安易なミスを重ねたが、何とか無事に過ごせた一日

2016-10-29 19:51:36 | 日記
今朝も7時過ぎの行動ルーティン、いつもより少し遅めの始動だった。きょうは午後2時から司馬遼太郎記念館連続講演会(後期第一回)『歴史小説の楽しさ』(講師:葉室麟氏)への参加が楽しみだ。午前中に『鬼平犯科帳』(第6シリーズ⑤スペシャル版)を鑑賞。その後、東大阪市の記念館へ。ところが鶴橋駅の乗り換えで、準急と間違って急行に乗車したのが最初のミス、急行は下車予定の「河内小坂駅」を通過してそこより20分も遠くの「石切駅」まで乗り過ごしてしまった。「石切駅」から戻ろうと普通電車に乗車して「八戸ノ里駅」で下り、急ぎ足で記念館に向かう。点滅状態の信号下、横切ろうとして二つ目のミス。点滅から赤へと変わった途端、横断歩道に足を踏み入れた。信号待ちの乗用車とあわやの接触、ドライバーのとっさの判断で辛うじてセーフ、助かった。そして、講演会にも間に合った。気取りのない葉室麟氏(直木賞作家「蜩ノ記」)のお話しぶりに好感が持てた。現在、文藝春秋誌上で「大獄」(西郷隆盛の生涯を描く)連載中、毎月楽しみに読んでいる。きょうの感謝の出来事は、○安易なミスを重ねたが何とか無事に過ごせたこと、○作家の生な話を身近で聴けたこと、○阪急百貨店12F「神田」季節の天麩羅そば(昼・夕食)、美味しかったことだ。(15,830歩)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今更ながら、司馬遼太郎の先... | トップ | 『初心忘るべからず』、それ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。