつけた 疑惑の三日間と言われるあの日である。


もちろん、安倍昭恵は名誉校長になる前からたびたび塚本幼稚園を訪問し、豊中の土地にも籠池総裁と同行しており、かつ、翌日は講演する予定だったのであって、名誉校長就任前といえどもずぶずぶの関係だ。
その安倍昭恵が、8ヶ月ほど前の1月30日に大阪府私学審議会の臨時会で、きわめて不自然な「認可適当」を出した梶田会長と仲良く体操とは・・・

それにしても、この日は本当に偶然なのだろうか。

カギになるのは、重心会という法人だろう。・・

要するに、

安倍昭恵と梶田叡一は 重心道を介して 旧知の仲だった

ということだ。

名誉校長になって100万円渡す前日に、私学審議会の会長に会っていたというのもビックリだが、そもそも

何年も前から 安倍昭恵と私学審議会会長は仲良しだった

ということのほうが もっとビックリである

やはり、この事件は森友事件と呼ぶよりも 安倍昭恵事件 アッキード事件と呼ぶのがふさわしい。


安倍昭恵の後ろで「人払い」された谷査恵子さんが映る動画 #菅野完 #アキエリークス #ミャンマー祭り 更新日: 2017年04月06日 [karaismさん] karaismさん
https://matome.naver.jp/odai/2149137190570195801



安倍縁故主義の崩壊 野次馬 (2017年4月 9日 00:01)
http://my.shadowcity.jp/2017/04/post-10924.html

森友問題の原点なんだが、その割にまだほとんど注目されてない。そもそもあの土地は、空港の騒音対策として21億円で政府が買い上げたモノなんだが、他の土地とまとめて、新関空会社に「現物出資」として譲っているわけだ。ところで、それから三ヶ月もたたない安倍内閣発足してすぐ、あの土地だけが「錯誤」という理由で政府に戻っている。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/200701
 所有者だった国は、12年7月、現物出資により土地を新関空会社に譲っている。新関空会社は政府が100%出資する株式会社だ。その後、10月22日には所有権移転の登記もちゃんと完了している。
ところが、3カ月もしない翌13年1月10日、所有権移転が"勘違い"だったとして、所有権はアッサリ国に戻っている。安倍政権が発足した2週間後のことだ。
 しかし、国家が所有権移転を「勘違い」するなんてことがあるのか。
この問題に詳しい渡辺輝人弁護士は首をかしげる。
「所有権移転の登記にあたっては、両者で出資契約書などをしっかりチェックするはずです。国が行う億単位の土地の現物出資で、勘違いで所有権が移転するとは、にわかに信じがたいですね」
一方、ちょうど、この頃、森友学園は小学校新設のための土地を探していた。
「籠池理事長にとっては自分の住む豊中市でもあり、ベストの土地だったと思います」(木村真豊中市議)
異様なのは、国有地の"登記"変更なのに、どんな錯誤だったのか、安倍政権が明らかにしようとしないことだ。国交省大阪航空局に聞いた。
「手続き上のミスであったことは確かですが、どういう錯誤だったかは、回答が準備できていない。まだどこのメディアにも答えられていない状況です」(広報対策官)


もうね、完全に、この時点で安倍晋三小学校に無料払い下げするために政府に戻したのがバレバレw いまだに「錯誤」の理由を答えられない、ということ自体が、自白しているようなもんだw

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極右路線驀進<本澤二郎の「... | トップ | 昭恵夫人に今度は「元暴力団... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。