歴史を学ぶことの重要性に感銘した・・・

2017-07-06 20:23:46 | 日記
きょうは月に一度の家族(家人と息子)を伴なっての心斎橋エトレ(ヘアサロン)へ。ヘアカットの予約は10時半からのスタート、家人と小生は2時間余のスタンバイとなった。小生は最寄りの喫茶店「上島珈琲」で文藝春秋7月号全目次の記事をじっくり読了できた。特に、興味深い記事としては『2050年 驚異の技術が世界を変える』だ。「曲がる弾丸と戦争の未来(=空中で軌道を修正できるフィン(ひれ)付きの弾丸が開発され照準線の向こうに隠れている敵を狙撃できるようになり、戦場にはAIが搭載されたロボットやドローン(無人機)が出現すると予測されている)で警鐘を鳴らしている」ことに危機意識を持った。さらに、AIやロボットが進化する中で人間に残された役割とは何か、「個人的には、詩と哲学と文学、音楽と芸術、そして歴史などの人文科学の教養こそが、人々の生活や人生を豊かにする上で不可欠」(船橋洋一氏談)歴史を学ぶことの重要性が強調されていることにつよく感銘した。ヘアカット終了後に近くの信州そばの人気店「ぼっかけや」で家族会食、ひさしぶりの和気藹々の会話となった。きょうの出来事としては、○ヘアカットしてスッキリしたこと、○AIによる労働市場縮小で追われた人々が新しい職業に求められる技能(適切なスキル)を持つことそれが就活の機会をもたらすと知ったこと、○昼食「鱧と野菜のそば」美味しかったことだ。(15,600歩)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『大雨特別警報』が島根・広... | トップ | 新聞紙上の景況感報道と実態... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。