Made in CHINA by JAPAN-日本唯一の中国女性人材育成コーチ&トレーナーのブログ

中国でのコミュニケーション研修と日本でのマーケティングコーチの展開を綴る。手帳術セミナーもやってます。

『富山の獅子舞を楽しみながら観光資源に育てるモニタリングツアー』のご報告

2017-04-24 10:18:31 | 活動報告
先週末22日(土)に、氷見市脇之谷内で
『富山の獅子舞を観光資源に育てるモニタリングツアー』を実施しました。

当日は、日本人5名、中国人留学生4名が参加して、
普段はなかなか体験することができない、
里山の獅子舞行事に一部参加しました。



脇之谷内は、谷沿いに広がる山間の静かな集落で、
この日は天候に恵まれ、
新緑と青空のコントラストが美しい日和になりました。



普段は静かな集落を、この日は着飾った獅子舞の列が進むと、
自然と華やいだ気持ちが高まってきます。

地元の神社に獅子舞を奉納し、
神社に祭りの安全と、この一年の五穀豊穣を祈ります。



留学生の一人はこの様子に
「神聖で厳かなところが素敵」と感想を漏らしました。

確かに中国のふるさとにも都会にも、
そして日本に来てからも、
こうした雰囲気は体験したことがなかったでしょうね。

一旦お世話になっているお宅に戻ると、
地元のおかあさんが手間暇かけて作った
山里の幸がスタンバイしていました。






最近はお店に料理を頼むことが多く、
むしろこうした昔ながらのおもてなし料理が珍しくなっているのだとか。


日が暮れはじめてから、
お嫁さんを迎えたお宅で"嫁花"というお祝いの演目が踊られます。
さすがにこの日の前半の山場だけあって、
町内の人がそのお宅の前に押し寄せます。


かなり現場はエキサイティング。


その後、事前に練習した獅子舞の演目を踊る予定でいたところ、
いきなり地元のおじさんたちに留学生の一人が取り込まれ…



踊ったこともないハイレベルな踊りを踊らされました。

結局、おじさんたちの勢いに巻き込まれるようなかたちに。
でも、留学生全員興奮気味で、相当楽しかったようです。





実施してみるといろいろ課題が多いことも判明しました。
急がず、ゆっくりと地域の人と外の人がつながる、
さらには観光資源にも育つイベントへ計画を練っていきたいと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 獅子舞モニタリングツアーに... | トップ | 平成29年度の通訳案内士試験... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。