似たものが似たものを惹きつけるように・・・

2017-05-05 21:15:08 | 日記
『あなたは、ただあなたであるというだけで、とくべつな人なのだということを、けっして忘れないでほしい。仕事で成功していようといまいと、完璧な相手と結婚していようと独身であろうと、あなたはこの世界にとって、唯一無二の尊い贈り物なのだ。あなたはすでに一個の全体であり、外からなにかがやってくるのを待つ必要はない。答えは現実ばなれしたロマンスのなかにあるのではない。あなたが結婚していようがいまいが、人生にロマンスをもとめたいのなら、あなたの人生そのものと恋におちればいいのだ。(中略)人間関係のある部分が変われば幸福になるのにとおもうことがある。そうおもうのは、自分を幸福にしてくれる関係を望んでいるからだ。幸福は関係がよりよい方向に変わることから生まれるわけではない。あなたがほんとうの自分になりたいのなら、相手もほんとうの自分になることをみとめるべきではないだろうか?あらゆる関係は互恵的な関係であり、自己を相手に投影する関係である。似たものが似たものを惹きつけるように、わたしたちは自己の内部にあるものに惹きつけられるのだ。』。座右の書にしている「ライフ・レッスン~人間関係のレッスン~」(エリザベス・キューブラー・ロス著)からの引用だ。きょうの楽しかったことは、○爽やかな風の中を朝と夕にウォーキングできたこと、○「北のまほろば」(街道をゆく41 司馬遼太郎著)に集中したこと、○柏餅と551ぶたまん、こどもの日を満喫した。(12,630歩)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異なった装いが人の関心を引... | トップ | 交流ツアーへの事前準備はと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。