落語7日間完聴で、“イチジク賞”をゲットした・・・

2017-04-23 20:13:03 | 日記
朝の行動ルーティンはいつも通りに実行。帰宅後も朝食~朝ぶろ入浴~日経朝刊記事チェックなど済ませて小説「竜馬がゆく②」に約80分間ほど集中。その後、自宅から池田市民文化会館まで歩くことに。行く道の途上にあるグリル「ナナ」人気メニューのランチ、午後2時過ぎにアゼリアホール(会館)へ。一般席を求める落語ファンがチケット販売窓口に約200名余りの行列が出来ていた。7日間の通し券(指定席)を持っていたため館内の喫茶店で珈琲など飲んでウェーティング。『春團治まつり大落語会』(7日目)三代目桂春團冶の直弟子7名揃っての落語会の開演。芸歴23年若手筆頭の桂春蝶「野崎詣り」、続いて撮り鉄(鉄道カメラマン)でも一流の桂梅團冶「切符」、大好評のジョークを次々披露する桂春若「有馬小便」、四代目春團冶の襲名が決まっている桂春之輔の即興「死ぬのは今」、中入り後、宝塚歌劇の熱烈ファンの桂春雨「舞踊・五段返し」、海外公演でその実力を証明した桂小春團冶「コールセンター問答」、そしてトリは人情噺が得意の桂福團冶「百年目」独特な間合いで笑いを誘う。7日間完聴で“イチジク賞”をゲットした。きょうの楽しかったことは、○「いけだ落語うぃ~く」、全7日間の完聴で“イチジク賞”をゲットできたこと、○桂春團冶一門のパワー、加えて個性派揃いの落語家それぞれが面白いこと、○ナナ人気メニューのランチ「オムライス&サラダ」ウマかったことだ。(15,840歩)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実話に基づく感動の夫婦愛、... | トップ | 『まさか』事態の現実化、歴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事