リズンの帰宅で家庭が落ち着いた・・・

2017-08-09 20:24:21 | 日記
朝、起床時に家人がきっぱりと宣言、「きょう、リズンを必ず連れて帰ります」と。日頃穏やかな言動をみせる家人にはめずらしいことだ。昨日までの主治医の見立てではリズンの退院予定はなかった。術後に貧血症状がでていること、食事が少量なこと、排泄が不順なことなどからみて慎重な対応が必要と伝えられていたにもかかわらずの宣言だ。「リズンは私が守ります」と言っているに等しいことだ。主治医にしっかり確認してからと家族皆で動物病院へ。主治医の話を聞く前にケージに入っているリズンに会うと彼女はワンワンきゃんきゃんと大喜び。それから主治医の説明を受けて、円満にリズンを引き取る。家族も笑顔、リズンも笑顔で帰宅した。ただ、抜糸までのあと一週間は手術痕を舐めないため首にアサガオカバーをセットされ、動きづらそうだ。家人は母親らしく水を飲ましドッグフードやキャベツなども食べやすく懸命にサポート、うれしそうだ。きょうの楽しかったことは、○リズンが退院してくれたこと、○リズンの帰宅で家庭の雰囲気が落ち着いたこと、○ランチは冷やしそうめん、美味しかったことだ。(11,010歩)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リズンの見舞い実行、元気そ... | トップ | 人生は思いどおりにならない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。