Made in CHINA by JAPAN-日本唯一の中国女性人材育成コーチ&トレーナーのブログ

中国でのコミュニケーション研修と日本でのマーケティングコーチの展開を綴る。手帳術セミナーもやってます。

『気づかせて動かす~情熱と理のマネジメント』

2016-11-07 10:21:51 | ブック・レビュー
先日亡くなった元ラグビー日本代表・>平尾誠二さん
右脳的なプレート当時ラグビー選手とは思えぬ洗練された風貌で、
幅広い人気を誇ったスタープレーヤでした。
私の記憶はあいまいですが、ラグビーというスポーツの存在を知ったのは、
平尾さんがきっかけだったような気がします。

ご承知のテレビドラマ『スクール・ウォーズ』の舞台となった伏見工業高校出身の平尾さんと、
ドラマの主人公のモデルとなった師である山口良治さんとの対談をまとめたのが、
『気づかせて動かず~情熱と理のマネジメント』です。


気づかせて動かす―熱情と理のマネジメント
クリエーター情報なし
PHP研究所



訃報を聞いて、「持ってたな」と本棚から引っ張り出し、
改めて読み返しています。

部活動の現場を通しての高校生に対するマネジメントの方法に加え、
いかにして考える人間を育てるか、身をもって得た実感がお二人の会話に伺えます。

「どんな状況でも個人が力を発揮できる
それがグローバリゼーションだ」の章では、
世界でも活躍できる日本人を目指すヒントがありました。


もっと平尾さんに関連した書籍が読みたかったですし、
なにより2019年東京で開催されるラグビーワールドカップを観ていただきたかった。
いろんな思いで読ませていただいています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絶対戦国武将は「冒険遺伝子... | トップ | お待たせしました!11月期『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブック・レビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。